2018年11月18日

今日つきあってくれたのはオス

今日もテニスの合間にムラサキシジミを探すと、昨日と同じウバメガシの植え込みの日当たりがいい場所で、昨日よりは体が小ぶりで翅にほとんど損傷が見られない個体が飛び遊んでいる。あちこちと場所をかえても遠くへと飛ぶことはなく、すぐに葉上に止まってくれるのに、開翅して日向ぼっこを楽しむという姿勢を見せずに、翅を閉じたままじっとしている時間が長い。
vs181118-001.BMP
vs181118-002.BMP
たまに、ちょっと開いてはすぐ閉じるという動作を見せ、
vs181118-003.BMP
vs181118-004_InPixio.jpg
そのあと飛び立つ瞬間の撮影記録からも、ムラサキ色調がメスに比べて濃いオスだとわかる。
vs181118-005_InPixio.jpg
裏面の模様がよくわかる接近撮影もしておく。
vs181118-006.BMP
静止した後少しずつ体の向きを変えながら、葉上に何かがあるようには見えないのに葉表に口吻を伸ばしてまさぐる動作を何度かみせる。
vs181118-007.BMP
vs181118-009_InPixio.jpg
ふしぎなことに、昨日みたメスをこの日は見ることができず。
posted by クジャクチョウ at 17:51| Comment(0) | 日記

2018年11月17日

ムサキシジミと遊ぶ

テニスコートのある高砂公園の花壇にあったナデシコの花がすっかりなくなっており、ちょうどみえた高砂市の職員が何か標識を路面において写真記録をとっているので聞いてみると、何か所かを除いて花壇を撤去する予定だとのこと。行政が自然景観について何を考えているのか、理解しがたい展開だ。例によってテニスの合間に日当たりのいいウバメガシの植え込みを探って歩くと、ムラサキシジミがみつかる。左の翅の前後と、右後翅が傷んでいて、これからまだ一冬を越さねばならないのに、これ以上は損傷が広がらないで過ごしてほしい。
vs181117-002.BMP
ときおり見せてくれるムラサキの輝きの美しさは健在で、しっかり撮影記録させてもらう。
vs181117-004.BMP
vs181117-006.BMP
11/4にみたのと同じ個体だと思いながら撮影したが、よく比べてみると前翅前縁部のムラサキ鱗粉発現にわずかに差がみられ、この場所に2個体いたことがわかって嬉しくなる。
181104ムラサキ1.jpg
posted by クジャクチョウ at 12:36| Comment(0) | 日記

2018年11月16日

アサギマダラの野外幼虫

Nov. 11, 2018、姫路市の蝶友と、モルフォオオムラサキが羽化した幼虫を採取した兵庫県佐用町のエノキを目指してオオムラサキの越冬幼虫を探しに行ったが、幼虫はまだエノキから降りてきていなく、近くにアサギマダラの幼虫が食草としているキジョランがあるからとその自生地を案内してもらった。3年前には車道沿いの崖側にたくさんみられたというが、崖側一帯がコンクリート防護壁に覆われてしまうという環境の激変でキジョランはまったく見つからない。車道が狭くなるため車を降りて500mほど歩いた崖下で友人がようやくキジョランの小さな株を発見(撮影記録は11/16)。
181116キジョラン0.jpg
道路反対側の谷側はどうかと目を移すと樹木に絡むように垂れ下がるキジョラン群がみつかる。
181116キジョラン.jpg
このキジョランをよく見れば大きな葉っぱに小さな食痕がみられ、滑り落ちそうな崖に降りて足場を確保しながら食痕のある葉を手繰り寄せると裏面に小さな幼虫が確認できる。このときカメラを車に置いたままで記録を残せなかったため、本日、ビデオカメラ持参で再訪問し、幼虫2個体を確認してその撮影記録をとった。
181116larva.jpg
vs181116-004.BMP
vs181116-001.BMP
筆者にとってはアサギマダラの幼虫を野外で記録できたのは初めてのこと。これから気温が下がっていく状況で、アサギマダラの幼虫がどこまで成育できるのかが気になる。おまけの紅葉は昼食タイムをとった国民宿舎しんぐ荘そばの渓流沿いで撮影した、最もきれいにみえた一部分。
181116紅葉.jpg
posted by クジャクチョウ at 18:52| Comment(0) | 日記