2022年10月20日

加古川河川敷で秋型キタテハを観察

加古川河川敷でようやく秋型のキタテハと出会えた。裏面が濃淡の少ない褐色の♀で、この日はセイタカアワダチソウで吸蜜することはなくひたすらセンダングサの花蜜を求め、
vs221020-009.BMP
休憩に入ると5分以上同じ場所でゆっくりと翅の開閉を繰り返す。
vs221020-006.BMP
青空を背景とする吸蜜場面も見せてくれたがキタテハはこの♀以外には登場せず。
vs221020-014.BMP
キタテハは細毛が太陽光線に美しく輝いてみえ、ベニシジミも同様の輝きを見せてくれる。
vs221020-007.BMP
ヒメアカタテハは今日も元気に花から花へとセイタカアワダチソウの蜜を楽しんでいる。
221019ヒメアカ2.jpg
二日目の訪問ではムラサキツユクサで吸蜜するウラナミシジミを観察。
221020ウラナミ01.jpg
本種はアレチハナガサでも吸蜜し、センダングサとセイタカアワダチソウにはキタキチョウ、キタテハ、ヒメアカタテハが集う。
221020ヒメアカタテハ0.jpg
221020キタキ.jpg
キタテハは昨日と同じ♀個体だと思われる。他にはモンシロチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ(多)、ウラギンシジミ、チャバネセセリ、イチモンジセセリをみる。
posted by クジャクチョウ at 23:00| Comment(0) | 日記

2022年10月15日

三木山森林公園に遠征

高砂市内でツマグロキチョウを観察したことから、飛来元かもしれない三木市三木山森林公園まで遠征して調査。キチョウ族の個体数は少なくキタキチョウと本種を遠くから判別してその飛翔について行き、セイタカアワダチソウ、オミナエシ、ワレモコウ、フジバカマなどが茂る草むらへと踏み込むと、ようやく休息態勢をとってくれる。
221015ツマグロキチョウ1.jpg
キタキチョウも路面で吸汁する個体が太陽光に美しく透けて見え、
221015キタキチョウ1.jpg
♂の性標までもくっきりとみてとれる。
posted by クジャクチョウ at 23:00| Comment(0) | 日記

2022年10月14日

加古川河川敷でチョウタイム

秋型のキタテハとの出会いを期待して加古川河川敷へ出向いた。センダングサの花蜜を楽しむアオスジアゲハと複数のヒメアカタテハをみたがキタテハの姿はなし。
221014アオスジ0.jpg
221014ヒメアカ0.jpg
キタキチョウは夏型と秋型が混在。
221014キタキ1.jpg
221014キタキ0.jpg
ほかに見たのはモンキチョウ、ヤマトシジミ(多)、ウラナミシジミで、いずれも撮影を試みたがいい画像記録は得られず。

posted by クジャクチョウ at 22:00| Comment(0) | 日記

自然観察ノート