2016年07月31日

炎天下テニスの合間に

 午後13時からの最も暑い時間帯に、コンクリート面で硬式テニス。さすがに集まるメンバーは5人だけで、連続ダブルス3試合をこなして初めて休憩できる。30分ほどの交代休みを利用して高砂公園のマリーゴールド満開の散歩道沿いでチョウやセミを観察。アオスジアゲハが青空を背景に楽し気に旋回飛翔を繰り返している様子をビデオカメラでフォローしてみても証拠記録というのもおこがましい。
160731アオスジ.bmp
同じようにアゲハとキアゲハも似たような飛翔を見せ、比較的低い位置まで飛んでくれるキアゲハがかろうじて種を特定できる。
160731キアゲハ0.bmp160731キアゲハ1.bmp
早朝からうるさく鳴くクマゼミはこの時間帯はおとなしく、
160731クマゼミ.bmp
鳴く時間帯がそれぞれ違っているようで、アブラゼミの合唱が響き渡っている。
160731アブラゼミ.bmp
毎年のようにゴマダラチョウが発生するエノキを母チョウが訪れて産卵して回っているのに気づき、その様子を撮影してメンバーに見せると「これ、蛾だよね?」との認識。
160731ゴマダラチョウ1450.bmp160731ゴマダラチョウ1451.bmp160731ゴマダラチョウ卵1451.bmp
マリーゴールドを訪れるツマグロヒョウモンを追いかけ、休憩に入った♂個体の前翅裏面の赤桃色を撮り込む。
160731ツマグロM1512.bmp
♀個体を追っていくと人家の庭まで立ち入ってスミレに産卵するけれど、さすがにカメラをもっての侵入はゆるされない。それでも新たな美しい個体がマリーゴールドで吸蜜しているのを見つけて、じっくりと撮影させてもらう。とても美しい♀だが、前翅のわずかな破損が惜しまれる。
160731ツマグロF1603.bmp
160731ツマグロF1609.bmp
垣根を形成しているウバメガシの周りに小さなムラサキシジミが開翅姿勢をとっているので接近していくと、いきなりキアゲハが横切って翅を閉じてしまうが、キアゲハが通過する様子が記録できているのでよしとする。
160731キアゲハ3.bmp
ムラサキシジミを執拗においかけて、やっと開翅姿勢を記録できるが、鱗粉がかなりはがれた♀個体で、産卵目的でウバメガシの新芽を探していたようだ。
160731ムラサキシジミ2.bmp

posted by クジャクチョウ at 20:22| Comment(0) | 日記

2016年07月30日

オオムラサキの飼育

 今年はオオムラサキの母チョウ捕獲が果たせず、飼育をあきらめていたのだが、加古川の里山・ギフチョウ・ネットの同僚:久保さんが採卵に成功したと卵を分けて下さり、本日、2令へと脱皮した個体を確認できる状況。160730_2令.jpg
多くの幼虫はまだ頭が丸くてかわいい初令状態で、
160730_初令.jpg
孵化しない卵も3個が残っている。
160730卵0.jpg
160730卵.jpg
多くが孵化した後に残るこれらの卵が、果たして孵化してくれるかどうかは微妙なところだ。いずれにしても、卵を分けて下さった久保さんには感謝の気持ちでいっぱい。
posted by クジャクチョウ at 12:38| Comment(0) | 日記

夏の野菜畑で

 7時を過ぎた朝の野菜畑は、すでに太陽が照りつける状況で、ミント系ハーブの白い花まわりで夜を明かしたモンシロチョウ同志の求愛シーンが始まっている。
160730monshiro0.bmp
早い動きをビデオ撮影でフォローしている間は、♂♀の位置関係がさっぱりつかめないが、実際にはときに♀が♂を追うような状況もみられる。
160730monshiro00.bmp
静かに日陰で休憩をとるモンシロチョウは、清楚で美しい新鮮個体だ。
160730monshiro1.bmp
160730monshiro2.bmp
今年のゴーヤは、細長い変わった品種を植えていたことを実がなって初めて知った。
160730goya1.jpg
自然に畑に落ちた種から育った株には実がつきにくいと聞いたが、今年自然に生育した株にはみなれたゴーヤが何個か実ってくれた。
160730goya0.jpg
posted by クジャクチョウ at 08:24| Comment(0) | 日記

2016年07月28日

ルリタテハの珍しい変異個体

 2016年5月の飼育羽化ルリタテハのなかに前翅に小さい青紋が発現した個体を確認し、乾燥標本として本日展翅板から外した。母チョウはApr. 9, 2016のギフチョウ観察会の日に車の周りで愛嬌を振りまいてくれた越冬個体で、4月14日から約60卵を産み、20卵を友人にわけて残りの40卵から35個体が成虫となり、多くは野外へと飛ばしたのだが、その中でこの変異はただの1頭だけで、筆者にとっては初めての体験。羽化はMay 23, 2016。
 160523前翅青紋発現.jpg
Web検索で、本変異個体の報告例をみることができるが、発現頻度は高くないと思われ、
160523前翅青紋発現2.jpg
ズームアップ撮影記録も示しておく。
160523前翅青紋発現1.jpg 
posted by クジャクチョウ at 19:16| Comment(0) | 日記

2016年07月26日

エルタテハが羽化

 湯の丸高原から持ち帰ったエルタテハがおそらく未明に羽化。昨夜の時点で蛹がわずかに色づいているとは思ったが、こんなに早く羽化するとは想定外。前翅端部のわずかなブレはこきざみに翅を動かしているため。
160726エルタテハ羽化1.bmp
開翅を期待してLEDランプを照射しても、その誘いにはのってくれなく、
160726エルタテハ羽化0.bmp
アンテナに触れるとすぐに飛んで室内の壁面で開翅。
160726エルタテハ1.bmp
posted by クジャクチョウ at 07:59| Comment(0) | 日記

2016年07月25日

ジャコウアゲハ健在

 定期的な草刈りが行われるジャコウアゲハの発生地で、土手斜面の茂みのなかに潜り込んで産卵をしてまわるメス個体を確認。
160725産卵0.bmp160725産卵.bmp
産卵直後の卵は、位置が低すぎるため葉を裏返して撮影記録。
160725ジャコウ卵.jpg
土手斜面をよくみると、体温の上昇を待っているのかじっと止まっている♂個体が遠くから黒く見て取れるので、近くまで行って記録撮影。
160725ジャコウ♂.bmp
やがて複数のオス個体も飛び始め、オス同士での絡み合いもみられる。
160725ジャコウ♂2.bmp
今朝、この場所を訪れた目的は、野菜畑で西洋パセリに産み付けられたキアゲハの卵をみつけて回収し、飼育用のノラニンジンの状況を確認することだったのだが、花が終わったノラニンジンに新葉は少なく、もしかしたらと予期したジャコウアゲハの飛翔・産卵を観察できたという次第。この土手一帯では6月中に草刈りが実施されたはずだが、1か月を経過した段階の土手斜面には、新鮮なウマノスズクサがチガヤなどの雑草の間に多く観察でき、ジャコウアゲハがたくましく生き続けていることも確認できて、もういろいろと気を遣う必要はなさそうだ。
posted by クジャクチョウ at 11:33| Comment(0) | 日記

2016年07月19日

群馬への遠征で出会った自然

 7月16日(土)22時に加古川JR宝殿駅を出発し、7月17日(日)の朝6時前にミヤマシロチョウの観察地に到着。雨が降る気配がないので山道を登ってみると、路傍に多い笹竹周りにゴイシシジミの姿を多く見る。
160717ゴイシ608.bmp
わずかに翅表がのぞける個体は前翅白斑の面積が広いメス個体だが、その全部を見せてはくれない。
160717ゴイシ610.bmp160717ゴイシ610b.bmp
160717ゴイシ612.bmp160717ゴイシ653.bmp
ゴイシシジミが多い理由は、辺りの笹竹にアリマキの類が群生していることですぐに納得できるが、アリマキの出す汁を吸いにやってきているフタスジチョウの姿もみる。
160717フタスジ847.bmp160717フタスジ848a.bmp160717フタスジ848.bmp
フタスジチョウは翌7/18にミヤマモンキチョウの観察目的で上った山道路傍に咲くミヤマイボタの花で蜜を吸う個体や、標高の高い部分できれいな花を咲かせるシモツケまわりでもみかけ、産卵する個体と産みつけられたばかりの卵も記録。
160718フタスジ1026.bmp
160717フタスジ1132.bmp
160718フタスジ1223.bmp160718フタスジ産卵.jpg160718フタスジ卵.jpg
ミヤマシロチョウの生息地周辺には非常によく似ていて判別が簡単ではないコヒョウモンとヒョウモンチョウの両種が混生していて、朝早い時間に陽光が届くのをじっと待っているのは前翅に丸みがあるコヒョウモン。
160717コヒョウモン644.bmp
ミヤマシロチョウがみられないまま山を下りる途上でもコヒョウモンを何度か目にし、
160717コヒョウモン1035.bmp160717コヒョウモン1157.bmp
同じ場所でハクサンフウロウの花蜜を求めるヒョウモンチョウも観察。
160717ヒョウモンチョウ912.bmp160717ヒョウモンチョウ955.bmp
早朝の散策時には、朝露でぬれる笹竹の長い葉上にとまって、ようやく届き始めた朝日を受けて体温の上昇をまつ個体も見かける。
160718ヒョウモン649.bmp
標高の低い部分から山上部までヒメシジミも多くみたが、低地では破損個体が多く、
160717ヒメシジミ957.bmp
きれいな裏面も鱗粉が薄れた個体ばかり。
160717ヒメシジミ1041.bmp
標高の高いところでは美しい新鮮個体が多く飛び交っていたが
160718ヒメシジミ835.bmp
ミヤマモンキチョウの撮影にこだわったせいでヒメシジミの新鮮で美しい個体の記録を撮らなかったことが今になって惜しまれる。もっとも個体数が多かったのがヒメキマダラヒカゲで、あちこちで開翅姿勢をとっていて、新鮮個体はとても美しい。
160717ヒメキマ616.bmp160717ヒメキマ851.bmp160717ヒメキマ853.bmp160717ヒメキマ900.bmp160717ヒメキマ909.bmp160717ヒメキマ910.bmp160717ヒメキマ1532.bmp
7/18にはフタスジチョウが蜜を吸う近くで、ミヤマイボタの花にストローを伸ばす個体も観察。
160718ヒメキマダラ1026.bmp
クロヒカゲも多く飛び交い、眼状紋まわりのブルーが美しい新鮮個体や、翅表全開あるいはV字開翅でひなぼっこをする個体もみる。
160717クロヒカゲ.jpg160717クロヒカゲ835.bmp160717クロヒカゲ850.bmp160717クロヒカゲ851.bmp160717クロヒカゲ859.bmp160717クロヒカゲ918.bmp
早朝からヤナギの樹液を吸いにやってきているクロヒカゲはシルエットとして記録してみる。
160718クロヒカゲ639.bmp
この樹液には前日の散策時にシータテハとキマダラヒカゲ(たぶんヤマ)が訪れて、夢中で樹液を吸っていた。
160717シータテハ.bmp
生息地によっては普通種かもしれないが、関西人にとっては珍しいチョウとして、ウラジャノメが翅全開状態で休んでいるのがみつかり、近づきすぎると飛ばれてしまうが、すぐ近くにとまってくれるのでいろんなポーズの撮影記録を撮り、他のメンバーにも教えてやる。
160717ウラジャノメ1048.bmp160717ウラジャノメ1048a.bmp160717ウラジャノメ1051.bmp160717ウラジャノメ1100.bmp
ビデオカメラの小さなファインダー内では完璧な新鮮個体だと思えたが、300mm望遠を駆使する北岡さんに、翅縁は完璧だが右後翅にわずかな欠け部分があることを教えられるまで、全く気づかなった。セセリの仲間もいろいろみるが、すぐには種名を同定できないものも含めて撮影記録を列挙する。
160717コキマダラセセリ905.bmp160717コキマダラセセリ906.bmp160717コキマダラセセリ10.bmp
ヤナギランの花を訪れるチョウは少なく、コキマダラセセリの他にはスジグロシロチョウの訪花をみたが撮影記録はない。
160717コキマダラセセリ959.bmp
160717セセリ959.bmp160717セセリ1600.bmp160717ヘリグロチャバネ1004.bmp
2日目の下山途中では、メンバーの汗を吸汁したいシータテハがずっとまとわりつき、
160718シータテハ1319.bmp
帽子から汗をかく手指へと移すと、再びストローで吸い続けるのがとても愛くるしい。
160718シータテハ1322.bmp
誰もが気づかずに通り過ぎた路傍で、笹竹の新しく伸びたばかりのまだ葉を広げていない部分に下垂するタテハチョウ科と思える前蛹が目に入る。
160718エルタテハ前蛹.jpg
物珍しいため多くの参加者がカメラ撮影にかけつけ、筆者自身の記録がピンボケのままだったことを確認もしないまま、多分エルタテハだろうという推定を検証する目的で北岡さんにハサミで切り取ってもらう。この前蛹個体は、空き飲料ボトルに水を入れて持ち帰る車中で、きれいな蛹へと変身し、
160719Pupa.jpg
Web検索で確かにエルタテハの蛹であると確定。なお、チョウと間違われるきれいなイカリモンガが、食草のシダ類に産卵する場面に遭遇し、記録を撮っておいた。
160717イカリモンガ産卵1545.bmp160717イカリモンガ1545.bmp
このほか、目の保養になる花もたくさんあって、これはきれいだ、と思えるものは撮影記録をとったので追記しておく。
0717キバナヤマオダマキ_0.jpg160717キバナヤマオダマキ.bmp160717ウスユキソウ.bmp160718クルマユリ3.jpg
2枚目の記録にあるキバナヤナオダマキは、危うく放牧されている黒毛和牛に食われてしまいそうになり、メンバーの新井さんが「だめー!」と牛さんを驚かせて事なきを得ている。その前には、ミヤマシロチョウの蜜源となるアザミの花がいくつか牛さんにパクリと食われてしまった。

posted by クジャクチョウ at 18:20| Comment(0) | 日記

ミヤマシロチョウなど希少チョウの観察に遠征

 赤城山ヒメギフチョウ保全団体「赤城姫を愛する集まり」のMさんに種々お力添えをいただき「加古川の里山・ギフチョウ・ネット」メンバー5名が遠征参加して、Mさんが連絡をとって下さった「嬬恋村高山蝶を守る会」からも多くの方の参加をいただいてミヤマシロチョウの保全状況視察と三者団体の情報交換・交流会を開催。初日の7月17日(日)、昼前になって天候が回復するとミヤマシロチョウが飛び始める。7月上旬には発生していてすでに新鮮度が低いが、アザミの花で吸蜜する個体を初撮影。
160717ミヤマシロ1128.bmp
ツーショットの吸蜜シーンや、新鮮度が落ちてはいるがミヤマイボタの花、ナデシコ科の花で吸蜜する個体などを証拠記録として撮影。
160717ミヤマシロP1128.bmp
160717ミヤマシロ1119.bmp160717ミヤマシロ1120.bmp
幼虫の食樹であるメギに執着するようにふわふわと飛んでは葉上に止まる個体に、全員が産卵を期待して注視していたのだが、それとは違う個体がすぐ目の前の小枝先端部でじっくりと産卵行動を繰り返しているのを竹内さんが発見。
160717ミヤマシロ産卵1.bmp160717ミヤマシロ産卵2.bmp
三脚なしでの動画撮影だが、お腹をまげお尻をもちあげて黄色い卵を押し出し、ちょっと休んではまた腹をまげて卵塊を形成する、そういう産卵行動を繰り返す様子をしっかりと記録。
160717卵撮影2.jpg
160717卵撮影.jpg
 午後1時、赤城山ヒメギフチョウ保全団体「赤城姫を愛する集まり」および「嬬恋村高山蝶を守る会」両団体から今回の交流のために参加して下さった方々と「加古川の里山・ギフチョウ・ネット」メンバーとがそれぞれ自己紹介をしたあと、高山蝶を守る会会長のMさんをリーダーとしてミヤマシロチョウの保護地区へと踏み込んでいく。「嬬恋村高山蝶を守る会」では、一般登山道から外れたブッシュに点在するメギ500株余りを逐一把握し、確認したメギにはすべて番号札をつけて管理されておられることに驚かされ、メギの生育を阻害する樹木の伐採にはつど許可をとる必要があるなど、たいへんな実態を知る。
160718宮崎会長megi.jpg
160718megi.jpg
登山道を外れたブッシュを歩いて山を下りる過程で、ミヤマシロチョウが何度か姿を見せる。交流情報交換会が始まるまでの時間を惜しんで、草原を探索して、新たなミヤマシロチョウ個体を撮影。
160717ミヤマシロ1426.bmp
三者団体の交流情報交換会は16時半から18時頃まで、パワーポイントやビデオ記録を駆使してそれぞれの保全活動状況を紹介。夕食後も話がはずんでメール交換だけではとても得られない有意義なときを過ごす。翌日は朝から陽ざしが強い好天気。昨日の草原にも陽光が広がっているので入り込むと、比較的新鮮度が高いミヤマシロチョウもみる。
160718ミヤマシロ814.bmp160718ミヤマシロ815.jpg
昨日、ミヤマシロチョウの卵塊の付き具合を目にしたせいで、新たな卵塊が意外に簡単に見つかる。
160718eggs1.jpg160718eggs0.jpg
いいアングルを探して撮影を終えたとき、遠くで立岩さんがコヒョウモンモドキがいると手招きをしてくれているので走り寄って撮影。
160718モドキ830.bmp
160718モドキ832.bmp160718モドキ833.bmp
ミヤマモンキチョウの観察を期待して群馬メンバーと合流する約束の9時が迫るなか、ホシチャバネセセリの観察を終えて戻った3名にも知らせて全員で撮影記録がとれたことを喜ぶ。
160718モドキ837.bmp
残るはミヤマモンキチョウの撮影だけで、期待を持って10数名の群馬メンバーと山登り。標高があがるとミヤマシロチョウが姿をみせ、モンキチョウが飛び出すともしかしてミヤマモンキか、と色めき立つ。筆者は登山道沿いにクロマメノキが多い場所をみつけて待機すると、案の定ミヤマモンキのオス個体があらわれるが素早くとびまわるばかりで撮影が容易ではない。
160718ミヤマモンキ1056.bmp160718ミヤマモンキ1104.bmp
やがて産卵目的でやってきたメス個体を追いかけて、ミヤマモンキチョウに特徴的なピンクの縁取りをしっかりと撮影記録。
160718ミヤマモンキ産卵1220.bmp160718ミヤマモンキ♀1120.bmp
産み付けられた卵は紡錘形で白く輝き、産卵後に日がたつと赤みを帯びるのだが、その両者が見られる葉が見つかり記録してみるけれど、立ち入っての撮影アングル決定が許されないため、真正面からの証拠記録だけ。160718ミヤマモンキ卵1220.bmp
他のメンバーもやってきてひたすらオス個体の撮影チャンスを待ち、やがて、まったく気づかない位置で休息していたらしいメスに求愛するオスの登場で、重たい望遠レンズを担いで登ってきた北岡さんに無駄ではなかったと思わせる撮影シーンが展開。
160718ミヤマモンキP1126.bmp160718ミヤマモンキP1227a.bmp160718ミヤマモンキP1227b.bmp
再び三脚をおいてきたことが悔やまれるが、まずまずの撮影記録ができて、もういつ山を下りてもいい、という状況。9時前に最初で最後かもしれないと、寄ってたかって撮影記録をとったコヒョウモンモドキが、じつはこの高山地帯でも出迎えてくれ、
160718モドキ1101.bmp
群馬メンバーの登山靴や、
160718モドキ1219.bmp
もう帰ろうかと準備をする筆者のザックにまとわりついて、まだ帰るのは早いといわんばかりの愛嬌を振りまいてくれる個体も見る。
160718モドキ1232.bmp160718モドキ1232a.bmp
いよいよ山を下り始めたところで立岩さんが300mm望遠で狙っていたのがハクサンフウロウで吸蜜中のコヒョウモンモドキ。筆者も急ぎビデオカメラのズームアップでお相伴させていただく。
160718モドキ1248.bmp
その撮影を終えて再び歩き始めた足元の路面で、陽光を受けて翅表をキラキラと輝かせて見せてくれる個体には、そのような美しい観察角度があったのかと驚きを隠せない。
160718モドキ1249.bmp
今回の遠征は、高速利用で片道7時間のきついドライブを引き受けてくれたタフな北岡さんのおかげで実現できたことに深く感謝したい。希少チョウ3種について当初の期待通りの出会いが果たせ、「赤城姫を愛する集い」および「嬬恋村高山蝶を守る会」の方たちとの直接の交流は、メールのやりとりだけでは得られない臨場感のある情報・意見交換の場を持つことがいかに重要であるのかを痛感した、実りある遠出であった。なお、その他にも種々のチョウを観察できており、その記録は別途まとめて記載する。


posted by クジャクチョウ at 14:06| Comment(0) | 日記

2016年07月16日

ツマグロヒョウモン羽化

 夜にLED照射で金色の輝きを確認した蛹から、ツマグロヒョウモンのメスが羽化。
160716羽化00bmp.bmp160716羽化0.bmp
翅表だけでなく裏面もきれいだ。ベランダで自然蛹化した他の蛹の一つからはオス・メスいずれかに気づかなまますでに羽化個体が飛び去っており、内壁の下部で下垂蛹となった個体にも羽化の兆候が見られる。
posted by クジャクチョウ at 10:37| Comment(0) | 日記

2016年07月11日

LEDで光る蛹

 ツマグロヒョウモンの蛹が、LEDランプの照射で発見しやすいかどうかやってみた。
0711pupa_LED0.jpg
0711pupa_LED2.jpg
確かに暗闇でキラリと金色の紋が反射して光ることで、みつけることができるかもしれない。
posted by クジャクチョウ at 21:01| Comment(0) | 日記