2018年06月05日

ホシミスジに産卵期待

ホシミスジの裏庭訪問が続いているが、本日ようやくメスが飛来して楽しげな滑翔を繰り返しみせてくれた。
180606-ホシミスジ0.bmp180606-ホシミスジ1.bmp
今は、表玄関脇においてあった鉢植え植栽のシモツケが花を咲かせ始めた時点で庭へと移している。
シモツケ.jpg
近隣で飛び回る個体はすべてユキヤナギでの発生だが、以前(June 12, 2016)のようにこのシモツケにも産卵してくれることを期待している。

posted by クジャクチョウ at 20:00| Comment(0) | 日記

オオムラサキのスギタニ型♀が羽化

オオムラサキが例によって早朝に羽化していた。翅表のすべてが白紋で、通常赤桃色紋が出る後翅表の肛角部も白紋となるスギタニ型 Sasakia charonda sugitanii で、採卵した母チョウは赤桃色紋をもつ普通型だったが、捕獲した兵庫県佐用町に少なからずこのタイプが出ることは知られていて
180604杉谷♀0.bmp180604杉谷♀1.bmp180604杉谷♀2.bmp
特に驚くことではないが、本タイプの実物を目にするのは初めてのこと。
posted by クジャクチョウ at 07:11| Comment(0) | 日記