2017年10月30日

ウラギンスジヒョウモンの野外自然産卵

 10月26日に出会ったウラギンスジヒョウモンのお母さんと感激の再会ができ、セイタカアワダチソウの花蜜を楽しむ様子をたっぷりと撮影させてくれたあと、ちょっと目をはなした間にすがたが見えなくなる。あそこまで翅が傷んだお母さんに産卵を期待するのは無理だろうなと早めの昼食タイムとし、足元にめにつくスミレ類で葉っぱの表裏や茎までしらべてみるが卵は見つけられない。少し範囲を広げて調べようと足を踏み出したそのとき、いつの間に現れたのか明らかに産卵場所を探す動きを見せる先ほどのお母さんが目の前に。すぐにビデオカメラをONとしてその動きを追う。
171030-産卵00.bmp171030-産卵0.bmp171030-産卵01.bmp171030-産卵02.bmp171030-産卵03.bmp
お尻をまげて確かに産卵をした場面をVideo記録から静止画像として切りとったのが上の5場面だが、
171030-休憩.bmp
休憩し始めた記録を撮ってから産卵の確認をしようと思って探しても、その場所が特定できない。それほど広い範囲ではないというのに産みつけた直後に見ない限り、卵の発見は容易ではない。
本日の他の記録は以下の通り。
171030-モンシロ♂.bmp171030-ヒメアカ.bmp171030-ベニ1116.bmp171030-ヤマト♂0.bmp171030-ヤマト♂01.bmp171030-ウラギンスジ♀1200.bmp171030-ヤマト♀.bmp
posted by クジャクチョウ at 17:22| Comment(0) | 日記

2017年10月17日

ゴマダラチョウが羽化

 雨が降る寒い朝、ゴマダラチョウ Hestina persimilis が羽化した。
171016-ゴマダラ羽化830.bmp
ゴマダラチョウは蛹にあまり色の変化がでないうちにあっという間に羽化するという印象が強いが、今回は前日の夕刻に翅部分が黒ずんでいて早朝の羽化が予測できた。6時ごろに目覚めてすぐに確認するとまだ羽化していなく、急いで撮影準備を整えて羽化の瞬間を待った。以下、羽化の変化記録を示す。
171016-ゴマダラ羽化750.bmp
口吻部分にひび割れが走って羽化が始まるが、その前に腹節部の幅が広がってきている。
171016-ゴマダラ羽化814.bmp171016-羽化01.bmp171016-羽化02.bmp171016-ゴマダラ羽化829.bmp
翅が完全に伸びる前から間歇的な開閉を繰り返し、最初の画像のように、生きていくための大切な器官となる黄色い口吻の機能チェックも繰り返す。
posted by クジャクチョウ at 07:30| Comment(0) | 日記