2016年06月26日

西播磨で出会えたチョウ

 オオムラサキが樹液に来るのを待つ間に出会えたチョウも忘れずに記録しておく。最初は、翅表の眼状紋のなかに輝く紫があなどれないジャノメチョウ。
160626-janome1124.bmp160626-janome1125a.bmp160626-janome1125.bmp
樹液食堂に最も多かったのはアカタテハで
160626-akatateha1134.bmp160626-akatateha1134b.bmp
ルリタテハも夢中で樹液を吸い、
160626-ruritateha1239.bmp
スズメバチに追い出されてすぐに飛び立ってしまうオオムラサキもいた。
160626-ohmurasaki1355.bmp
低い位置一面に繁茂する笹竹の周囲にはキマダラモドキの姿もみられ、
160626-kimadaramodoki1157.bmp160626-kimadaramodoki1158.bmp
ススキの葉上で珍しく開翅する個体を目にしながら撮影のタイミングを逃して悔しい思いをし、帰り際に葉裏へと潜り込んだ個体を無理な姿勢で低い位置から記録してみてもフォーカスが甘くて残念。
160626-kimadaramodoki1444.bmp
posted by クジャクチョウ at 19:52| Comment(0) | 日記

西播磨の樹液食堂へ

 オオムラサキのメスを捕獲して産卵してもらうことを目的に西播磨の樹液食堂へと遠征したが、出会えたのはすでに翅の一部が欠けたりしているオスばかり。
160626-ohmurasaki1254.bmp
高い位置で吸汁している個体は♂♀の判別ができないのでネットインをして確認するのだが、メス個体はいなく、♂だと確認をしてから放す。早く放して!とバサバサと大きな音を立ててもがく羽ばたきの力はかなり強く、
160626-ohmurasaki1316.bmp
その間に太陽光線の当たり具合で青味の強い美しい輝きが垣間見られる。手指を離れた個体は、遠くへとは飛ばずに近くの枯れ枝部分で小休止したり、
160626-ohmurasaki1321.bmp160626-ohmurasaki1321b.bmp160626-ohmurasaki1327.bmp
クヌギの葉上で今一度樹液にもどるタイミングを計っているようにみえる個体もいる。
160626-ohmurasaki1401b.bmp
15時まで粘ったが、天候も悪くなり、目的を果たせないまま撤収。
posted by クジャクチョウ at 19:36| Comment(0) | 日記

2016年06月24日

蛹の色変化

 ミヤマカラスアゲハを水揚げの良くないカラスザンショウが長持ちするように軽く密閉できるタッパウエア内で飼育している。その際容器内に、清掃という目的以外に幼虫が蛹化する場合の足場にもなる新聞紙を入れているのだが、蛹化した紙面の背景の違いによって蛹の色調が微妙に違っている。青空をイメージした印刷部分では通常の葉裏での緑色に比べて
160615pupa0.jpg
やや褐色を帯び、
160624pupa1.jpg
活字が印字された部分では、より褐色度が濃い蛹もあれば、普通の緑色に近い個体もみる。
160624pupa20.jpg
背景の活字で見づらいので、糸止め部分を切り取って張り付けなおすと両者の違いがよくわかる。
160624pupa2.jpg
アゲハ類の蛹に緑と褐色の両タイプがあり、アオスジアゲハが偶然に褐色蛹となったことも経験しているが、蛹化場所背景・環境の光度条件や、付着物の表面が滑らかか粗いかなどが色変化の要因となるという研究報告例がある。あまり大差がないように見える新聞の活字印字部分で明らかな褐色となった蛹の場合、蛹化した場所に何らかの光度面での違いがあったのかもしれない。

posted by クジャクチョウ at 10:34| Comment(0) | 日記

2016年06月18日

ヒメヒカゲ調査:最終章

 ヒメヒカゲがまだ飛んでいるのかどうかを確認する必要があり、9時過ぎですでに炎天下という条件のもと、サイクリングでフィールドへ。途上、カワヤナギの周りを滑空する複数のコムラサキを認め、アゲハ、モンキチョウ、キタキチョウなどを見ながら進むと、ウマノスズクサがあるのかどうか分からない場所で、ジャコウアゲハの♀、♂双方の姿をみる。メス個体は明らかに産卵場所を探しているような動きだが、ブッシュのなかにウマノスズクサが隠れて生えているようでもない。
160618jako947.bmp
オス個体は輻射熱の熱気が漂う路面にまるで焼き付けられたかのような姿で低い位置を飛んだかと思うと、自動車が行き交う道路を横切ったりする。
160618jako952.bmp160618jako952b.bmp
サイクリング道路沿いでみるベニシジミの翅表は炎天下にふさわしい黒化度の増した夏型だが、撮影記録は裏面だけ。
160618beni956.bmp
毎年キタテハの夏型が蜜を求めているノラニンジンの花に、今日も翅の傷んだ個体がいて、わずかだが翅表の記録を撮る。
160618kitateha.bmp
フィールドの入り口には「無届けによる昆虫・植物の採取を禁止する」との警告板があるのだが、今年入り込んだ採集者はこの警告板が目に入らないはずはなく、絶対に許せない確信犯だ。
160618notice.jpg
先日の雨量が多かったのかフィールドの調査小道は水浸しで、ヒメヒカゲの姿は全くなく、ようやく姿を見せたのは疲れ切ったウラナミジャノメ。
160618uraj0.bmp
次いで現れるのもウラナミジャノメで、やはり新鮮度は確実に落ちている。
160618uraj2.bmp160618uraj1.bmp
先日みつけたヒメヒカゲの卵はまだそのままで孵化の兆候もみられない。
160618egg0.bmp
調査ルート途中にある湿地帯で黄色い花が多い中に紫タイプのミミカキグサが新たに咲いているのでその記録をとる。黄色い花にはない顔のような模様が愉快。
160618mimikaki0.bmp
160618mimikaki1.bmp
調査ルートを引き上げるその途上、もう発生が終わってしまったと思えたヒメヒカゲが突然飛び出してくる。一見オス個体のように感じたが、よく観察すれば裏面翅縁の銀色鱗粉がかすかに残るメスである。
160618hime1057.bmp160618hime1058.bmp
結局、調査ルート上にいたヒメヒカゲはこの1個体だけで、あと、範囲を広げて歩くと、くたびれた個体ばかりだが複数の♀がまだ元気でいてくれてうれしくなる。これだけのメス個体が頑張って生き残っているからには、さぞかし多くの産卵をしてくれたはずで、こうなれば新たな卵を見つけるまでは撤収しないぞ、と心に決めて、自分が母チョウならこの辺に産むだろう、と探すとかろうじて1卵がみつかる。
160618egg1.bmp
しかし、熱い陽ざしのもと、フォーカス合わせへの集中力も続かず、さらに新たな卵を見つけようとの気力は全くなし。本日の感触から、もう生息調査目的のフィールど通いはこの日で最終章にしようと、このあとはできる限りの個体を撮影記録する。
160618hime1100_0.bmp
この木陰で休む個体の撮影記録をとってズームアウトしていくと、なんとすぐ横には大きな天敵のカマキリ君。
160618hime1100_1.bmp
そのことを教えたわけではなく、ヒメヒカゲ自身が気配を感じたのか、すぐに飛んで場所を変えたことで一安心。日向部分で開翅動作を繰り返す個体などをできるだけ撮影記録し、
160618hime1101_0.bmp160618hime1101_1.bmp
160618hime1106.bmp160618hime1106b.bmp160618hime1106c.bmp160618hime1116.bmp
草むらでの筆者の撮影を拒んで逃げ回る個体を追いかけると、何度かクモの巣にかかって一度動きが止まり、やられるのか、と思う間もなく自力で羽ばたいて脱出する。
160618kumo1118.bmp160618kumo1118b.bmp160618hime1119.bmp
帰りも加古川河川敷を走って帰ろうとペダルを踏みだしたすぐそばで、おいしそうなノイチゴの赤色がキラリと光る。
160618noichigo0.jpg160618noichigo1.jpg
この種のイチゴはアリがたかるほどに甘いはずだが、ここにはアリの姿がなく、そのせいかどうか結構酸っぱい味だった。しかし、お茶だけでしのぐ猛暑に、自然の恵みが与えてくれた酸っぱさからは、むしろ元気を得た思い。遠く、土手斜面では除草作業が始まっており、ジャコウアゲハの生息地でもこのような動力でやられたらひとたまりもない。
160618josou0.bmp
160618josou1.bmp
土手一面にノラニンジンが繁茂する自動車道路沿いの土手斜面に、ヒメジョオンの多い部分があって、暑さに強いツマグロヒョウモンが楽し気に蜜を吸っている。
160618tumaguro0.bmp
きれいな青空を背景に入れてこの光景の記録を撮り、炎天下のサイクリング調査を終える。



posted by クジャクチョウ at 16:29| Comment(0) | 日記

2016年06月17日

ヒサマツミドリシジミ

ヒメヒカゲの調査に出かけようかと準備を始めたところに「ヒサマツミドリシジミのところへ行ってもいいよ、但し日帰りでね」との妻の言葉に即刻妥協。現地に着いたのが13時15分頃。幸いもう発生をしていて、昨年観察できたポイントで飛来個体を待つ。あいかわらず高い位置で撮れる記録は飛翔個体の証拠写真だけ。
160617hisamatsu0.bmp
あとから来られたIさんが教えてくれた別のポイントでは、今少し低い位置だが、あくまで下から見上げる状況に変わりはなく、葉っぱのくぼみに止まった状態で全体像が記録できないばかりか、太陽光線を受けて肉眼ではキラリと輝く美しさもとらえきれない。しかも、この個体はすでに新鮮度も低い。
160617hisamatsu1.bmp160617hisamatsu2.bmp160617hisamatsu3.bmp
一方、Iさんは1mという至近距離にきた個体を見事に映像記録されており「月刊むし」の表紙を飾ることになるかもしれないとのこと。
posted by クジャクチョウ at 22:45| Comment(2) | 日記

2016年06月15日

ミドリシジミの郷とキマルリの里

 ミドリシジミとの出会いを期待してハンノキのある湿地帯へ。オスは右前翅がもう少し欠けていて、15時半という時間のせいか美しい翅表はみせてくれない。
160615-midori_male.bmp
裏面の褐色度が濃いメス個体も翅表をみせてくれないため、ネットインをしてほとんど無紋のO型であることを確認して放してやる。
160615-midori_female.bmp
160615-midoriF.bmp
次いでキマダラルリツバメがまだ飛んでいるのかどうか16時半到着で確認。出迎えは夏型の黒化度が増したベニシジミと
160615-beni_summer.bmp
今年初見のオオチャバネセセリ。
160615-ohchabane.bmp
そして目の前遠い位置で複数のキマダラルリツバメが飛び交い、ときには卍飛翔が展開するが、17時半まで粘っても近くの草葉上へとは来てくれないため、光学ズームで証拠記録だけを撮って退散。
160615-kimaruri0.bmp160615-kimaruri1.bmp160615-kimaruri2.bmp
posted by クジャクチョウ at 19:52| Comment(0) | 日記

シルビアシジミが羽化

 アカツメクサで飼育したシルビアシジミの羽化シーンをビデオ記録。
160615sylvia_emerged.bmp160615sylvia.bmp
羽化の兆候を認めた早朝5時過ぎから、羽化の瞬間まで約4時間。蛹の翅部分に空隙が入り、その面積が広がっていくのに時間がかかるのだが、本日は、♂だとわかるブルーがすべて消えることなく羽化した。
160615pupa.bmp
160615-859.bmp
今回の飼育は、アカツメクサへの幼虫の嗜好性と成育性を確認することだったが、20卵から育った幼虫を、ミヤコグサとアカツメクサを共存させた状態でも、アカツメクサを優先する傾向があって、その花穂に食いついたりする個体も複数を観察でき、
160530larva0.jpg
160530larva1.jpg160530larva2.jpg
蛹化に際しても全例がアカツメクサの葉表などを選択しており
160527pupa.jpg
160606prepupa.jpg
ミヤコグサの代用食として使えることが確認できたが、途中で体色が薄黒くなってその後に摂食することなく死んでしまった幼虫も合計10個体(比率が50%)という結果で、やはり野外で世代が繰り返されるミヤコグサでなければならない理由があるようだ。
posted by クジャクチョウ at 10:47| Comment(0) | 日記

2016年06月12日

オオムラサキ♂が羽化

 本日(6/12)の昼前にオオムラサキの2個体目の蛹がわずかに翅部分が色づいて、明日には羽化だろうと思えたが、
160612prepupa.jpg
午後から出かけて戻った17時すぎ、すっかり翅を伸ばしていてビックリポン。
160612emerge1.bmp
5月27日の♂個体の羽化から16日も経っており、てっきり♀だと思っていたのによく見ればきれいな♂。指でアンテナに触れるなどして刺激すると、きれいな翅表の輝きを見せてくれる。
160612emerge3.bmp
160612emerge2.bmp
その角度によっては珍しいタイプだとされるモルフォオオムラサキに似たブルーに輝く瞬間もあるが、その映像記録はままならない。
160612emerge4.bmp
いずれにしても想定外のきれいな♂の羽化はうれしく、しかも野外で見る個体に劣らない大きさに育ってくれていて、 野生並みに成育させられる飼育ノウハウを得た思い。
posted by クジャクチョウ at 20:51| Comment(0) | 日記

ホシミスジが産卵

 ホシミスジが家の周りをフワリフワリと楽し気に舞う光景が何度か見られたが、本日、うす曇りの天候のもと、玄関先に植栽してあるシモツケに母チョウが産卵しにやってきた。一度産卵した後、近くで休憩し、
160612hoshimisuji.bmp
やがてカメラを持つ筆者の周りをゆっくりと飛んでからシモツケへととまり
160612hoshimisuji2bmp.bmp
いい位置をきめたのか、お尻をぐっとまげて産卵。
vs160612-002.BMP
産み付けた葉っぱを確認後、クローズアップレンズを装着してから可能な限りの接写で記録すると
160612egg.jpg
これまでに気づかなった、縦筋ではなくミラーボール様の細かい突起群が見て取れる。このシモツケへの産卵はこれで二度目だが、これからの観察が楽しみ。
posted by クジャクチョウ at 12:03| Comment(0) | 日記

2016年06月11日

Cyclingで出会う昆虫たち

 今年はイシガケチョウとよく出会うが、今日の個体もメスでイヌビワに産卵をして回っていた。
160611ishigake.bmp160611egg.bmp
ヤマナラシの新葉では鮮やかな紅色のハムシが食事の真っ最中。
160611hamushi.jpg
夕刻まではおとなしいアカシジミがヒラヒラと飛び出てはすぐにネザサの葉陰へと身を隠す。全体像を撮ろうとブッシュに踏み込んだとたんにハギの葉上へと飛び移り、ここでもいい角度で狙えない。
160611akashijimi01.bmp160611akashijimi02.bmp
カノコガという小さな蛾は、出会いを求めて探すという種ではないが、目の前に現れるとつい記録をとりたくなる。
160611kanokoga.bmp160611kanokoga.jpg
新たなアカシジミが飛び出してカヤ類の葉上にとまるのでカメラをむけてみるが、翅縁がスレタ個体で、すでに最盛期は過ぎたようだ。
160611akashijimi1.bmp
posted by クジャクチョウ at 19:15| Comment(0) | 日記