2017年10月30日

ウラギンスジヒョウモンの野外自然産卵

 10月26日に出会ったウラギンスジヒョウモンのお母さんと感激の再会ができ、セイタカアワダチソウの花蜜を楽しむ様子をたっぷりと撮影させてくれたあと、ちょっと目をはなした間にすがたが見えなくなる。あそこまで翅が傷んだお母さんに産卵を期待するのは無理だろうなと早めの昼食タイムとし、足元にめにつくスミレ類で葉っぱの表裏や茎までしらべてみるが卵は見つけられない。少し範囲を広げて調べようと足を踏み出したそのとき、いつの間に現れたのか明らかに産卵場所を探す動きを見せる先ほどのお母さんが目の前に。すぐにビデオカメラをONとしてその動きを追う。
171030-産卵00.bmp171030-産卵0.bmp171030-産卵01.bmp171030-産卵02.bmp171030-産卵03.bmp
お尻をまげて確かに産卵をした場面をVideo記録から静止画像として切りとったのが上の5場面だが、
171030-休憩.bmp
休憩し始めた記録を撮ってから産卵の確認をしようと思って探しても、その場所が特定できない。それほど広い範囲ではないというのに産みつけた直後に見ない限り、卵の発見は容易ではない。
本日の他の記録は以下の通り。
171030-モンシロ♂.bmp171030-ヒメアカ.bmp171030-ベニ1116.bmp171030-ヤマト♂0.bmp171030-ヤマト♂01.bmp171030-ウラギンスジ♀1200.bmp171030-ヤマト♀.bmp
posted by クジャクチョウ at 17:22| Comment(0) | 日記

2017年10月27日

産卵してくれた

 ウラギンスジヒョウモンがスミレ(葉身が葉柄よりも短いので多分シロスミレ Viola patrinii)の葉に産卵し始めた。
171027egg0.jpg171027egg1.jpg171027egg2.jpg
本種の飼育は初めてで、産卵習性に関する原色日本蝶類生態図鑑(U、保育社)の記載では、ツマグロヒョウモンやミドリヒョウモンのように食草ではない場所に自由気ままに産卵をすることが多いようだが、今のところ、鉢植えスミレの葉上に産みつけている。母チョウは鉢のそばに瓶挿しとしたセイタカアワダチソウの花にストローを伸ばして元気に吸蜜しているが、野外ですでに相当数の自然産卵をしていると考えられ、あとどれだけの数産卵してくれるかわからない。雨模様の土日からそのあとの晴れる日まで産卵してもらってから、母チョウは元の草原に放してやるつもり。なお、上記図鑑によれば、越冬は卵か1令幼虫で、孵化した幼虫は摂食をすることなく越冬するとのことで、オオムラサキの幼虫と同じような管理が妥当と思われる。
posted by クジャクチョウ at 18:36| Comment(0) | 日記

2017年10月26日

ウラギンスジヒョウモンの発生地か?

 可能であれば連れ帰って卵を産んでもらおうとの考えで、昨日に引き続きウラギンスジヒョウモン(Argyronome laodice japonica:絶滅危惧U類)の母チョウと出会えた場所を再訪問。現地に着いた10時半前、すでに十分気温が上がっているのに飛び交うチョウはヤマトシジミばかり。新鮮なオス個体があちこちで開翅状態で日向ぼっこをしているので、ごく普通種にも捨てがたい美しさがあることを記録しておく。
171026-ヤマト1039.bmp171026-ヤマト1029.bmp171026-ヤマト1030.bmp171026-ヤマト1032.bmp171026-ヤマト1036.bmp
10月には翅表に青鱗粉が発達した個体が出るメス個体にも注意してみるが、この個体は黒一色だった。
171026-ヤマト1034.bmp
吸蜜シーンを期待して花に止まりそうな動きをするオスを追ってみれば、キツネノマゴに止まってはくれるが蜜を吸っているようには見えない。
171026-ヤマト1040.bmp
この休耕畑地のあぜ道に咲くセイタカアワダチソウではツマグロヒョウモンのメスやテングチョウが蜜を求めており、
171026-ヤテング1049.bmp171026-ヤテング1049a.bmp
開翅大サービスのテングチョウを探してフォーカスに気を付けながら撮影。次いで、翅の傷みが激しくてこのまま越冬できるのかと心配になるアカタテハがやってくる。
171026-アカタテハ1102.bmp171026-アカタテハ1102a.bmp
秋型のキタテハは発生して間もないのか、新鮮個体を多く見る。
171026-キタテハ1104.bmp171026-キタテハ1104a.bmp
本日の蝶タイム予定は午前中だけで、昨日のウラギンスジヒョウモンはもうどこかへ飛んで行ったらしいと諦め、帰り支度を始めたそのとき、畑地のどこからかウラギンスジヒョウモンが飛び出してくる。昨日の個体ではなく新たなお母さんだ。どこかに産卵するような飛翔をみせるので、驚かさないようにつかず離れず様子をみていると、やがてセイタカアワダチソウで吸蜜し始める。
171026-ウラギンスジ1109c.bmp171026-ウラギンスジ1109.bmp171026-ウラギンスジ1109a.bmp171026-ウラギンスジ1109b.bmp
しっかり撮影記録をとってから静かにネットインをして持ち帰ることにし、周辺でスミレを探すと明らかに食痕もある株が点在しているが多くはない。ただでさえスミレの同定には自信がない上に、花も咲く時期ではないので種名が分からないまま葉っぱが大きいスミレを数株持ち帰る。近藤さんの「兵庫県の蝶」には、兵庫県内でウラギンスジヒョウモンの幼虫が食べるスミレの種名は不明だとあるが、この休耕畑地周辺で本日観察できたスミレを食べて発生を継続している可能性が高く、数本の柿もあるこの畑地一帯が来年の6月まで休耕草原のままであることを願う。

posted by クジャクチョウ at 14:59| Comment(0) | 日記

2017年10月25日

シルビアシジミにも出会えた

 ウラギンスジヒョウモンのお母さんとの出会いができて、この運の良さを次のチョウにつなごうとの思いでシルビアシジミの生息地へと転戦。野焼きが実施されたあと、緑が復活してはいるがミヤコグサの数はきわめて少なく、強い風が吹きぬける土手斜面を飛ぶのはモンキチョウ。ブルーの薄いヤマトシジミのオス個体もみるが、肝心のシルビアシジミがいない。約100m弱の草地を往復しても出会えなく、少し離れた草地へと移動。あと10mも歩けばもはや生息地を離れてしまう、そんな瀬戸際でブルーが飛ぶ。見失わないようにそのランダム飛翔についていくと突然見えなくなる。路面に静止したのかとゆっくり近づいてよくよくみれば、ミヤコグサの花がポツンと咲いており、間違いなくシルビアシジミが花蜜を求めている。
171025-シルビア_ミヤコグサ1319.bmp
すぐに飛んで今度は路面で開翅してくれ、オス個体だとわかるがあまりいい絵にはならない。
171025-シルビア♂.bmp
近づきすぎて再び飛ばれ、今度はなんとカタバミの黄色い花で蜜を吸い始める。近藤さんの「兵庫県の蝶」に吸蜜植物の記録としてカタバミの記載があって筆者も一度は記録を撮っているが、二度目のチャンスを逃したくはない。ゆっくり撮影アングルをねらって動いたその瞬間、影を落としてしまって飛ばれてしまう。無念残念、なんという失態。一面に咲くツリガネニンジンを撮影して気を紛らせるが、
171025ツリガネニンジン.jpg
あきらめるわけにはいかず、再度シルビアシジミを探すと、先ほどの個体とは異なる新鮮個体が現れて、土手斜面から離れてカタバミの多い場所へと飛び移っていく。これは期待できるとついていくと、ずばりカタバミで吸蜜し始めてくれる。
171025-シルビア_カタバミ1323a.bmp171025-シルビア_カタバミ1323b.bmp171025-シルビア_カタバミ1323c.bmp
3枚目の記録ではっきりとストローを伸ばして蜜を吸っているのがわかる。
171025-シルビア_カタバミ1323飛翔.bmp
飛び立った瞬間の記録も静止画像としてみたが、あまりきれいな画像ではない。ミヤコグサにはモンキチョウも産卵するが、この日はウラナミシジミの母チョウも産卵をしており、
171025-ウラナキ産ミ卵1334.bmp
ツバメシジミの母チョウも産卵行動を見せたが、目の前で産卵をすることはなく、風に流された離れた葉上で休憩をしていた。
171025-ツバメ♀1332.bmp
この草地には、圧倒的に多いツリガネニンジンに混じって、秋を思わすリンドウと
171025リンドウ.jpg
イヌセンブリがポツンと咲いており、
171025-イヌセンブリ.bmp171025イヌセンブリ.jpg
ここまでやってくる道中の平荘湖では、ナンキンハゼの紅葉と、
171025ナンキンハゼ.jpg
大きなアケビの実が観察できた。
171025アケビ2.jpg171025アケビ1.jpg



posted by クジャクチョウ at 19:11| Comment(0) | 日記

ウラギンスジヒョウモンのお母さんに出会えた

 加古川河川敷からサイクリングロードをさかのぼって、例年キタテハに確実に出会える場所で昼食タイム。今年もきれいな秋型がいることを確認しながら妻が準備してくれた昼食のパンをかじっていたら、ツマグロキチョウらしき小型のキチョウが遠回りでしか入り込めない畑地で飛ぶ。食事を中断して急ぎ走るその途上、いきなり大きなヒョウモンチョウが飛び出してくる。ずいぶん翅の傷んだウラギンスジヒョウモン(絶滅危惧U類)のお母さんだ。
171025-ウラギンスジ♀1212.bmp171025-ウラギンスジ♀1215.bmp
実は、このキタテハと出会えるポイントは、6月と10月にウラギンスジヒョウモンが飛ぶ地域でもあり、今回も密かに期待をしていたわけで、うれしい出会いとなる。それにしてもここまで翅が傷んだ個体を見たことはなく、あちこちとたくさん産卵をして次世代へとつないでくれたものと思いたい。ツマグロキチョウらしき個体はどこに行ったのかわからず、このあと、気がかりな次のチョウとの出会いを求めて平荘湖を経由して走る。
posted by クジャクチョウ at 18:26| Comment(0) | 日記

加古川河川敷で蝶タイム

 台風21号の豪雨による増水で加古川河川敷も5-60cmほど冠水した痕跡がひろがる遊歩道をサイクリング。遊歩道沿いの植物はすべて河口側に向けて水平に倒れ込んでおり、カタバミ、スイバ(ギシギシ)、ノラニンジンなどは完全に水没していたわけで、ヤマトシジミ、ベニシジミ、キアゲハなどの幼虫がいたとしたらとても生き永らえなかったと思われる。元気なのはセイタカアワダチソウで、黄色い花ばかりが目立つ。背の高いセンダングサも凛として立っていて、モンキチョウのメス個体が吸蜜にやってきている。
171025-モンキ♀1005.bmp
171025-モンキ♀1005 (2).bmp
171025-モンキ♀1006.bmp
河原に近い部分で黒い影がチラリと見えたのでブッシュへと立ち入って確認すると、セイタカアワダチソウの蜜を求めるムラサキシジミがいる。
171025-ムラサキシジミ1009.bmp
171025-ムラサキシジミ1009b.bmp
飛び立つ瞬間の翅表の感じからオス個体だと思えるが、確定できるだけの記録になっていない。北風が強いためチョウは少なく、カワヤナギの周辺にコムラサキの姿も見られない。カナムグラの群生地も冠水の影響で植生に元気がなく、唯一セイタカアワダチソウを訪れたヒメアカタテハをみつけてズームアップでなんとか撮影。
171025-ヒメアカ1018.bmp
さらに上流側へと進むと風当たりが少ないセイタカアワダチソウとセンダングサが多くある場所でツマグロヒョウモンのオスが飛んでいる。県道側から見下ろせばウラナミシジミの飛翔もみられ、ブッシュ奥の葉上で翅の開閉を繰り返すキタテハもみえるので、土手斜面の下へと降りて接近。センダングサはほとんどが花でまだ種が少ないのを確認してブッシュ内へと踏み込んでまずは秋型のきれいなキタテハから。
171025-キタテハ1028.bmp
ツマグロヒョウモンのきれいなメス個体もやってきており、急いで撮影記録をとる。
171025-ツマグロ♀1035.bmp
忙しく飛び回るウラナミシジミがやっと止まったところに接近するとメス個体だ。
171025-ウラナミ♀1041.bmp
オス個体は土手斜面を飛び回って止まろうとせず、その飛翔個体に斜面の地肌で日向ぼっこを楽しんでいたベニシジミが絡んだりする。
171025-ベニ1044.bmp
このベニシジミは少し前にセンダングサで蜜を吸っていた個体だと思われる。
171025-ベニ1037.bmp
最初に目についたツマグロヒョウモンのオス個体はもっぱら土手のコンクリートブロック上でひなたぼっこをしていたが、ときどきセンダングサの花にもやってくる。
171025-ツマグロ♂1038.bmp
ブッシュ内に入り込めばチャバネセセリも多く、
171025-チャバネ1053.bmp
飛び続けていたキタキチョウがようやくセンダングサの花蜜を求めて静止したところをじっくりと記録。
171025-キタキ1057.bmp
観察できるチョウのすべてを撮影記録するつもりだが、モンシロチョウは河川敷から離れたサイクリング道路の途中でようやくまともな吸蜜シーンを記録できる。
171025-モンシロ1111.bmp
人家のそばを走ると、ヤマトシジミの低温期型メス個体が飛んでいるので立ち止まって撮影。
171025-ヤマト♀1116.bmp
イシガケチョウの幼虫がいた場所にはきれいなコクサギの花が咲いており、
171025コクサギ0.jpg171025コクサギ.jpg
路傍のセイタカアワダチソウに夏眠明けのテングチョウが多くみられる。
171025-テング1138.bmp171025-テング1138b.bmp
サイクリングロードから外れたコース奥に何かがいそうな予感がして入ってみると、テングチョウが飛び交う以外にウラギンシジミがいて、みごとなV字開翅姿勢をとってくれる。
171025-ウラギン♂1145a.bmp
そして毎年夏型の時期と秋型の時期、ここに来れば必ずキタテハがみられる場所で、案の定セイタカアワダチソウで吸蜜中のキタテハをみやりながら昼食タイムとする。
171025-キタテハ1220.bmp
食事の途中で奥の畑地にツマグロキチョウらしき姿がみえるので、食事を中断して確認のために走ると、その途中でもしかしたら、と期待していた絶滅危惧U類の希少チョウが飛ぶ(項をあらためて記載)。次いで、ヤマトシジミのオスが開翅姿勢でモデルとなってくれる。
171025-ヤmト♂1214.bmp
なお、加古川河川敷に数か所あるマラソンコースの距離を示す頑丈な標識が河口側に向かう急流の勢いで倒れていて、冠水時の流れの勢いがいかに強力であったかを知らしめている。1枚目の記録は時刻表を調べて待っていたわけではなく、偶然鉄橋を智頭急行が渡ってきたもの。
171025-21爪痕1.bmp
171025爪痕2.JPG
また、コムラサキの発生樹であるカワヤナギの大木がある周辺は、遊歩道に流れ込んだ汚泥が乾ききらずに残っており、同様の光景が複数個所残っている。
171025爪痕.JPG
河川敷を走り始めてすぐに目に飛び込んだのは、兵庫県による県道沿い1m幅の除草作業が始まっている状況で、
171025-土手除草.bmp
帰路に確認した14時半現在、ジャコウアゲハの生息地まではまだ作業が届いていなかった。







posted by クジャクチョウ at 18:13| Comment(0) | 日記

2017年10月23日

オオムラサキが正常蛹化

 年内に5令以上にまで成育してしまったオオムラサキの幼虫が、やっと正常な蛹になってくれている。
171023Pupa1.jpg
171023Pupa2.jpg
残る終令幼虫は1個体だけで、こちらも無事に蛹化してくれるといいのだが。
171023終令.jpg
気温などの条件が厳しすぎるのか、これまでに、蛹化したものの不全体で尾端の糸架けも十分でなくて墜落死したり、前蛹化に至るまでに弱って動けなくなったり、蛹化段階で脱皮が不十分のままやはり墜落するなど、終令幼虫にまで育ちながら不幸な結末となった個体が哀れ。
171023不全個体.jpg
posted by クジャクチョウ at 19:22| Comment(0) | 日記

2017年10月19日

ミヤマカラスアゲハ♂が羽化

 ミヤマカラスアゲハのオスが羽化した。
171019-ミヤマ♂.BMP
幼虫を提供して下さった京都の吉田さんから、緑色の蛹は年内に羽化する可能性がある、とのアドバイスがあって注意をしていたが、本日(Oct. 19, 2017)の午前11時半頃、すっかり体全体が黒くなっている蛹に気づき、急ぎ撮影準備を整える。腹節部も幾分広がって11時41分頃から約4-6秒間隔でピクリと動くので、
171019-1141.bmp
羽化の瞬間が近いと考えて注視するが、ピクリと動く間隔が長くなったりして待てど暮らせどなかなか羽化しなく、なんと14時19分過ぎになってようやく体をくねらせ始め、やがて待望のひび割れが入る。耐え続けた時間は実に2時間半。
171019-141920.bmp
そのあとは順調に事が進んで、2分もかからずに体全体が蛹からすり抜ける。
171019-142030.bmp171019-142048.bmp
翅が伸びる間に少しずつ翅を開閉し始め裏面の模様だけはくっきりと記録できるが、
171019-1430.bmp
翅表の美しい鱗粉の輝きは少ししか見せてくれない。
171019-1429.bmp
翅全体が伸びきるのに10分ほどを要し、
171019-1432.bmp171019-1449.bmp
気温が上がらないため飛ぶ気配がないまま放置して21時過ぎに確認すると、ありがたいことに翅全開の姿勢で休んでいる。これはまたとないチャンスだと、またもや急ぎ撮影準備を整えて美しい開翅記録を撮る。
171019-2114.bmp
冒頭の記録はSONY:HDR-CX170でアンテナまで入る姿にこだわったもので、少し違うアングルの記録も追加しておく。
171019-ミヤマカラス♂.BMP
ちなみに最近のビデオ撮影はSONY: HDR-CX485を使用。レンズはいずれもCarl Zeiss だが撮影できる範囲に微妙な差がある。


posted by クジャクチョウ at 23:37| Comment(0) | 日記

2017年10月17日

ゴマダラチョウが羽化

 雨が降る寒い朝、ゴマダラチョウ Hestina persimilis が羽化した。
171016-ゴマダラ羽化830.bmp
ゴマダラチョウは蛹にあまり色の変化がでないうちにあっという間に羽化するという印象が強いが、今回は前日の夕刻に翅部分が黒ずんでいて早朝の羽化が予測できた。6時ごろに目覚めてすぐに確認するとまだ羽化していなく、急いで撮影準備を整えて羽化の瞬間を待った。以下、羽化の変化記録を示す。
171016-ゴマダラ羽化750.bmp
口吻部分にひび割れが走って羽化が始まるが、その前に腹節部の幅が広がってきている。
171016-ゴマダラ羽化814.bmp171016-羽化01.bmp171016-羽化02.bmp171016-ゴマダラ羽化829.bmp
翅が完全に伸びる前から間歇的な開閉を繰り返し、最初の画像のように、生きていくための大切な器官となる黄色い口吻の機能チェックも繰り返す。
posted by クジャクチョウ at 07:30| Comment(0) | 日記

2017年10月15日

キアゲハ:親蛹、子蛹、孫蛹

 親蛹の背中に子蛹がついて、さらにその背中で蛹化した孫蛹までしっかりと記録を撮ったが、
171015_3pupae.jpg
羽化の順番も蛹化したタイミング順に、親、子、孫の順となるはずで、果たして羽化の瞬間に背中部分の重みに耐えて脱出ができるかどうか、このままで見守ることにする。といいながら、この状態で蛹化場所を探して徘徊する新たな終令幼虫を追加した場合、さらに4階建てをもくろむ個体が現れないとも言い切れなく、3個の状態で親蛹の固定糸を外してどこかに3個ごと移すべきかどうか悩ましい。なお、2階建ての蛹もそのままにしてあり、
171015_2pupae.jpg
ここが再び3階建てとなる可能性も否定できない。
posted by クジャクチョウ at 12:18| Comment(0) | 日記