2018年10月14日

テニスの合間のチョウタイム Ser.3

昨日スミレの葉上へと移してやった風来坊のツマグロヒョウモンの幼虫がどうしているだろうかと見に行くと、なんと、幼虫はスミレから20cmほど離れた路面で休息中。
vs181014-001.BMP
これでは野鳥などにすぐ見つかる危険度が高く葉裏にでも隠れるのが一番だと思うのに、スミレから離れている方が安全だという理由は思いつかない。
 ナデシコ花壇に今日はキタテハはやってきていなく、ツマグロヒョウモンとチャバネセセリが蜜を楽しんでいる。
vs181014-003.BMP
vs181014-005.BMP
vs181014-004.BMP
まだ日暮れ時刻でもないのに、ホウジャクもやってきており、高速羽ばたきの合間に見える美しいオレンジ色が垣間見れる画像をきりとってみる。
vs181014-006.BMP
vs181014-011_InPixio.jpg
あいかわらずアゲハとヤマトシジミも飛び交うが、ナデシコの花に止まることはない。公園事務所のキバナコスモスでは昨日同様にツマグロヒョウモンが夢中で蜜を求めている。
vs181014-012.BMP

posted by クジャクチョウ at 19:55| Comment(0) | 日記

日曜日の朝の観察事項

早朝のジャコウアゲハ生息地で路肩まわりのウマノスズクサを再調査し、終令幼虫3個体を回収。夜を明かしたシジミチョウ類がエノコログサの花穂やチガヤの葉上にいないかと土手の下平坦部を歩いてみたがみつからず、ついでに少しだけ土手斜面に踏み込んでウマノスズクサをチェックすると、中令幼虫が1個体みつかりこれも回収。
181014larva.bmp
朝露でぬれる斜面内での調査は、午後に改めて行うことにして、金木犀の花があっという間に咲き終わったボタン公園内のエノキでキマダラカメムシを探してみる。樹高約3-4mの2本のエノキにそれぞれ2個体が、いつもは幹部分に静止しているのに今朝はすべて葉上に静止しており、
vs181014-002.BMP
vs181014-003.BMP
1個体をよく見るとしきりに触覚を動かしている。
vs181014-005.BMP
それにそっと指を触れてみたが、特に驚くようなそぶりは見せない。
帰宅後、まだ葉っぱが育たないスミレにツマグロヒョウモンの幼虫が孵化してきている鉢内をチェックすると、茎にとまる孵化して間もないような小さい幼虫がいるのに気づく。急ぎ、ズームアップレンズ装着のビデオカメラで撮影し、その体長を計ろうと定規のメモリを近づけるとピョンとはじけるように飛び逃げて見えなくなる。もしかしたら寄生バチだったのかとPCに取り込んで画像処理ソフトで拡大すると、どうやら蛾の一種だったらしく胸をなでおろす。
181014moth.jpg
現時点でこの鉢内に確認できる幼虫は7個体で、これらすべての幼虫が生育するのに十分なスミレがないことは明らかで、さらに言えば、新しい葉っぱが出てくるタイミングも考慮していない母チョウの産卵習性は不可解。これら幼虫が年内に羽化までいくのか、それとも越冬することになるのかはわからなく、野外スミレの調達には限界があるため新たにパンジーを購入準備する必要がありそうだ。
posted by クジャクチョウ at 10:21| Comment(0) | 日記