2018年04月29日

ギフチョウの産卵調査

「加古川の里山・ギフチョウ・ネット」の年間活動の一つであるギフチョウの産卵調査に参加。男性6名、女性3名でヒメカンアオイの自生地5箇所に踏み込んで、自分がギフチョウの母チョウだったらどこに産みつけるかな、などと想像力を働かせながらヒメカンアオイの葉っぱを1枚ずつ裏返して調べていく。
180429_0.jpg180429_1.jpg180429_2.jpg
調査経験を積み重ねたメンバーは、母チョウが葉っぱの潤沢な株ではなく、ポツンと離れた位置の葉裏に産みつけている場合が多く、葉っぱが多い株の場合では、葉っぱが密生する中央部ではなくもっぱら端っこの葉裏が選択されることも知っている。葉っぱが少ない独立した株への産卵が多いことについては、孵化した幼虫群に当初の葉を食い尽くしたあと、次の食事処までの移動が必須だという試練を与え、強い幼虫だけが生き残れるように企てているように思える。この日の調査では、危険なマムシと出会うことはなく、3箇所で想定した数の産卵を確認できた。時には、一度産卵された葉裏に、同じ母チョウなのか別個体なのかはわからないが二度目の産卵がされたことを示す例も見られる。
180429_eggs2.jpg
わずかに2個だけという産卵例は、産卵中の母チョウが驚いて飛び立たねばならなかった何かのアクシデントがあったのではないかと想像したくなる。
180429_egg2.jpg
本日は1枚の葉裏に6-11卵という産卵が平均的で、
180429_eggs1.jpg
すでに孵化した初令幼虫も観察できた。
180429_larva.jpg
なお、ヒメカンアオイが多い林床では葉表の模様が異なる3種のヒメカンアオイが観察でき、葉表が同じでも裏が紫色の株があったりするが、
180429_ヒメカン0.jpg180429_ヒメカン1.jpg180429_ヒメカン2c.jpg
3枚目の記録にはクモの一種が写り込み、幼虫となって以降の天敵になるかもしれない。ギフチョウの母チョウがいずれのタイプを好むかは調査できていなく、葉裏が紫色系統の株に産卵された事例はないように思う。今回の産卵調査の途中では、うすぐらい雑木林を華やかに見せてくれるヤマツツジがまだ咲いているのにカメラを向け、
180429_ヤマツツジ.jpg
ツクバネウツギの花も目の保養となったが写真記録はとらないまま。ミヤコグサが群生する場所ではシルビアシジミの継続発生が観察でき、山道のひだまりを飛ぶコミスジ、林床の枯葉の間に身を潜めるクロコノマチョウやオオトモエガ、雑木林を出た麦畑傍ではツマグロヒョウモンのオスのテリ張り、ツバメシジミ、ヒメウラナミジャノメ、サトキマダラヒカゲ、越冬明けのルリタテハにも出会えたが、撮影記録がとれたのは望遠モードでとらえた遠い位置の樹肌にとまるサトキマダラヒカゲだけ。
180429_サトキマ0.jpg
posted by クジャクチョウ at 20:30| Comment(0) | 日記

2018年04月26日

高砂市のシルビアシジミ生息新産地はヤマトシジミも混生

4月20日に発見した高砂市のシルビアシジミ新産地を、シルビアシジミの母蝶による産卵行動を確認する目的で再訪問。現地へと向かう途上の急な坂道路傍にはヒメウラナミジャノメが多く飛び、カラスノエンドウが咲く草むらには、翅を開いて日光浴をしているツバメシジミのきれいなメス個体が観察できる。
vs180426-001.BMP
姫路の医王寺でボタン鑑賞のあと、ビデオ撮影記録に失敗したサトキマダラヒカゲが元気に飛ぶ疎林で、幹に止まるまで待ってリベンジ記録を撮る。
180426-002.bmp180426-004.bmp
ミヤコグサが咲く草むらに出て目的のシルビアシジミを探す。路面近くでじっとしている個体が、近くをベニシジミが飛ぶのにつられて飛び出してくるのですぐにその飛翔についていく。翅表に青い鱗粉が発達しているメス個体だとわかるが、なかなか産卵行動を示さない。
180426-1007.BMP
180426-1007a.BMP
ミヤコグサの花も記録しておこうと、
vs180426-014.BMP
場所を変えると別のメス個体が飛んでおり、ミヤコグサの葉のあいだに潜り込む動きは間違いなく産卵目的の行動なので、遠目からビデオONとして近づいていく。
180426-1010産卵.bmp
180426-産卵.bmp
肝心の産卵の瞬間記録はうまく撮れなかったが、証拠記録は確実に残せたのでよしとする。オス個体の草地表面をなめるような飛翔は明らかに交尾相手を探して飛び回る探雌飛翔で、その途中で日向ぼっこをしているオス個体の近くを飛ぶと、いきなり絡み飛翔が展開する。その絡みが解ける時点でブルーが濃い新鮮個体に注目して追いかけると、シロツメクサで吸蜜し始める。
180426-1019シロツメクサ吸蜜.bmp
「兵庫県の蝶」(2007)にはすでに吸蜜植物として記載されている対象だが、筆者にとっては初めての吸蜜シーンなのでじっくりと撮影記録をとる。次いで別のオス個体がカンサイタンポポで吸蜜するシーンに出会う。
180426-1029タンポポ吸蜜.bmp
この花での吸蜜記録はすでに「きべりはむし」に投稿済みだが、何度も出会えるシーンではないのでしっかりフォーカス合わせをして撮影記録をとっておく。メス個体がカンサイタンポポにとまる場面もみたが、吸蜜目的ではなく花びらの上で休息しただけ。
180426-1033.BMP
 なお、このシルビアシジミの生息新発見地はカタバミの黄色い花も咲いていて、実際、翅表ブルーの色調が白いシジミチョウを追ってみるとヤマトシジミであり、
180426-ヤマト混生.bmp
加古川市の一部の生息地と同じ両種の混生地となっていることが確認できた。その後もメス個体の観察を続けたが産卵行動は見られず。
180426-1108.BMP180426-1111.BMP
 シルビアシジミ観察の合間にはツツジの蜜を求めるキアゲハに気づいて走り寄るも証拠記録ていどの撮影タイミングだけで飛び去られ、
vs180426-025.BMP
カンサイタンポポで吸蜜するツマグロヒョウモンのオス個体や、
vs180426-027.BMP
翅表のベニ色が美しいベニシジミの新鮮個体にもカメラを向ける。
vs180426-020.BMP
シルビアシジミはミヤコグサと混生するニワゼキショウの白い花に立ち寄るような接近飛翔をみせたが結局は素通りし、数少ないヒナギキョウにもここでは関心がないようで、
vs180426-013.BMP
vs180426-032.BMP
風に揺れるマツバウンランのウスムラサキの花も吸蜜対象となることはなかった。
posted by クジャクチョウ at 16:45| Comment(0) | 日記

2018年04月21日

春山:黒岩山に登ればチョウに会える

 昨2017年は4月14,22、5月2日の三度通った加古川の黒岩山(標高132m)に今年初めて登る。急峻な岩だらけの狭い登山道は、週一のテニスや日々のウォーキングを継続している身にも相当にきつい。15分を要してたどり着いた尾根筋はコバノミツバツツジが咲き終わってヤマツツジが少し残る状況で、その平坦な尾根道を進めば、アゲハ、キアゲハ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモンが忙しい絡み合い飛翔をみせながら飛び交い、ときおり、クロ系のクロアゲハとカラスアゲハが蝶道を形成して飛び抜けていくが、ヒオドシチョウの姿がみられないのが寂しい。
180421-クロアゲハ.bmp
ネジキの新芽に産卵をして回るコツバメの動きを追って記録をとる。
180421-コツバメ00.bmp180421-コツバメ産卵0.bmp180421-コツバメ産卵01.bmp
昨年も滲み出していたウバメガシの樹液を求めるサトキマダラヒカゲが新鮮で美しい。
180421-サトキマ0.bmp180421-サトキマ1.bmp
ルリタテハもやってきているが、近づくと敏感に樹液を離れて近くの岩場や路面に移動して静かに翅の開閉を繰り返す。
180421-ルリタテハ2.bmp
180421-ルリタテハ0.bmp
この岩場は大きな1枚岩から成っていて、下から上がる際には急斜面の岩壁で安定な足場を探しながら慎重に進むこととなるため、昨年の加古川市主催「チョウ観察会」の登山ルート下見で、子どもたちには危険すぎると断念した経緯がある。
180421岩壁.jpg
ところが、この日は幼い子供二人を連れた父親とおじいさんの家族がこの岩壁ルートを使って登ってきて昼食タイムを楽しんでいる光景に驚かされ、断りを入れて眼下に加古川市街を望みながら休憩をしている風景を記録させてもらう。
180421-家族.bmp
樹液にチョウが集まるウバメガシのある場所から北西側の市街を見下ろせるところにはきれいな裏面の銀紋を光らせながらツマグロヒョウモンのオスがテリ張りをしている。
180421-ツマグロH1.bmp
180421-ツマグロH2.bmp
アゲハチョウなどが飛び交う尾根道へともどると、ふたたびコツバメが飛ぶ。先程産卵していたメス個体だと思われ、飛び立つたびに翅表のブルーがキラリと輝いて美しいが、その状況を記録するのは容易ではない。
180421-コツバメ翅表0.bmp
180421-コツバメ翅表.bmp
複数のチョウが絡み合いを展開する明るい空間のある場所では、アオスジアゲハが休むことなく旋回飛翔を繰り返し、そこにアゲハ、キアゲハ、ツマグロヒョウモン、ときにはクマバチなどがスクランブル飛翔をしかける。
180421-アゲハ飛翔.bmp180421飛翔1.bmp
小さなミヤマセセリのオスが絡むこともあり、キアゲハやツマグロヒョウモンは疲れやすいのかすぐに木々の先端部で休憩する。
180421-ツマグロH0.bmp180421-キアゲハ0.bmp180421-キアゲハ1.bmp
稀に木陰となった岩の上で休憩する個体も見るが、春型はとても美しい。
180421キアゲハ.jpg
ルリシジミが梢部分をなめるように飛び、キタキチョウがハギ類のある路傍をランダム飛翔で飛び遊ぶ様子を眺めながら、急峻な岩道を下る。
posted by クジャクチョウ at 20:35| Comment(0) | 日記

2018年04月20日

高砂市内でシルビアシジミを初観察

高砂市内で新たにミヤコグサの群生地が確認でき、シルビアシジミが生息しているかどうかの調査にいってみる。気温が20℃を超える温かい昼前の時間帯、キタキチョウ、モンシロチョウ、アゲハなどの飛翔を見るが、いくらか風が吹きつけるためベニシジミが飛ぶ草むらにブルーのシジミチョウはなかなか見つからない。できる限り風当たりが少ない草むらで粘ると、やっとヤマトシジミよりは明らかに青が濃いブルーのシジミチョウが飛び始める。なかなか止まってくれない飛翔についていくと、偶然路面近くにいたらしいメス個体が飛び出して2頭の絡み合いが展開する。やがて両者がおちついたところでビデオカメラをONとしてゆっくりと接近し、メス個体の裏面模様からまちがいなくシルビアシジミだと確認。オスの翅表の濃いブルーもシルビアシジミの特徴を示している。
180420シルビアP0.bmp180420シルビアP1.bmp
さらに観察を続け、タンポポの花で吸蜜し始めるオス個体と、甘いフォーカスとなってしまったが陽光に翅を広げるメス個体を再確認記録する。
180420-シルビア1214.bmp180420-シルビア1220.bmp
広畑・近藤による「兵庫県の蝶」にある過去の記録欄には高砂市相生橋付近の例があるだけでこの産地名はなく、もしかしたら新たな生息地の発見かもしれない。
 このあと加古川市の生息地にも立ち寄って、少しずつ開花し始めたミヤコグサの周辺でメス1個体、オス2個体を確認して撮影記録をとっておく。
180420-シルビア1558.bmp
180420-シルビア1600b.bmp180420-シルビア1600.bmp
複数のモンキチョウも飛び交い、ニガナで吸蜜し始めるメス個体が逆光に映える。
180420-モンキ1602.bmp
posted by クジャクチョウ at 19:18| Comment(0) | 日記

予期せぬタイミングでオオルリを観察

チョウ観察目的で訪れた高砂市内の某所で、思いがけずオオルリを観察。本来の目的であるチョウの撮影記録をとっている筆者のもとへ「そんなことをしている場合じゃないみたいよ、オオルリという鳥がきているようで、すごい望遠レンズをつけたカメラマンが何人か集まってる」と妻が呼びに来る。ここでオオルリが観察できるという話は聞いたことがあり驚くことではないが、目的のチョウの撮影記録が取れた直後でもあり、すぐにその場所へと駆けつける。カメラマンのレンズがみんな同じ方向に向けられており、近づいていくとカメラマンの一人が「あそこに」と親切に指さしてオオルリが止まっている枝を教えてくれる。時折木漏れ日がオオルリの体を照らすタイミングがあって、ルリ色がはっきりと認識できる。
180420オオルリ00.bmp180420-オオルリ12.bmp
オオルリとは青森の十二湖:青池で出会ったことがあるだけで、このような近場で本日出会えるとは想定外の嬉しいハプニング。オオルリは止まる場所を少しずつ変えて「お腹は白いんだよ」とこちらを向いてくれたりするが、
180420-オオルリ13bmp.bmp
背景が枝葉の入り組んだ位置に止まることが多くて、美しいルリ色も薄れてしまうけれども、
180420オオルリ1207.bmp180420オオルリ1207a.bmp180420オオルリ1209.bmp
ビデオカメラのズームアップ限界までの記録が取れてラッキー。
目的のチョウ以外では咲き始めたツツジの花を訪れたナガサキアゲハと、まだ見頃が続く八重桜を記録して退散。
180420-ナガサキ1.bmpDSC01470.JPG
posted by クジャクチョウ at 19:10| Comment(0) | 日記

2018年04月19日

ジャコウアゲハの産卵を確認

ジャコウアゲハの生息地の状況が気になって訪問。児童公園の草むらにエンジン草刈り機が入っていて、タンポポなどの吸蜜源が刈り込まれるのは残念だな、と作業の進行を眺めていたら、フェンス際のカラスノエンドウにやってきているジャコウアゲハが目に入る。
180419-ジャコウ.bmp
新鮮なメス個体で、ここらのどこかで無事に越冬できた蛹からの羽化個体と思われる。この個体から目を離さないように追い続けるとウマノスズクサが生育し始めている土手側へと飛んでくれる。あきらかに土手斜面で産卵場所を探すような飛翔なので、驚かさない程度につきまとうと、やがて産卵し始める。
180419-ジャコウ産卵0.bmp
180419-ジャコウ産卵1.bmp
撮影角度を変えて尾端から押し出される卵の状況と、母チョウが飛び去ったあとカメラを地面において産卵された卵の状態を撮影記録。
180419-ジャコウ卵0.bmp
このメス個体を追いかけている途上、草むらのどこかで休憩をしていたらしいオス個体も飛び出してくるが記録は取れず。母チョウはさらに地面から少ししか生育していないきわめて小さな株にも産卵。
180419-ジャコウ産卵953.bmp
180419-ジャコウ卵1.bmp
同じ母チョウの二度に渡る産卵シーンを記録できたので帰ろうかと歩きはじめた前方に新たなメスの飛翔がみえ、急ぎその個体の産卵シーンをねらう。ふわりふわりと土手斜面を飛ぶその飛翔は、やはり産卵場所をどこにしようかと探るもので、やがてウマノスズクサへと落ち着く。
180419-ジャコウ産卵2.bmp
すでにあちこちと産卵をしてきたのか、1個、2個、3個とゆっくり時間をかけた産卵で、3個目の産卵を終えるとそのまま休憩しはじめる。それでは、と退散し始めるといきなり飛び立ってカラスノエンドウで点々と吸蜜してまわる。やはり産卵という作業にはかなりのエネルギーを必要とするのにちがいない。
180419-ジャコウ吸蜜.bmp
緑の草むらにブルーを輝かせるシジミチョウを追ってみると、路面で日向ぼっこ態勢をとる時点でツバメシジミだとわかるが、右前翅などがもういくらか破損している。ついでアゲハチョウが現れ、
180419ツバメ.bmp180419アゲハ1004.bmp180419アゲハ.bmp
菜の花からキンギョソウだろうかピンクの濃い花へと転飛して吸蜜する。メス個体で後翅裏面の明るいオレンジ系統の鱗粉色が素晴らしくきれいだ。この吸蜜光景をビデオ撮影記録して観察を終了。
posted by クジャクチョウ at 11:55| Comment(0) | 日記

2018年04月17日

ギフチョウの産卵シーンには出会えなかったが

 4月7日のギフチョウ観察会は午前中に現地を離れたが、午後まで観察を続けた蝶仲間は母蝶の産卵シーンも観察できたとのことで、まだ期待できるだろうと気温が19℃にはなるという天気予報を信じて曇り空のもと雑木林へと入る。人気がまったくない雑木林は静寂そのものでギフチョウは飛ばない。せっかくだからとヒメカンアオイの葉をめくって産卵状況を調べること約30分。産卵された葉っぱを6か所でみつけたが、
180417egg0.jpg180417egg01.jpg
あいかわらずヒメカンアオイの大きな株にはほとんど産みつけていなくて、ポツンと離れた葉っぱへの産卵が多い。
180417egg03.jpg180417egg003.jpg
産卵数が4個だけという例も見られたが、
180417egg1.jpg
殆どが10個近い個数の産卵であった。
180417egg2.jpg
180417egg4.jpg
180417egg05.jpg
産卵調査の間に観察できたチョウはミヤマセセリ1個体だけ。すっかり数が少なくなったトキワイカリソウの撮影記録をとって
180417トキワイカリソウ.bmp180417トキワイカリソウ01.jpg
雑木林を出た路傍では、ひと目で不完全羽化の状態だとわかる、飛び立つことがかなわない可愛そうなサトキマダラヒカゲの姿をみる。
180417サトキマダラヒカゲ0.bmp
posted by クジャクチョウ at 19:36| Comment(0) | 日記

2018年04月14日

スミナガシが羽化

 京都の吉田さんからいただいたスミナガシの越冬蛹に羽化兆候が見られたが、ちょうど第2回ギフチョウ観察会と重なってしまい、羽化の瞬間を撮影記録ができないのは承知で、吹き流し内に移しておいた。観察会から戻ると、案の定きれいな羽化個体が蛹に足をかけて静止していた。
180414スミナガシ0.bmp180414スミナガシ1.bmp180414スミナガシ2.bmp
posted by クジャクチョウ at 20:32| Comment(0) | 日記

第2回ギフチョウ観察会

 天気予報ではべた曇りだと思われたが、朝早くから明るい陽射しがみられ、現地到着の9時半頃から徐々に気温も上がるとギフチョウが飛び始める。サクラの花はすでになく、草原に多いマスミレで求蜜する動きもみせず、ひたすらここぞと決めた陽だまりを行ったり来たり。つかれると路面の落ち葉や枯草上にベタリという感じで羽を広げてとまり、翅表のすべてをみせてくれるけれどあまりいい絵にはならない。
180414ギフ933.bmp
180414ギフ944.bmp
稀にタンポポの黄色い花に止まったりするが蜜を吸う気配はなく、ただ休息しているだけ。そこに別のギフチョウが現れるとすぐに飛び立って絡み合い飛翔が展開する。
180414ギフ952.bmp
ギフチョウのほかにはこの春初撮影となるヒメウラナミジャノメが金色鱗粉を輝かせ、
180414ヒメJ923.bmp
キアゲハ、アゲハ、ベニシジミ、ミヤマセセリなども観察。
180414ミヤマセセリ941.bmp
植物ではツクバキンモンソウが草むらに埋もれながら花を咲かせており、同行の友人に知らせてやる。
180414ツクバキンモンソウ.jpg
1時間弱の滞在でギフチョウは3個体をみたが、やがて風がつよく吹き始めたため退散。
 次に風の影響が少ない雑木林の谷筋へと踏み込んでみる。ブッシュをかきわけて進む過程でクロコノマチョウが驚いて飛び立ち、倒木しながらも新芽を出してふんばるコナラの回りを飛び交うミヤマセセリを見るが、雑木林内に咲くコバノミツバツツジを訪れるはずのギフチョウは飛ばない。
180414権現コナラ.jpg
180414権現雑木林0.jpg
180414権現雑木林1.jpg
ヤマツツジの花の色が林内でひときわ映えて見えるが、同行の友人たちは気にもせずに次の観察地へと急ぐ様子。
180414ヤマツツジ0.jpg180414ヤマツツジ.jpg
この雑木林出入り口では越冬明けのルリタテハが美しいルリ帯を陽光に輝かせて見せてくれた。
180414ルリタテハ.bmp
さらに別の谷筋奥へと入ると、コバノミツバツツジのあるひだまりを飛ぶギフチョウが1個体だけ観察できる。ウツギの木が複数ある環境ではトラフシジミが頻度高く飛び、ときには路面で半開翅までのサービスをしてくれ、倒木から剥がれ落ちた白っぽい木片にミヤマセセリの美麗メスが翅全開のすばらしい光景を見せてくれたりもしたが、実は、現地では気づかなったビデオカメラの作動不良が起きていて、トラフシジミ以降の絶妙シーンが全く記録できていなく、わずかにミヤマセセリが全開翅を解いて飛び立つ少し前の様子をデジカメで撮った記録が残るのみでとても残念。
180414ミヤマメス.jpg
posted by クジャクチョウ at 20:18| Comment(0) | 日記

2018年04月13日

高砂市曽根:日笠山の春

高砂市曽根の日笠山で遅ればせの春を楽しむ。桜は八重桜がまだ見頃で、
180413八重桜0.jpg
180413八重桜1455.bmp
眼下には播磨灘も。
180413八重桜1546.bmp
草むら斜面ではこの春初撮影となるベニシジミが日向ぼっこをしているが、すでに前翅に欠けが見える。
180413ベニシジミ1502.bmp
ミヤコグサも群生していて、ヤマトシジミかシルビアシジミか判定できないまま小さなシジミチョウには飛び去られる。越冬明けのキタキチョウの飛翔を追えば、カラスノエンドウの花蜜を吸い始める。
180413キタキチョウ1508.bmp
振り返った青空にトラフシジミらしきチョウ2個体が絡みの卍飛翔を展開しており、その絡み飛翔が解けてヒバの新葉上で休息し始める個体をズームアップすれば、やはりトラフシジミだとわかる。
180413トラフシジミ1512.bmp180413トラフシジミ1.bmp
山を下り始めた草原ではモンシロチョウがタンポポの花蜜を吸っており、
180413モンシロチョウ1514.bmp
さらに下る途上の草むらではすでに後翅の尾状突起が左右ともに欠損したアゲハチョウがカラスノエンドウの蜜を求めて転飛している。
180413アゲハチョウ1518.bmp
路傍にはアケビや藤の花が目に優しい。
180413アケビ1521.jpg180413藤1522.bmp
posted by クジャクチョウ at 18:00| Comment(0) | 日記