2017年09月10日

ゴマダラチョウが羽化

 矮小個体になるものと推定したゴマダラチョウが、加古川の里山・ギフチョウ・ネットの定例イベントである、ギフチョウ生息地の雑木林環境整備が実施される日(Sep.10, 2017)の早朝に羽化していた。
170910-羽化0.bmp
170910-羽化1b.bmp
見た感じが思ったほど矮小にはみえないため、前翅前縁の長さを測ったら35mmで、北隆館図鑑の×0.7という図示から換算した37mmと大きくは違っていない。
posted by クジャクチョウ at 07:10| Comment(0) | 日記

2017年09月09日

コムラサキ撮影にチャレンジ

 加古川河川敷で昨日(Sep. 8, 2017)観察できたコムラサキの確実な証拠記録をとるのと、キアゲハ幼虫に与えるノラニンジンの新生茎葉がどのていど採取可能かの確認を目的に再度のサイクリング。あいかわらずカワヤナギの高い梢まわりを飛び交うコムラサキだが、時折低い位置へと降りてくることもあるのを認め、粘り強く待つ。やがてビデオカメラで何とかズームアップできるエノキの葉上でテリ張りを始める個体が現れ、第一目的を果たす。
170909-コムラサキ1101.bmp
170909-コムラサキ1102.bmp
カワヤナギの高い位置の葉陰に静止する個体はメスのように見えるが確証はなし。
170909-コムラサキ1123.bmp
カワヤナギの大木の根元木陰にはカラスウリの白い花が満開で、
170909カラスウリ.jpg
カワヤナギと並立するエノキ周りでは2頭のゴマダラチョウが気持ちよさそうな滑空を繰り返す。メス個体を探すオスなのか、産卵場所を探すメスなのかが分からず、低い位置に来た個体を一度ネットインしてみると、どうやらオスらしい。後翅にわずかにビークマークがあるのを確認した後そっと胴体を挟んでいた手指を離してもなぜかすぐには飛ばないのでビデオ記録を撮る。
170909-ゴマダラ1050.bmp
本日観察できた他のチョウは、黄色が鮮やかなキタキチョウの夏秋中間型や黄色が薄いメス個体、アゲハ、キアゲハ、モンシロチョウ、モンキチョウ、黒化度が高いベニシジミ、ヤマトシジミ、ルリシジミ、ヒメアカタテハ、イチモンジセセリ、チャバネセセリ、キマダラセセリの11種。第二目的のノラニンジンは主茎が花とともに枯れ果てたものばかりかと思っていたが、根元まわりに新生茎葉がでている株も散見され、ニンジンやパセリの調達を心配しなくても何とかなるとのめどをえた。
posted by クジャクチョウ at 13:53| Comment(0) | 日記