2018年05月29日

四度目のサイクリング調査は実り多き半日

すっきりとしない天気だが雨が降る心配はないことを確認して、9時5分出発でヒメヒカゲ調査を目的とした四度目のサイクリング。南北いずれからも影響のある風が吹かないなか、加古川河川敷経由で今回は途中道草をせずに直行し、到着は45分後の9時50分。すぐに15分程度で終わるヒメヒカゲのルートセンサス調査に入る。曇天のせいかメイン草地にヒメヒカゲの飛翔は見られず、No.5地区で初見のウラナミジャノメが飛び出したのと、
180529ウラナミJ1.bmp180529ウラナミJ0.bmp
No.7地区で翅の傷んだヒメウラナミジャノメがサカキの近縁種だと思われる木の花蜜を楽しむ光景を撮影記録しただけで、
180529ヒメウラナミJ吸蜜.bmp
以降、ヒメヒカゲ生息マップのNo.31の調査に移る。ここでもヒメヒカゲの発生は確認できずに終わるが、珍しい事象として、ヒメウラナミジャノメがイシモチソウの粘液滴に翅をくっつけて暴れている場面に出くわす。
180529ヒメウラナミJ0.bmp180529ヒメウラナミJ1.bmp180529ヒメウラナミJ2.bmp180529ヒメウラナミJ3.bmp
チョウは必死でもがいたりするが粘液の捕捉力は強く、くっついた翅がはがせる望みはないようだ。このままチョウの力が尽きたとしたら、クモの巣にひっかかった場合に比べて、いったいどのような経過をたどることになるのか予測ができない。イシモチソウ自身は大地に根をはって栄養分を得ているわけで、粘液滴にかかる昆虫からの栄養がなくても生命を維持できると思われ、俄然、チョウがかわいそうになる。自然の営みに手を加えてしまうことになるが、そっと翅を粘液敵から外してみるとあまり抵抗なくはがれ、チョウは元気を取り戻して飛び立ってくれた。イシモチソウが怒って粘液的で筆者を襲ってくることもなく、以前、ヒメヒカゲが同じような状況に陥った際には自力で飛び立ったことを思い出しながらメイン草地へと転戦。
 いくらかの日差しで草地が温かくなったせいか、急にヒメヒカゲがあちこちで飛び始める。正確な数はつかめないが、10個体は出ている。
180529ヒメ1022.bmp
ヒメヒカゲとは違うなと思うとテングチョウがイヌツゲの花蜜を求めてやってきている。
180529テング1.bmp
180529テング2.bmp
ヒメヒカゲについてはできる限り異なる個体の撮影記録をとろうと追いかけるが、同じ個体を二度三度みることはザラ。
180529ヒメ1032.bmp180529ヒメ1038.bmp
ほとんどがオスで、開翅姿勢も見せてくれる。
180529ヒメ開翅1042.bmp180529ヒメ開翅1046.bmp
ときに2頭がからむような飛翔をみせるので近づくと新鮮なメス個体にオスが交尾を迫っている。残念ながら目の前でカップルが誕生することはなく、美しいメス個体の撮影記録をとったあとは、
180529ヒメ♀1044b.bmp
ネットを準備して飛翔個体を捕獲しては赤マジックでマーキング。そしてすぐに飛ばしてやるのだが、アゲハやモンシロチョウと違うのは、こんなひどい目に合わせても遠くへとは飛び逃げず、すぐ近くに落ち着いてしまう。
180529マーキング.bmp
 目につく個体のすべてにマーキングをしたところで撤収すべく、自転車へとあるき始めた矢先、オートバイでやってきたリュックを背負った男性が草はらへと向かうのが目に入る。採集者かどうかを確かめるべくUターン。カメラ片手に草地を歩く様子が確認できたところで声をかけ「マーキングをしたから」と話すと「赤いポチがついていましたね」と目ざとく察知されている。
 帰路の予定はウラギンスジヒョウモンの発生地で蛹を探してみること。犬2頭を連れた女性に挨拶をして現地へと踏み込んだとたんに、目に飛び込んできたのは生々しい草の刈り込みの跡。休耕田の南半分のアカツメクサやヨモギなどがすっかり刈り込まれ、蛹がいれば犠牲になったのではとの思いがよぎる。
180529刈り込み.jpg
残る半分はまだヒメジョオンやアカツメクサの花が咲き乱れる草地のままだが、もはや蛹の探索意欲はなく、もう帰ろうかと戻りかけたそのとき、明るくて濃い色のオレンジが飛ぶ。この色はツマグロヒョウモンではなく、ウラギンスジヒョウモンの可能性が高い。本種の生態調査を初めてすでに10年だが、オス個体が探雌飛翔で飛び回る際、そこらで咲くノアザミの花などで吸蜜する光景に出会ったことは一度もなく、不思議でしかたなかったのだが、この日はオス2個体がカメラで近づいてもすぐには逃げずに、アカツメクサとヒメジョオンで夢中になって蜜を求める。
180529-吸蜜0.bmp180529ウラギンスジ1.bmp180529-吸蜜1.bmp
この状況で考えるのは、羽化したばかりのオスはメスの羽化がまだだと分かっていて、メスの羽化までに存分に花蜜を楽しんでエネルギーを蓄えているのだろうということ。メスが登場すればひたすら交尾を求めてメの姿を追い求めるという考察だ。
 最後に河川敷のキアゲハ幼虫がもう蛹化したはずということでノラニンジンの周辺をかなり調べてみたが、本件に関してはキアゲハの雲隠れの術にまんまとやられて実りなし。
posted by クジャクチョウ at 17:37| Comment(1) | 日記

2018年05月28日

オオムラサキの蛹化

オオムラサキの飼育幼虫は6個体がすでに蛹となり、残る3個体の幼虫を観察中だが、5月26日に前蛹となった個体が、10時半すぎから脱皮して蛹化し始めているのに気づき、急ぎフリーハンドでのビデオ撮影をする。
180528-蛹化1037.bmp
半分ほど脱皮したところで、カメラを三脚にセットし直してじっくりと撮影。
180528-蛹化1040.bmp
脱皮殻が尾端部に残るのがよほど嫌なのか、あるいは他に意図があるのか、尾端の接着部分が外れて蛹が落ちはしないかと心配になるほど体全体をくねらせて振り回し、
180528-蛹化1043.bmp
やがてポトリと抜け殻が落ちる。
180528-蛹化1044.bmp
その後30分ほどでよくみる蛹の形へと変化していく。
180528-蛹化1116.bmp180528-蛹化1219.bmp
なお、蛹化済みの蛹のうち、最初の個体は蛹化直前の動きを察知して鉢植えエノキへと移したことで自然蛹に近い形でエノキ葉裏への正常下垂蛹となったが、
180520pupa0.jpg
ビン挿しエノキが長持ちするように軽い密閉容器内にエノキの枝葉が密度濃い状態で維持した際、葉っぱの茂み内で蛹化準備を整えていた1個体は、おそらく正常に羽化できないと思われる奇形となっている。
180528pupa_abnormal.jpg
今一つの蛹は蛹化直後に理由不明の傷を負ったようで、体液がもれ、落ち着いたあとでも黒くシミが残っている。
180528pupa_傷.jpg
終齢幼虫の段階で体の一部を損傷した個体が蛹化後に正常羽化できた例として、コムラサキの飼育をした際、幼虫頭部の1対の突起が1本だけ半分ほどの奇形となっていたが、普通に蛹化して正常羽化したことがある。この黒いシミが残る蛹から果たしてどのようなオオムラサキが羽化してくるのか、注意したい。
posted by クジャクチョウ at 17:25| Comment(0) | 日記

2018年05月27日

ホシミスジが吸蜜

さすがに飛び回るだけでは疲れるのか、エネルギー補給にマーガレットの花蜜を吸い始める光景が目に入り、急ぎビデオ撮影。飛び立つまでの記録をとる。
180527-ホシミスジ00.bmp180527-ホシミスジ吸蜜00.bmp180527-ホシミスジ吸蜜0.bmp180527-ホシミスジ吸蜜1.bmp180527-ホシミスジ吸蜜2.bmp
posted by クジャクチョウ at 10:59| Comment(0) | 日記

ホシミスジが連日飛来

太陽光が届き始めた庭に今日もホシミスジがやってくる。ここ数日では初めての2個体目が現れて雌雄の区別がつかないままじゃれあう飛翔も見せるが、やがて1頭だけとなって滑るような独特の飛翔で行ったり来たりと飛び遊ぶ。ビデオカメラを準備して室内から観察を続ける間2個体目の再登場はなく、ここ数日の飛来で初めてナルコユリの葉上で休憩してくれるので、急ぎ窓をあけてビデオ撮影。
180527-ホシミスジ00.bmp
180527-ホシミスジ.bmp
180527-ホシミスジ0.bmp
真横からの撮影ができないため、特徴的な黒点星模様が見えないまま飛び立たれてしまう。
180527-飛翔0.bmp
180527-ホシミスジ飛翔1.bmp
posted by クジャクチョウ at 10:06| Comment(0) | 日記

2018年05月24日

ヒメヒカゲの調査へとサイクリング

ほぼ一日中雨が降った翌日の青空が、ヒメヒカゲが新たに発生したかどうかの調査意欲を駆り立てる。風向きは南風に変わっていて加古川河川敷の北上サイクリングは快適に進む。帰路は向かい風となるため河川敷全行程を走リ戻るつもりはないのでキアゲハの幼虫の成育度合いを観察しておく。二日前に大きな終令幼虫がいたノラニンジンにその姿はなく、蛹化準備で移動したようだが周辺には見つからなく、別のノラニンジンに終令幼虫が複数個体観察できる。とはいえ、幼虫自身に目印をつけているわけでもないので移動した同一個体かもしれない。
180524キアゲハ0.jpg
その後はヒバリ、ツバメ、スズメ、ムクドリ、カラス、ホオジロなどの野鳥、そしてモンシロチョウ、モンキチョウの飛翔をみやりながら走り、ハルジョオンの蜜を吸っている最中に同種のオスが近づくと追っかけるように飛び立つツマグロヒョウモンが、元の花上へと舞い戻ったところにカメラを向けてみるが、この姿勢は吸蜜していないように見える。
180524-tumaguroH.bmp
ウラギンスジヒョウモンの生息地に立ち寄って幼虫や蛹を性懲りもなく探してもやはり発見できず、アカツメクサの花蜜に夢中となっているモンキチョウを撮影。
180524-モンキ♂.bmp
 ヒメヒカゲの生息フィールドには、途中の道草時間を入れても追い風のおかげで所要約1時間の10時半に到着。まずは15分かけてのルートセンサス調査で確認できた飛翔個体は1オスのみで、
180524-ヒメ1020.bmp
調査ルート上で咲くウツボグサの花が増えているのと、例年よりは早く咲きそうなカキランの記録も取っておく。
180524ウツボグサ.jpg180524カキラン.jpg
そのあと、新たなヒメヒカゲの発生はないかと注意深く草原へと踏み込んでみると、最初にみた個体とは異なるオス個体が2頭飛び出し、いずれも静止するまで追い続けて撮影記録を取る。
180524-ヒメ1044a.bmp
180524-ヒメ1044_01.bmp
180524-ヒメ2.bmp
180524-ヒメ1046b.bmp
約30分の探索で3個体以上の出現はなく、自転車をとめた場所でルリシジミがハリエンジュの新芽に産卵している光景を撮影して平荘湖方面へと転戦。
180524-ルリ1057b.bmp
180524-ルリ1059a.bmp
180524-ルリ1059b.bmp
 本日の今一つの目的は、平荘湖まわりで複数のイシガケチョウの飛翔を観察したという友人O氏の情報を参考に、イヌビワの新芽に産卵していないかと見て回るが1個も見つけられない。栴檀の大木が並ぶ道路沿いで見上げると満開の花まわりをアオスジアゲハが飛ぶが、ミカドアゲハはやってきていない。
180524-栴檀_アオスジ.jpg
イシガケチョウがいたという現場につくと連絡をとったわけではないのに偶然O氏もやってきていて、今日イシガケチョウは飛ばないと。幼虫が糞塔をつくる習性については知らないというので情報提供をして別れる。
 所用でホムセンター:ナフコに立ち寄り、再び加古川河川敷を走ると、カワヤナギとエノキの大木が茂る場所でコムラサキとゴマダラチョウの滑翔が目に入り、しばし観察してみる。エノキの高い葉上に陣取ったコムラサキをズームアップで撮影してみたがフォーカスも甘く証拠記録でしかない。
180524-コムラサキ0.bmp
180524matuyoigusa.jpg
最後に土手の裾野などを黄色く染めるツキミソウの仲間ではないかと思われる植物の撮影記録をとって本日の自然観察を終了。
posted by クジャクチョウ at 22:17| Comment(0) | 日記

2018年05月22日

ヒメヒカゲが発生

ヒメヒカゲの生息調査三度目は二度目のサイクリングでフィールド到着は10時半。すでに加古川の里山・ギフチョウ・ネットのメンバーで姫路市在住のM氏が先に調査に入っていて、オスの発生を確認できたが撮影記録が取れないうちに姿を見失ったとのこと。最近のチョウ観察に関する近況について情報交換を含む立ち話で過ごす間に、アゲハ、クロアゲハ、アサマイチモンジ、モンキチョウ、モンシロチョウなどが草原を横切って飛ぶが、ヒメヒカゲは飛び出してこない。1時間以上の長話のあと、ヒメヒカゲは飛び立ってもそれほど遠くへとは飛ばないことから、草陰のどこかにじっと身を隠しているはずだと、今一度二人でヒメヒカゲがいたという草原周辺を探して歩く。幼虫や蛹がいる可能性に注意しながら草原へと踏み込んで行くと、待望のヒメヒカゲが飛び出してくれる。M氏は「この模様は間違いなく先程見たオスだ」と、今度こそ撮影記録をとろうと態勢を整える。近づきすぎると飛び立ってしまうが、撮影ができない深いブッシュ側へとは逃げないように体を張ってブロックしながら褐色の飛翔を追う。イヌツゲなどに止まられるとこれまたいい絵にならないため、適度に驚かせながら追い続けてまずまずの初見記録をものにする。
180522-ヒメ009.bmp180522-ヒメ007.bmp
これで片道1時間以上のサイクリングでやってきた甲斐があったと胸をなでおろし、あとは余裕でイシモチソウの粘液滴が太陽光できらきら輝く様を映像として撮りこめないかと工夫をしてみる。
180522イシモチソウ01.jpg
コモウセンゴケの可愛い花の記録もとり、
180522コモウセンゴケ.jpg
あとは姫路では発生を確認したというアカシジミなどの観察目的でサイクリングロードを北上して権現ダム湖周回道路へと進む。
posted by クジャクチョウ at 19:29| Comment(0) | 日記

2018年05月19日

2018年ヒメヒカゲ生息調査初日:発生はまだ

午後からは天気が良くなるとの天気予報を確認して10時半出発で、強い北風が真正面から吹きつける加古川河川敷を北上サイクリングで本年最初のヒメヒカゲの生息調査にでかけ、半端ではない強風の影響で通常50分で行けるところ現地到着は11時40分。例年どおりの調査ルートを歩くと、ヒメウラナミジャノメ、コチャバネセセリ、サトキマダラヒカゲ、アゲハ、ツマグロヒョウモンなどにこの順で出会うものの、気温は20℃程度にはなっているはずなのにヒメヒカゲはまったく飛ばない。ハラビロトンボやシオカラトンボが飛ぶ昨年自然蛹をみつけた場所で蛹を探してみるが、柳の下にドジョウはいない。調査ルート沿いに咲くイシモチソウ、タツナミソウ、コモウセンゴケなどの花がきれいだがカメラを向ける気にはならず、草原が広がる場所へともどって2008-9年に自然蛹をみつけた環境を思い出しながら再探索を試みるがやはり蛹の発見は簡単ではない。その過程でウラナミジャノメかと思えるジャノメチョウが飛び出す。
180519ヒメウラJ0.bmp180519ヒメウラJ1.bmp
ビデオカメラのファインダーが暗くて裏面の蛇の目紋の数がよくわからないまま静止、飛翔、再び静止して開翅動作を繰り返すまでの様子を追い続け、最後にヒメウラナミジャノメの新鮮なメス個体だとわかって納得。
180519ヒメウラJ3.bmp
ヒメヒカゲ調査を終えての帰路途上、エノキのまわりを滑空するゴマダラチョウが目に入り、産卵をするのかもしれないと立ち止まってみたが、強い風がエノキの木全体を大きく揺るがせたせいなのか、ゴマダラチョウはどこかへと飛び去ってしまった。
posted by クジャクチョウ at 22:27| Comment(0) | 日記

2018年05月18日

平荘町の黒岩山へ

5月に登ったことがない黒岩山(海抜132m)ではどんなチョウに出会えるかを知りたくて片道40分のサイクリング。いつもの急な岩道でなく大きな岩場を何箇所か経由するルートをたどる計画で、全天曇り空のもと登り始めた途端に小さな雨粒が落ちてくるが、尾根筋までは行こうと決めて先へと進む。最初の階段がきつく、あとの岩場ルートもときには四つん這い歩行をしながら尾根道までは所要10分。しかし、4月に幼児二人をつれた親子がこのルートで登ってきたのが信じがたいほどの難コースだ。尾根道のスタート地点にあるウバメガシ樹液はもう涸れたのかサトキマダラヒカゲの姿は見えない。天候の状態からチョウの姿を見ないまま帰ることになるかもしれないので、岩場にとまるシオカラトンボでも記録しておこうとカメラを向けてみたがフォーカスが甘かった。
180518-シオカラ.bmp
花といえばコツバメが開花前に産卵をしていたネジキがあちこちに咲き、
180518ネジキ.jpg
カナメモチも咲いているがアオスジアゲハはやってきていない。モチツツジの花が少しだけ残っているがすでに咲き終わりという感じ。
180518mモチツツジ.jpg
4月には尾根道を蝶道とするカラスアゲハとクロアゲハの飛翔をみたが、この日は尾根道沿いにネジキの白花が満開でコツバメの幼虫でもいないかと探してみるが食痕のある花が容易には見つからない。
180518ネジキ1.jpg
その過程で、まだ日差しのない時間帯だからなのかネジキの葉上で体温の上昇を待つモンキアゲハをみる。撮影時にはかなりの新鮮個体にみえたが、映像をよくみれば左後翅の鱗粉がもういくらか剥がれている。
180518モンキアゲハ0.jpg180518モンキアゲハ1.jpg
4月にアゲハ、キアゲハ、アオスジアゲハ、ツマグロヒョウモンなどの賑やかな飛翔を楽しんだポイントにつくと、この日は木々の緑に囲まれた空間を、高速飛翔で旋回し続けるアオスジアゲハがいるだけ。すぐに休憩したがるキアゲハと違ってその旋回飛翔は延々と休みなく続き、アオスジアゲハの体力の凄さを見せつけられる。天候が回復して気温が上がると、アオスジアゲハの個体数が増えて追飛翔もみられるようになり、ビデオカメラを固定して飛翔記録を撮ってみる。
180518アオスジ飛翔02.jpg180518アオスジ飛翔01.jpg180518アオスジ飛翔00.jpg180518-アオスジ01.bmp180518-アオスジ00.bmp180518-アオスジ03.bmp
やがてこのピークでは常連といえるツマグロヒョウモンもやってきて、アオスジアゲハやクマバチがそばを飛べばたちまちスクランブル飛翔を仕掛けに飛び立っていく。
180518-ツマグロh1.bmp180518-ツマグロh2.bmp180518-ツマグロh0.bmp
ツマグロヒョウモンはネジキの花がいっぱい咲く木の先端部でテリ張りをする個体もみかける。
180518-ツマグロh.bmp
個体数が少ないがアゲハやキアゲハも登場して追飛翔は一段と賑やかとなり、その間隙をぬって2頭のルリシジミも追いかけっこをするように横切っていく。尾根道にはクロアゲハもやってくるが、一方向に飛んで行ったきりで蝶道を形成した飛翔はみられない。いつも登ってくる急な岩道が尾根道へと到着する分岐点は三叉路となっていて、尾根道とは反対側へと縦走ハイカーが次のピークを目指す道沿い一面に、湿地帯ではないのにイシモチソウが群生しているのに驚く。
180518イシモチソウ.jpg
ここらの地質が粘土質であるため水分をいくらか保てるとはいっても、このような山の頂上部にも生育しているとは想像もしないこと。
posted by クジャクチョウ at 21:35| Comment(0) | 日記

2018年05月16日

タニウツギの咲く渓谷へと遠征

5月6日に遠征した際にはタニウツギが開花していなく、チョウには会えないまま和田山:竹田城山城の郷を経由して帰宅したが、本日は人家がなくなる山道に入るなり、目につくタニウツギがすべて開花しているのをみやりながら例年ミヤマカラスアゲハに出会える渓谷沿いのポイントを目指す。そのポイントまであと500mほどの道路沿い崖に咲くタニウツギにミヤカラスアゲハ2頭が吸蜜目的でやってきている。撮影にはその位置が高いため近くまでこないかと待っていると、妻が道路中央部で吸汁中の個体がいると教えてくれる。こういう光景がまた撮影に苦労するシーンで、結局いい記録が取れないまま飛び去られる。このタニウツギにきていたミヤマカラスアゲハはどこかへと飛び去り、次いでカラスアゲハがやはり高い位置で蜜を吸い始めるので、証拠ていどの撮影記録をとっておく。
180516-カラス.bmp
ここの崖肌には清楚で美しいシライトソウが多く、
180516シライトソウ.jpg180516シライトソウ1.jpg
下草の間をよくみればフタリシズカもその名前のとおり2本の花穂を伸ばしている。
180516フタリシズカ.jpg
一方、渓谷側の木の葉上に静かにとまる緑色のスズメガが目に入り、撮影記録をとってから帰宅後に検索するとウンモンスズメだとわかる。死んでしまうとこのきれいな緑色が変色してしまうらしい。
180516-ウンモンスズメ.bmp
 最初の目的ポイントにつくと、このあたりでは初めてみるウスバシロチョウが道路から離れた草地の路面とほぼ平行の高さを飛んでいる。いったん路面の石ころの上にとまって休憩する場面があり、急ぎカメラを向けるもフォーカスを合わせる間もなく再び飛び立たれ、その後はとまることなく視界から消えてしまう。
 軽く昼食をすませ、渓谷沿いのタニウツギのそばで待てば、右後翅の尾状突起が欠けたミヤマカラスアゲハがやってきて次々と場所を変えながら蜜を吸う。その様子をビデオカメラで撮影記録し、翅表の美しい鱗粉が輝く場面をいくつか静止画像としてきりとってみる。
180516-ミヤマカラス01.bmp180516-ミヤマカラス02.bmp180516-ミヤマカラス03.bmp180516-ミヤマカラス04.bmp180516-ミヤマカラス05.bmp180516-ミヤマカラス019.bmp
オナガアゲハのオス個体もやってくるが、背景がぬけてくれるような位置での吸蜜シーンは撮れず。
180516-オナガ0.bmp180516-オナガ.bmp
posted by クジャクチョウ at 21:03| Comment(0) | 日記

2018年05月15日

久しぶりの自然観察サイクリング

パンクしにくいというタイヤ装備の新しい自転車を購入し、久しぶりに平荘湖までサイクリング。
第一の目的は5月5日に加古川市では初記録となるミカドアゲハを採集記録された友人と落ち合って、その採集場所を案内してもらうこと。第二の目的はルリタテハの幼虫飼育用にサルトリイバラを調達すること。あとはミヤコグサの花が咲き乱れるシルビアシジミの生息地の状況確認か、イヌビワの新葉にイシガケチョウの産卵を期待した調査と、同じ方向となるウラギンスジヒョウモンの幼虫を再探索するか、友人が案内してくれる場所次第。
 ミカドアゲハの採集地は数年前に加古川市主催の「チョウ観察会」を実施した、ツツジが咲く墓地のあるところで、目の前の路面で吸汁し始めた個体におもわずネットをかぶせたとのこと。採集個体は、相談をした「兵庫県の蝶」の共著者である近藤伸一さんに「プラスティック・ラミネート標本にしようかと思う」と話したら「貴重な記録なのにとんでもない。公式報告をするためにも自分が展翅標本にしてあげる」といわれたので提供したとのこと。ミカドアゲハがどのような経緯で飛来したのか、周辺には食樹としてのオガタマノキはなく、タイサンボクか1995年に高知市牧野植物園で自然産卵されて以降の幼虫成育も問題なかったという記録があるモクレン科のユリノキが考えられるが実態はわからないまま。
 友人と別れてサルトリイバラを調達。ルリタテハの卵や幼虫は見つからず。シルビアシジミは成虫の新鮮度が落ちている時期なので、昨年イシガケチョウの幼虫を観察できたイヌビワのある場所を調査することに。しかし産卵の気配はなく、次いで向かったウラギンスジヒョウモンの生息地であらためて幼虫を探してみるがまったく発見できないまま帰路につく。
 道中、青空に映える桐の花や、
180515桐の花00.jpg
テングチョウの発生時期に多くの個体をみたコンクリート壁を覆い尽くすテイカカズラの白い花群にカメラを向けてみる。
180515テイカカズラ.jpg
みかんの花のいい香りがするところでは大きく翅を傷めたアゲハチョウがその花蜜を楽しんでいる光景に出会い、こちらはビデオカメラで撮影をする。
180515-アゲハ00.bmp180515-アゲハ01.bmp180515-アゲハ02.bmp
サイクリングロード沿いにはミカドアゲハが好むセンダンの花もまだ咲いていて、ここまで近い位置で花房をみた記憶がなく、ミカドアゲハの気持ちになってアップ映像もとる。
180515栴檀の花.jpg180515栴檀の花1.jpg
加古川河川敷へと下る位置の土手一帯にミヤコグサの群落もみつかるが、シルビアシジミはいない。
180515ミヤコグサ00.jpg
河川敷を走ると南風が正面から吹き付けてペダルが重いが、両側の草原にはナヨクサフジが急増している。
180515ナヨクサフジ.jpg
土手斜面に自然にできたと思われるミヤコグサのサークルが見られてつい撮影記録をとる。
180515ミヤコグサ04.jpg
 最後は、昨年の秋に大量の幼虫を観察したノラニンジンの群生地でキアゲハの幼虫を探すと、今回はわずか2個体だけがみつかる。
180515キアゲハ00.jpg180515キアゲハ02.jpg
加古川沿いに茂るカワヤナギに新葉が目立つがコムラサキはまだ発生していなく、自転車で走り抜けるすぐそばにヒバリの幼鳥がいて、飛び逃げることなく体をすくめてうずくまる姿を見るのも二度三度。土手斜面を黄色で彩る背丈の低いツキミソウのまわりを忙しく飛び交うのは、ここではシロツメクサよりも圧倒的に多いアカツメクサで発生しているモンキチョウ。
posted by クジャクチョウ at 19:35| Comment(0) | 日記