2018年11月24日

ムラサキシジミは健在

昨日は冷たい西風が強く吹いてチョウの姿を見られなかった高砂公園だったが、本日は風がなくて日当たりもよく、先日ムラサキシジミが飛び遊んでいたウバメガシの植え込みを探索して歩く。すると翅表のムラサキを輝かせながらチョウが飛ぶ。すぐにウバメガシの葉上にとまるが、なかなか翅表を見せてくれない。
vs181124-001.BMP
しばらくねばってようやく開いてくれた翅表からメスであることがわかる。
vs181124-002.BMP
vs181124-003_InPixio.jpg
すぐ近くに小型のムサラサキシジミもみられたがすぐに飛び去って見失う。テニスの試合をこなして再度探すと、その小さな個体が見つかるが翅表をみせてはくれない。
vs181124-005.BMP
テニスを終えて再度この場所を調べると、植え込みから離れたウバメガシの独立した樹にこだわる個体がいて、その動きを追うとキョウチクトウの葉にとまったあと
vs181124-006.BMP
独立樹の高い位置に移ってそこで翅を目いっぱい開いて日向ぼっこを始める。ビデオカメラのズームアップでなんとかその様子を記録できるが、
vs181124-008_InPixio.jpg
そのまま降りてきてはくれないので撤収。
posted by クジャクチョウ at 14:20| Comment(0) | 日記