2018年06月18日

ヒメヒカゲの数は激減で、卵を探してみた

本格的な梅雨となる前の日差しがある午後にヒメヒカゲの生息調査。フィールドに向かう休耕田の草むらで探雌飛翔をするウラギンスジヒョウモンが3個体観察でき、
180618-UG00.bmp
180618-UG0.bmp
180618-UG3.bmp
180618-UG2.bmp
1個体がアザミの花でほんの一瞬吸蜜をしてすぐに飛ぶ。当然その瞬間は記録できていない。発生のピークが過ぎて、ヒメヒカゲはあきらかに個体数が減っており、ルートセンサス調査でゆっくり歩く15分間で観察できたのは4♂3♀だけ。
180618-hime1409.bmp
180618-hime1424.bmp
180618-hime1445.bmp
それでも目の前で♀に交尾を迫る元気な♂はそれほど翅が傷んではいない。
180618-hime1444.bmp
♀が産卵する場面には出会えていないが、湿地帯のコイヌノハナヒゲに目を凝らすと、かろうじて1卵がみつかり、
180618-egg0.bmp180618-egg1.bmp
その記録をとるべく撮影アングルを工夫していると、直ぐ側の枯れ草にも産卵しているのがみつかる。
180618-egg2.bmp
その他にはオオチャバネセセリ、イチモンジセセリがケネザサの多い小道沿いで遊んでおり、
180618-オオチャバネ0.bmp180618-オオチャバネ1.bmp180618-イチセ.bmp
ウラナミジャノメの求愛飛翔も観察したが、撮影記録は残せず。
posted by クジャクチョウ at 19:33| Comment(0) | 日記

2018年06月16日

朝、ジャャコウアゲハの蛹を探してみた

土手の上部:県道際草むらにも蛹化している個体がいるはずで、背景にまぶしい朝日を感じながら、土手の傾斜面を登り始めた途端にノラニンジンの茎で蛹化した個体が目に入る。
180616pupa1.jpg
以降、斜面を滑り落ちないように足を踏ん張りつつ横歩きでブッシュをかきわけて進む。まぶしい太陽光をさけるべくできるだけ高い位置からの目線で草むらをかき分けていくと、目につきにくい草むらの奥深く低い位置に黄色い蛹が次々とみつかる。
180616pupa2.jpg180616pupa3.jpg
やはりトクサの茎に帯蛹となっている例が多く、2個体が隣り合って蛹化していたりする。
180616pupa45.jpg
なかには比較的めにつきやすいトクサの茎に羽化した抜け殻があり、
180616pupa7脱皮.jpg
はっきりと目立つ道路標識の支柱で無事に羽化した抜け殻もあって
180616pupa14b脱皮.jpg
180616pupa14脱皮.jpg
なぜ気づかなかったのか合点がいかない。昨秋の除草作業で一度切られたアキニレが新しい枝葉をつけて再生しているちょうどその位置がウマノスズクサの自生する切れ目境界で、幼虫が何を目印として集まるのか越冬に際して多数個体が集中してこの枝部分に帯蛹となっていたのだが、この時期には1個体も蛹がついていないのがまた不思議でもある。目線をかえて道路の上側から今一度草むらをかきわけて探すと固定糸が外れかけた蛹や黒ずんで羽化が近いと思われる個体など
180616pupa13.jpg
180616pupa12.jpg
6個体がみつかり、さらには土手の下側裾野部分をあらためてチェックすると、昨日認めた前蛹が蛹化しており、
180616pupa15.jpg
昨日とはながめる側を反対にして調べると新たに蛹2個体がきわめて低い位置にみつかる。
180616pupa16.jpg
180616pupa17.jpg
この蛹探索の最中に、今日は新鮮な♂2個体が探雌飛翔を繰り返し、あいかわらず筆者のからだにぶつかりそうになるからみ飛翔もみせてくれる。
180616-ジャコウ0.bmp
青空の広がる空間へと風に流される様子をビデオカメラで追い続けると、太陽光線へと惹かれるような飛翔姿が記録できている。
180616-ジャコウ.bmp
飛び疲れると近くの児童公園へと飛んでいき、花の終わったハコネウツギや木陰となったユキヤナギの葉上で休息する。
180616-ジャコウ1.bmp
再び探雌飛翔を始めたところで、終齢幼虫がウマノスズクサではない草にとまっているところへタッチするようなそぶりをみせる瞬間があったのだが、
180616larva2.jpg
ビデオカメラはずっとONだったのにズームアップモードになっていて、その珍しい瞬間の映像をキャッチできていないのが悔しい。なお、この裾野平坦部ではアカツメクサの近くでモンキチョウの♀が体温の上昇を待っているが、
180616モンキ.jpg
このチョウは逆光がよく似合う。
posted by クジャクチョウ at 11:11| Comment(0) | 日記

2018年06月14日

花と蝶

ヒメヒカゲが花の蜜を吸うのはきわめて珍しく、加古川ではノイバラでの吸蜜が4-5回観察記録できているだけで、花に立ち寄ったとしてもストローを伸ばすことなくすぐに飛び去ってしまう。本日も、ヒメヒカゲがノイバラにとまったが蜜を吸う気配はなく、
180614ヒメ1042b.bmp
紫色のウツボグサにとまるのを初めて観察できて、止まる瞬間から約30秒間ビデオ撮影をしてあとで確認すると、ストローは全く伸ばしていないとわかってがっかり。
180614ヒメ1101.bmp
そのウツボグサでしっかり蜜を吸っていたのはオオチャバネセセリで、
180614オオチャバネ1133a.bmp
人の気配で飛び去ったあとも再び戻って蜜を吸っているから
180614オオチャバネ1133.bmp180614オオチャバネ1133b.bmp
よほど美味しいのか、それともこのオオチャバネセセリは一度メスに求愛をして断られており、
180614オオチャバネ求愛1122.bmp
ふてくされて憂さ晴らしに蜜にかじりついているのかもしれない。気位の高いメスがいたすぐ近くにカキランが咲いていたが、
vs180614-023.BMP
別の場所では5月末までに咲き終わっており、今年の植物の開花はどうも変。花とは関係ないが、今年の初見となるキマダラセセリがあまりに新鮮ピカピカできれいだったのでカメラを向けると、
180614キマダラ1406a.bmp180614キマダラ1406b.bmp180614キマダラ1406c.bmp
10cmほどに近づいてもびくともしない最高のモデルを務めてくれた。
posted by クジャクチョウ at 23:17| Comment(0) | 日記