2022年09月13日

高砂市阿弥陀地区のシルビアシジミ

曽根地区よりも10年前に生息が確認されていた阿弥陀地区のシルビアシジミの観察に出向く。依然として猛暑が続く13時過ぎ、点在するミヤコグサの周りをチラチラと飛ぶ個体は♀。数少ない花で吸蜜する様子をビデオ撮影し、
220913sylvia1235.bmp
次いでミヤコグサの葉にも止まるが産卵することはなく、
220913sylvia1236a0.bmp
やがて影となった部分の草葉にとまって休憩し始めたところをじっくりと撮影。
220913sylvia1236.bmp
他の場所で飛び回る♂は飛翔時の青色が薄く裏面の色も白っぽく見えることからヤマトシジミだと思われるが、すこしもとまらないため、確実な判別は出来ない。
 この場所から約1km離れた草地で確認できる個体も♀で、オオニシキソウの花周りで飛んでは休むの繰り返し。
220913sylvia1239.bmp
吸蜜している場面の記録はとれなかったが、ここでも点在するミヤコグサで細々と発生を繰り返していることを確認して撤収。
posted by クジャクチョウ at 18:14| Comment(0) | 日記

2022年09月05日

高砂市曽根地区のシルビアシジミ

昼食を済ませてなお残暑が厳しい時間帯にサイクリングで現地には所要約25分で到着。歩き始めてすぐにクロアゲハが出迎えてくれるが撮影チャンスはなく、次いでサトキマダラヒカゲが飛び出てきて木陰で休息し始める。
220905サトキマa.bmp
翅がかなり傷んだ個体だが、後翅裏面はきれいな状態だ。シルビアシジミはまずはアカツメグサで吸蜜する♀がいて撮影記録をとる。
220905sylvia♀1312.bmp
しばらくミヤコグサの多い草むらを歩いてみてもシルビアシジミは飛ばず、ツルボが群生して咲いている部分でやっと吸蜜中の♂に出会うが、花から花へと転飛するのを追って撮影した記録はピンボケばかり。やがて♂は草葉にとまって休憩に入るがその撮影記録がやはりピンボケで悔しい。草間にみえるカタバミの花で吸蜜し始める♀の撮影はファインダー越しにもフォーカスがよく合っているとわかるが、
220905sylvia♀1332.bmp
草葉にとまる♂はなぜかフォーカスが合わない。♂を少し驚かせて飛んでもらってその動きを追い続けると、再びツルボが多い部分へともどって花にとまってくれる。その映像をようやくフォーカスが合った状態で記録。
220905sylvia♂1338.bmp
ツルボへと口吻を伸ばしているのかどうか撮影中にはわからなかったが、編集段階ではっきりとストローを伸ばしているのが確認できて満足。次いで草葉へと転飛した場面での撮影記録は今度はなぜかフォーカスがよくあっている。
220905sylvia♂1348a.bmp
途中でツマグロヒョウモンの交尾ペアがみつかり、その記録もとる。
220905交尾1.bmp
ユキヤナギの周りを飛ぶホシミスジにもカメラを向け、2個体の卍からみ飛翔も撮影したが、静止画像に抽出できる部分はなし。

posted by クジャクチョウ at 20:32| Comment(0) | 日記

2022年08月20日

キタキチョウとカマキリ

庭に咲くオミナエシの花にキタキチョウが吸蜜にやってきたのに気づき、やぶ蚊に注意しながら近くまで行ってビデオ撮影をする。
220820キタキ1032a.jpg
オミナエシは細い茎ながらも全部で7株あってキタキチョウは次々と場所を変えて蜜を楽しみ、フォーカスが合った映像が撮れたことを確認してひきあげようとした際、オミナエシの花穂にかくれるように獲物を狙うカマキリがいるのに気づく。
220820キタキ1032.jpg
キタキチョウは何度かその周辺を飛ぶがカマキリに気づいているのか近くの花にとまることはない。やぶ蚊を心配しなくて済む室内へと移動してガラス窓越しに観察を続けると、キタキチョウはいぜんとしてオミナエシに執着して飛び回り、場所を変えた吸蜜を繰り返している。
220820キタキ.jpg
カマキリの近くを飛んでもすぐに離れた位置の花にとまることが多く、カマキリに気づいているのかも知れないと思いながら撮影を続けていると、予想に反してカマキリが待ち構えるすぐ上方の花で吸蜜し始める。
220820キタキ1049_0.jpg
カマキリとの距離は10cmほどかなと思ったその瞬間、キタキチョウはカマキリの長い鎌に引っ掛けられてしまい、おもわず「やられた」と声が出てビデオにもその音声が入る。
220820キタキ1049_1.jpg
カマキリはすぐに胴体部分に食いつくものと思っていたのだが、翅部分からかじり始める。
220820キタキ1049b.jpg
220820キタキ1049a.jpg
これは想定外で、キタキチョウは脚をばたつかせてまだ生きているが、今の状況でキタキチョウに助かる望みがあるのかどうか。捕まっているキタキチョウの様子を違う角度から見るために撮影位置を変えようと動いたまさにそのとき、キタキチョウがカマキリから脱出し、映像としてはオミナエシの下側へと飛ぶ姿だけが記録できる。最後の撮影画像をよくみればキタキチョウがオミナエシの茎に脚をかけて脱出のタイミングを計っていたことが読み取れる。クモの場合はまず胴体部を攻撃して体を麻痺させ、一度とらえた獲物を逃がすことはないが、今回のカマキリは翅だけをとり抑えただけでキタキチョウの胴体部分をしっかり捕捉していなかったことが、キタキチョウに逃げられた要因だと思える。
 このあとジャコウアゲハの生息地へと出かけ、約1時間半経って戻った時点で庭のオミナエシをみると、なんとカマキリは全く同じ場所に陣取ったまま。せっかく捕らえたキタキチョウに逃げられた悔しさで次回は胴体部を先に攻撃しようと考えているのかも知れない。
posted by クジャクチョウ at 21:00| Comment(0) | 日記

自然観察ノート