2017年10月09日

キタテハは秋型がきれい

 秋空がぬけるように青い午後、キタテハの秋型がでていそうな予感がして本日二度目のサイクリング。カナムグラが群生するポイントに到着すると、セイタカアワダチソウがほどよく開花していてキタテハが飛び交っていてもよさそうなのにその姿はなく、まだ発生していないのかと引き返す。メドハギのある路傍で新鮮なツバメシジミのメスが後翅のきれいな赤い紋をみせながら日向ぼっこをしているのでその撮影記録をとろうとするも、敏感に逃げ回る。ブッシュの奥まで追いかけたそのとき、葉陰で休んでいたのか出会いがかなわないと諦めたキタテハが飛び出てくる。オレンジが濃い秋型だ。急ぎターゲットを変更してその飛翔を追う。幸いすぐ近くのヨモギの葉に止まってくれて、ゆっくりと翅の開閉を繰り返す様子をビデオ撮影記録でき、目的を達成。
171009-キタテハ1542a.bmp171009-キタテハ1542b.bmp
あらためてツバメシジミを探すと、メドハギに執着しているメス個体だとわかるが産卵する気配はなく、V字開翅してくれるまで粘ってみる。後翅の濃いオレンジ紋がきれいだが、
171009-ツバメ1547.bmp
太陽光線に翅が透けた違う味わいの色調も記録できている。
171009-ツバメ1547b.bmp171009-ツバメ1547c.bmp
午後の河川敷で、秋型のキタテハに出会うまでに観察記録できた自然は以下の通り。川べりにはまだ咲き終わらないマンジュシャゲの赤が目立ち、
171009曼殊沙華.jpg
朝とは異なる場所でノラニンジンの花が咲いているのに気づいて撮影記録を撮ると、
171009ノラニンジン花.jpg
葉が食い尽くされた茎がめにつくので根元を確認すると案の定キアゲハの終令幼虫が潜んでいる。
171009キアゲハ終令幼虫3.jpg
キク科の同定に自信がもてないが、ノコンギクと思われるウスムラサキの花芯にストローをのばして夢中に蜜を吸うベニシジミをじっくりと撮影。
171009-ベニ1521.bmp
「どのようなポーズがいいい?」といわんばかりに体をくるりと回転させてくれたり
171009-ベニ1522.bmp
一度飛び上がってまた戻るという、飛翔モードまでみせてくれる。
171009-ベニ71523.bmp171009-ベニ71523a.bmp171009-ベニ71523b.bmp171009-ベニ71523c.bmp
すぐ隣のアレチノハナガサには新鮮なヒメアカタテハがやってきて忙しく吸蜜してから飛び去る。
171009-ヒメアカ1526.bmp
路傍のヨモギにはヒメアカタテハの営巣が目につき、少しだけ巣を空けると小さな幼虫に「やめて!」と怒られる。
171009ヒメアカ巣.jpg
このススキの穂と一緒に撮ればさぞかしいい絵になっただろうと思わせる銀色の穂が青空に映え、
171009銀穂.jpg
自転車をとめた方向をながめても秋の気配がいっぱいに感じられる。
171009銀穂2.jpg


posted by クジャクチョウ at 18:48| Comment(0) | 日記

朝の加古川河川敷で

 加古川河川敷のノラニンジンにつくキアゲハの幼虫を持ち帰って飼育しているが、幼虫の食欲が増して乏しくなったノラニンジンを追加調達する目的で朝のサイクリング。何かいればとビデオカメラを持参していると、幸先よく朝日を受けて体温をあげているヤマトシジミが記録できる。
171009-ヤマト723.bmp
171009-ヤマト750.bmp171009-ヤマト753.bmp
土手斜面のススキの仲間の穂先で夜を明かしたとみえるモンキチョウを記録しようと近づくと、意外にすでに目覚めていたようで敏感に逃げ回る。
171009-モンキ742.bmp171009-モンキ744.bmp171009-モンキ754.bmp
モンキチョウを追いかけているあいだにベニシジミも飛び出すが、フォーカスがうまく合わない。
171009-ベニ738.bmp
ウラナミシジミも飛び出してきたが、静止場所へと近づくまでに飛び去られていなくなる。早起きのチャバネセセリが追飛翔を繰り返したあと、近くですぐにV字開翅をしてくれるが、このチョウもとても敏感で撮影をさせてはくれない。主目的のノラニンジンは、背の高い枯れ穂を目印として、
171009ノラニンジン枯れ穂.jpg
その根元周りをさがせば容易に見つけられ、今朝は新たに幼虫3個体にも出会い、まさに「早起きは3頭の得」。
171009ノラニンジン幼虫.jpg
モンキチョウを追いかけまわした土手からは、ススキ属の花穂の間に残月がくっきりと見えるが、カメラのファインダー内で明瞭にキャッチするのが難しく、好ましい構図を構成できない。
171009-朝月745.bmp
posted by クジャクチョウ at 11:20| Comment(0) | 日記

メスグロヒョウモンがやってきたのに

 午後のテニスタイムにビデオカメラをもたずに出かけたら、ナデシコ花壇にヒョウモンチョウの飛翔を見る。ツマグロヒョウモンでないことがわかり、花に止まってくれるまで待つと、ミドリヒョウモンにも見えたがよくみれば何と高砂市内では自身初記録となるメスグロヒョウモンの♂。その記録をしっかりと脳裏に刻み、試合の待ち時間にカメラをとりに戻って再来を期待したが、結局記録できたのはツマグロヒョウモン♀とヤマトシジミ♂、そしてチャバネセセリの3種だけ。
171008-ツマグロ1419.bmp171008-ツマグロ1419_1.bmp171008-ツマグロ1419a.bmp
ヤマトシジミはメスを探し続ける飛翔個体を粘り強く追い続け、ようやくウバメガシの葉上で休憩に入ったところに近づくと、翅表全開の大サービス。
171008-ヤマト1516.bmp
チャバネセセリもナデシコの花蜜を楽しんだ後の休憩個体が少しだけ開翅してくれるのを記録。
171008-チャバネ1519.bmp
この日は、テニスコート横を滑空していくルリタテハ、公園の松林の空隙を舞うモンシロチョウとアカタテハ、ナデシコの蜜を求めるツマグロヒョウモン♂、ウバメガシの垣根沿いを何度も往復するアゲハとアオスジアゲハなどをみるが、撮影記録はとれず。
posted by クジャクチョウ at 10:41| Comment(0) | 日記