2019年11月17日

ゴマダラチョウの幼虫

 昨日、高砂公園で葉が黄色くなりかけた樹高2m程度のエノキで、ゴマダラチョウの幼虫を見つけたが、本日もテニスが終わったあとで継続観察。わずか1日経っただけで突起部の褐色度と体色の黄色味が増して見える。
191117larava1a.jpg
vs191116-001.BMP
あらためて幼虫の数を確認すると、このえのきに6頭、
191117larava2.jpg191117larava3.jpg191117larava4.jpg
191117larava6.jpg
191117larava5.jpg
枝部分に静止する個体は移動の途中で休んでいる感じで、あまり離れていない葉上に仲間が陣取っている。
191117larava45.jpg
少し離れた位置のエノキには、こちらの規模方が大きいのだが幼虫は1頭だけで、
191117larava7.jpg
合計7頭。いずれのエノキも野鳥によって運ばれた種から、ウバメガシとマサキの垣根のなかに生えてきたもので、幼虫が越冬に際して木から降りても、公園管理の清掃で落ち葉ごと処理される心配はないと思う。
 小さい方のエノキには、クモにでも体液を吸われてしまったのか、生命を落とした幼虫の残骸が昨日から2個体みられ、
vs191116-005.BMPvs191116-006.BMP
このような美しくはない姿を撮影するのは好きではないが、これも自然の記録として重要。
posted by クジャクチョウ at 22:59| Comment(0) | 日記

2019年10月26日

秋のチョウ

 ジャコウアゲハの越冬蛹を観察しに出かけた際、目にできた秋のチョウたち。最初はまだ飛び遊ぶのには気温が低いため、じっと待機しているキタキチョウ。
191026キタキ943.bmp
10時を過ぎて陽ざしが届き始めたアメリカセンダングサが咲くコーナーでは、複数のモンシロチョウとウラナミシジミ、ヤマトシジミが夢中で吸蜜をしており、ベニシジミも日向ぼっこ。
191026モンシロ1001.bmp191026モンシロ1002.bmp191026ウラナミ1003.bmp191026ヤマト1001.bmp
191026ベニ1002.bmp
徘徊中のジャコウアゲハの終令幼虫をアキニレへと移すために歩く途上、セイタカアワダチソウで吸蜜中のウラナミシジミがいい絵になるので撮影記録をとり、
191026ウラナミ1017.bmp
開翅姿勢で休憩中のチャバネセセリにもズームイン。
191026チャバネ1024.bmp
先日みた左前翅が欠けた黒化型ベニシジミがまだ元気で蜜を楽しんでいる光景をみながら撤収。
posted by クジャクチョウ at 12:19| Comment(0) | 日記

ジャコウアゲハの越冬場所:新知見

ジャコウアゲハ生息地の傍の公園内で前蛹化していた個体のその後を観察する目的でcycling。キリシマツツジの枝にくっきりと越冬蛹が観察できるが、同じ垣根内に新たな蛹化個体も観察。
191026pupa942a.jpg191026pupa942.jpg
ならば、と周辺を探したが同じような環境で蛹化した個体は見つからない。公園の周囲に設置されたワイヤーフェンスに帯蛹となっていてもおかしくはない、と調べて歩くと、初めて低い位置に1個体がみつかる。
191026pupa947.jpg
その撮影記録をとっていると、用水路の道路側壁面を覆う緑の苔類のなかにオレンジ色の蛹が目に入る。
191026pupa948.jpg
以前に可能性を考えてみて回った際にはみつからなかったが、あらためてその気になって調べると、複数個体が壁面に帯蛹となっていて、
191026pupa954.bmp191026pupa956.bmp191026pupa959.bmp
この用水路への排水口となっているコンクリート開口部壁にも1個体がみつかる。帯蛹となった位置は用水路の現在の水面からは約30-50cmで、増水次第では水没の可能性もあるため、場合によっては回収することも考えておく。
 土手斜面から移動する幼虫を探すと、この日も2個体がいるのでアキニレへと移す。
191026larava1011.bmp
また、土手から県道へと出る位置にあるコンクリート土台にはっきりと目立って前蛹となった個体や、これから蛹化場所を決めようとしている幼虫もいるが、
191026prepupa1023.jpg191026larava1024.bmp
これらはそのまま自然にまかせておく。
posted by クジャクチョウ at 11:59| Comment(0) | 日記