2019年05月11日

ギフチョウの幼虫調査

4月27日に実施したギフチョウの産卵調査に次ぐ幼虫調査。好天気に集まった会員はわずかに4名というさみしい要員で、前回の産卵調査とまったく同じ7か所を同じ順番で巡る。幼虫調査はヒメカンアオイの食痕を上から眺めることで見分けられるため、産卵調査に比べれば労は少ない。最初の調査地は産卵調査では産卵が確認できていたのにヒメカンアオイの葉にはまったく食痕が見られなく、卵の段階で天敵にやられたようだ。その後の観察地では独特の食痕を目印として葉を裏返すと確かに孵化して間もない初令幼虫がみつかり、ときには孵化していない卵が残っていたりする。
190511-調査951.bmp
190511larvae956表.jpg
190511larvae1011.jpg
190511larvae1034.jpg
途中、雑木林に入ったとたんに新鮮度が低いトラフシジミがみられ、
190511-トラフ951.bmp
定期的に野焼きがされてミヤコグサが安定的に群生する場所ではその花で吸蜜するシルビアシジミを撮影。
190511-sylvia1023.bmp
190511-sylvia1024bmp.bmp
飛翔時にシルビアシジミとの判別が難しい個体がとまるまで待って記録をとってあとで確認するとヤマトシジミだとわかる。
190511-ヤマト1053.bmp
再び雑木林へと踏み込んだ奥で、水の流れが途絶えた渓流の底部分を歩くモンシデムシをKさんの息子さんが見つけ、
190511-モンシデムシ1107.bmp
別の渓流沿いへと進む小道沿いの陽だまりではコミスジがのどかに飛び遊び、カメラを向けると「撮影するならこの角度ではだめですよね」と翅を開いたまま体を回転させて向きを変えてくれる。
190511-コミスジ1136.bmp190511-コミスジ1136a_InPixio.jpg
さらに奥へと進んだ渓流沿いでは、例年どおりに今年もトラフシジミがひっそりと飛んでおり、新鮮度がいくらか落ちてはいるが尾状突起はしっかり正常な状態。葉上にとまったところにカメラを向けると「どういうポーズがお望みですか」といわんばかりに葉上でくるくると回転して見せてくれたり、
190511-トラフ951a.bmp
背景がきれいに抜ける葉上へと場所を移して止まってくれたりする。
190511-トラフ1152.bmp
幼虫調査は産卵調査と同じく約3時間を要したが、
190511_1004調査風景.jpg
葉裏が赤紫のヒメカンアオイに産卵されていた卵も順調に孵化しているという、
190511larvae1003.jpg
新たな知見も得られ、今後、これらの幼虫のすべてが順調に蛹となって来春まで無事に過ごしてくれることを願う。
posted by クジャクチョウ at 22:21| Comment(0) | 日記

2019年05月08日

山岳部の渓谷で

2泊3日の予定で城崎温泉へと出かける直前、玄関前の鉢植え花へとアオスジアゲハがやってきてすぐにそこで日向ぼっこなのか、我々の出発を見送りにやってきてくれたのか、翅を開いたまま動こうとしない。
vs190510-001.BMP
vs190510-002.BMP
せっかくだからと撮影記録をとって出発。途中、城崎温泉への通常ルートを迂回して、ミツバウツギが咲いていればアオバセセリとの出会いが期待できる渓谷地帯へと寄り道。渓流にかかる橋を渡り切ったところにとてもいい香りを放つ花が満開状態のエゴノキがあって、たくさんのクマバチが盛んに吸蜜しているが、チョウはいない。
DSC03603.JPG
黄緑色の新葉がきれいなコナラなどの梢部分をヒラヒラと優雅に舞うウスバシロチョウがいて、その舞い姿を目で追うと、青空を背景にとてもいい景色となるタイミングがあるが撮影記録をとるのは難しい。ミツバウツギのある場所へと歩を進めると期待通りに7割ほどの開花状態で、アオバセセリも吸蜜にやってきているのがわかる。訪れている場所は高い位置の花で、すぐに蜜を求める位置を変えるためその撮影は容易ではない。すばしっこく移動する様子をズームアップ状態のビデオカメラで追うわけだが、きれいな翅のグリーンや後翅尾端のオレンジ色はチョウが明るい位置にきた瞬間にだけみられ、
vs190510-003.BMP
vs190510-007.BMP
多くの場合逆光で、さらに影となる位置にくるとまるで色彩の記録ができない。
vs190510-010.BMP
vs190510-011.BMP
転々と忙しい動きで訪花位置をかえて、やがてどこかへと飛び去ってしまう。2個体が入れ替わるように飛び交うウスバシロチョウが高い位置から急降下をして雑草のなかに茶の木が混じる休耕の畑地へと降りてくることもあるが、そこは立ち入りができない鹿対策だと思われる柵が設けられていて、草むらへと降りて休憩し始めた姿をズームアップ撮影するのがやっと。
vs190510-022.BMP
再びミツバウツギの花にくるチョウ観察へと戻ると、渓流から遠い位置の山際にあるミツバウツギで蜜を吸うミヤマセセリがいるのでその動きを追ってみる。
vs190510-024.BMP
光線が翅表を明るく照らす時点で前翅の白紋がはっきりとみえてメスであることがわかる。
vs190510-025.BMPvs190510-029.BMP
渓流沿いのミツバウツギにアオバセセリが戻っていないかと移動すると、ミヤマカラスアゲハがやってきている。このチョウも高い位置の花に蜜を求め、翅を全開とした状態で夢中で求蜜する様子をズームアップ撮影するよりほかなく、逆光での記録のみで翅表の美しい色が撮りこめない。
vs190510-033.BMP
城崎へと向かうタイムリミットである15時がせまって車に戻る際、橋たもとで芳香を放つエゴノキにきていたミヤマカラスアゲハが驚いて飛び立ったかと思うと、遠くはない位置の木の葉上にとまる。
vs190510-036.BMP
吹き抜ける渓流独特の風で樹木の枝葉がかなり揺れるが、ミヤマカラスアアゲハは悠然と翅を広げたりしながら休憩をしており、その様子をやはりズームアップ撮影。
190510-038a.bmp90510-037a.bmp
実際目に見える光景へとズームアウトしていき、チョウの位置を矢印で示したのが上の画像で、チョウの動きを初めからみていないと、どこに止まっているのかまず見つけられない。
posted by クジャクチョウ at 22:09| Comment(0) | 日記

2019年05月05日

ジャコウアゲハの産卵を再確認

キタキチョウの第一化個体が発生していないか、サイクリングで加古川の河川敷を走って確認するつもりで出発する。しかし、最初に立ち寄ったジャコウアゲハの生息地で、産卵しそうなメスが飛ぶ様子をしばらく眺めているうちにどうしても産卵する様子を記録したくなり、結局、予定していた昼過ぎまでの時間をすべてここで過ごしてしまう。メスの飛翔をずっと観察していて不思議に思えたのが、土手斜面に生育してきたウマノスズクサが群立しているなかを、その存在がはっきり分かっているはずで、何度かウマノスズクサの葉にタッチもするのになかなか産卵しようとしないこと。
190505-飛翔1035.bmp
190505-飛翔1040.bmp
190505-飛翔1042.bmp
ときには土手下平坦部まで下りていって、ベニシジミの食草であるスカンポの緑濃い葉っぱにタッチをすることもある。強い南風にあおられて何度も高く飛びあがり、すぐに土手斜面へと舞い戻るが、それでも再びひたすら飛び回って産卵行動へとは移らない。
190505-飛翔1053.bmp
児童公園にヒラドツツジが満開という場所があって、いきなりそこまで飛んで吸蜜をするのは、長い間飛び続けるとさすがにエネルギー補給が必要になるからだろう。
190505-吸蜜1045.bmp
粘り強く待ち続けると、1か所のウマノスズクサにまとわりつくような行動をみせたあと草葉の茂みの中で動かなくなる。いよいよ産卵だ。急いで土手を駆け上がって撮影記録をとる。
190505-産卵1053.bmp
一見してウマノスズクサだとわかるところを避けた草葉に埋もれた小さな株の食草への産卵は、卵を天敵からまもる本能的な選択に違いない。続けて別のウマノスズクサに産卵しそうに潜り込むのでその様子を撮影してみると、尾端を食草に押し付ける動作が見られなく、しばしの休憩をとっていることがわかる。
190505-休息1055.bmp
少し時間を空け、周りの雑草をかき分けるようにして産み付けられた卵を確認すると、産卵に時間をかけていたにもかかわらず卵数はただの1個。
190505-egg1107.bmp
次いで別のメスが現れて同じような飛翔をみせたあと、やはり草葉の茂み深く潜り込むような態勢で卵を産む。
190505-産卵1126.bmp
今度も1個だけの産卵で、その記録をとろうと葉裏をみると、別の葉裏に何日か前の産卵だと思われる色の変化した卵が1個確認できる。
190505-eggs1127.bmp
一度に産み付けられる卵の数が例年に比べて少ないが、周辺を調べると4個の産卵もみられる。
190505-eggs1132.bmp
ここまでのメスは翅がきれいな状態の個体だったが、あらたに現れた3個体目のメスは、明らかに鱗粉色が薄く左後翅も破損している。この個体はもっぱら平坦部に生えるウマノスズクサに産卵をして回っており、
190505-飛翔1115.bmp
きれいなメスはあいかわらず土手斜面を飛び回っている。
190505-飛翔1117.bmp
翅の傷んだメスが地面と平行に低空飛翔をみせているところに、翅表のブルーが濃くてきれいなことからツバメシジミのオスだと思われる個体が追飛翔する場面がみられたが、映像記録はとれなく、やがてツバメシジミは単独で遠くへと飛び去っていく。できればツバメシジミの記録も撮っておこうと、飛んで行った方向を探索してみたが、ついに姿を見ることはなく、だいぶ色あせたベニシジミを2個体みる。ノラニンジンにキアゲハの幼虫がいるはずだと調べてみたが、なぜか見つけられない。気がつけば土手まわりにジャコウアゲハの飛ぶ姿が見られなくなっており、これまでの観察経験から休息タイムは児童公園内の木陰に違いないので、アオスジアゲハが青空を背景に楽し気に旋回飛翔を繰り返す、キンモクセイの樹が立ち並ぶところで探してみる。すると、どこからか足元に左後翅が破損したジャコウアゲハが飛び出してきて足元を二・三度飛んだかと思うと、涼しい葉陰へと飛んですぐに翅を全開とした休息姿勢をとる。
190505-休息1156.bmp
先に見た破損個体はここまでひどくはなく、別の4個体目なのか、先ほどの個体がさらに損傷したのかは不明。いずれにしてもこの個体の一連の動きは筆者に挨拶をしてくれたように思え、もしかしたら土手斜面の除草作業の影響を回避すべく昨秋に回収した越冬蛹からの羽化個体が、恩返しの挨拶をしてくれたのかもしれない。他のメスもどこかで休んでいるのでは、と木陰を一巡して探していると、土手側ではみなかったオスがやってきて、予測通りにキンモクセイの葉陰に適当な休憩場所を探すような飛翔をみせ、一度決めたかと思えばすぐに飛び、
190505-休息1205.bmp
もっといい場所があったと奥まった葉陰に落ち着く。
190505-休息1208.bmp
この画像では、太陽光線の当たり具合で右前翅に青味を帯びた輝きがみられ、新鮮個体であればもっときれいだろうと思われる。
posted by クジャクチョウ at 21:56| Comment(0) | 日記

2019年05月04日

珍しい変異個体に出会えた

雑木林の木漏れ日がさす小道で、太陽光線を浴びて裏面の鱗粉を金色に輝かせるコチャバネセセリを観察。少しずつ態勢を変えるコチャバネセセリを対象に、鱗粉の金色の輝きを忠実に映像として記録するのが意外と難しい。
190504-コチャバネ0.bmp190504-コチャバネ1.bmp
林を出て妻が待ってくれている車のそばまで歩いたそのとき、道路際に咲く藤の花蜜を求めるコチャバネセセリが目に入り、その撮影に集中する。コチャバネセセリは2個体いて、お互い競うように蜜を求めて花房の多い藤の花周りでその位置を変えていく。
190504-コチャバネ1218.bmp190504-コチャバネ1218b.bmp
カメラのファインダーにとらえることができるセセリは小さくて、鱗粉の発達具合などの差異をその場で判定するのは簡単ではなく、裏面が金色を帯びた明かるい黄色で普通ではない個体だな、と感じながら撮影記録をとったのだが、
190504-コチャバネ1220a.bmp
190504-コチャバネ1220.bmp
帰宅してその画像を確認すると、明らかに本来見られるはずの紋が一つもない珍しい変異個体だったことがわかる。コチャバネセセリはその気になれば普通に出会える種で、希少種ばかりに重きをおく愛好家は見向きもしないが、分け隔てなく観察すればごく普通種のチョウでもこのようなうれしい発見がある。途中で「私も撮って」と言わんばかりに藤の葉上で翅を全開にして見せてくれたヒメウラナミジャノメも、後翅表の眼状紋が大きな2個だけというのが普通なのに、小さな紋がさらに3個も出現した珍しい個体だったことがわかる。
190504-ヒメウラナミJ1224.bmp
なお、最初の雑木林内の小道沿いで緩やかに飛び遊ぶコミスジにも出会ってその撮影記録をとっているが、翅表を目いっぱい開いたシーンの記録は取れず仕舞い。
190504-コミスジ0.bmp190504-コミスジ1.bmp
おまけの画像は藤の花に多かったクマバチの記録。
190504-クマバチ1222.bmp
posted by クジャクチョウ at 20:40| Comment(0) | 日記

2019年05月03日

多可町遠征からシルビアシジミ生息地へ

多可町のラベンダーパークへまだ咲いてはいないとわかっていながら遠出をし、やはりラベンダーがまったく咲いていないことを確認。実は、ここまで妻が案内してくれた目的が知る人ぞ知るという園内の「ごはん亭」での卵かけご飯。到着してすぐに記名した予約ノートには1グループ12名などを含めてすでに30名以上の書き込みがある長時間のお待ち状態。待ち時間を利用して、芝桜などが残る園内ラベンダー畑の急坂が多い遊歩道を散策する。
190503-多可町.bmp
最上部にはドウダンツツジが多くクマバチやアカタテハが吸蜜を楽しみ、当方は眼下に棚田が望める風景の全景を楽しむ。
190503多可町棚田.jpg
ゆっくりと30分ほどの散策を終えてもどるとすぐに順番が来るというグッドタイミングで、卵(有精卵)とご飯のお替り自由という「卵かけご飯」を堪能。帰路の走行途上では車窓からツマキチョウの飛翔が見えるが急停止してもすでに行方は分からず、加西市へと戻ってきたところで田畑一面に広がるレンゲがきれいなのでその風景を切りってみる。
DSC03577.JPG
チョウとの出会いがないままでは寂しいからと、自宅に戻るというナビ設定に逆らって加古川市近郊のシルビアシジミの生息地に寄り道をする。太陽光が生息地の半分ほどを照らしている状況で、複数のオスとベニシジミが飛び遊んでいるのが目に入る。その飛翔時に垣間見えるブルーが濃くてきれいな個体に照準をあわせて飛翔について回ると、いろんなポーズをとってくれる。
190503-Sylvia1559.bmp
このような開翅サービスをしてくれる機会は多くないので、わずかの違いでも微妙に翅の色調が違って見える記録を列挙してみる。
190503-Sylvia1600.bmp190503-Sylvia1600b.bmp190503-Sylvia1600c.bmp190503-Sylvia1601.bmp
飛び疲れた後はニガナで吸蜜し始めるが、
190503-Sylvia1606.bmp
美味しい蜜が少なかったのかすぐ近くの草葉へと転飛してV字開翅状態で休憩する。
190503-Sylvia1611.bmp
その様子をしっかり撮影させてくれた後、ついには本命のミヤコグサでの吸蜜シーンも見せてくれる。
190503-Sylvia1612.bmp190503-Sylvia1613.bmp
加古川にミヤコグサが生育しているところは多くあるが、シルビアシジミが発生していることはむしろ少ない。それなのに、この場所は広くはないのに毎年のように発生を繰り返している貴重な生息地である。
posted by クジャクチョウ at 21:35| Comment(0) | 日記

2019年05月02日

ジャコウアゲハが産卵

午前中に4度目の黒岩山遠征をしてみたがもはやコツバメには出会えず、午後、ジャコウアゲハの産卵状況を調べるために生息地に行ってみる。ノラニンジンなどいろんな雑草の緑でおおわれている土手斜面は、ツル状に伸びる新生ウマノスズクサがあちこちに目立っていて、葉っぱが生長したウマノスズクサの多くは草に埋もれている。その草地ではちょうどジャコウアゲハのメスが産卵目的の飛翔を見せていて、いつものことだが斜面上部の県道沿いに自生するウマノスズクサへの産卵におちつくことが多い。土手下からその様子を観察し、産卵態勢に入った段階で一気に斜面を駆け上がって撮影記録をとる。
190502-Jako1437.bmp
この個体は右後翅の尾状突起が欠けていて、ただの1個だけ産み付けてからすぐに飛び立ち、近くに2個産卵された葉っぱを見つけてその撮影記録をとっている間に姿を見失ってしまう。土手下の平坦部にもウマノスズクサが生長してきており、以前にこの位置でも幼虫や前蛹を多く見ているのでよく調べると、複数の卵が確認できる。ツル状に伸びる新葉には産卵しないのかと丁寧にみていくと、まだ紫色を帯びる新葉裏への産卵がみつかり、産卵に際して成長した葉裏ばかりが選択されるわけではないことが確認できる。
190502-eggs1448.bmp190502-Umasuzu.bmp
土手下にもどって斜面をながめていると、ヒメアカタテハと思える赤色が目立つチョウが、一帯に群生して開花しているキュウリグサを訪れたのが見え、走り寄るとそれはみごとに新鮮な大型のベニシジミで、金属光沢の輝きをみせてくれないかといろいろ角度を変えてみるが、前翅の濃い紅色と、
190502-ベニ1455.bmp
190502-ベニ1456b.bmp
あまり記録をとっていない裏面の美しさが記録できるのみ。
190502-ベニ14556a.bmp
ベニシジミを撮影し終えるとツバメシジミのメスがチラチラと飛んできて翅表をみせてくれるが春型にみられる青鱗粉の発達度は低い。
190502-ツバメ1459.bmp
ついでにこの土手斜面でみられる草花として、キュウリグサ、コメツブウマゴヤシ、ミチバタナデシコ、カラスノエンドウ、そして今年初めて見るマツバウンランを撮影しておく。
190502キュウリグサ.jpg190502コメツブウマゴヤシ.jpg190502-ミチバタナデシコ1539.bmp190502カラスノエンドウ.jpg190502-マツバウンラン1505.bmp
ウマノスズクサと同じ程度に多いノラニンジンにキアゲハが産卵していたのを思い出し、そろそろ幼虫が見られるのではと探してみたが発見はできず。やがてどこからかジャコウアゲハのメスがやってくるが、この個体は両方の尾状突起がきれいにそろっており、先ほどとは別のメスだとわかる。この個体は土手斜面を幅広く行ったり来たりして、ときには県道を走り抜けるトラックや自動車の風圧に飛ばされそうになりながらも土手斜面領域から離れることはなく飛び続け、
190502-Jako1511.bmp190502-Jako1514.bmp
ときには土手斜面の中央部にあるウマノスズクサに近づいてタッチ動作を示すのになかなか産卵はしてくれない。
190502-Jako1515.bmp
結局はまた県道沿いの土手上部にあるウマノスズクサに潜り込むような形で産卵し始めるが、
190502-Jako1522.bmp
190502-Jako1524.bmp190502-egg1526.bmp190502-Jako1530.bmp
時間をかけての産卵後に確認するとただの1個だけだったりする。いずれにしてもこの生息地での次世代発生が継続できることがわかって一安心。本日観察できた他のチョウは、モンキチョウ、モンシロチョウ、アゲハチョウ、ヤマトシジミ、そして例年ここでテリ張りをみるツマグロヒョウモン。
190502-ツマグロh1545a.bmp190502-ツマグロh1545b.bmp
posted by クジャクチョウ at 22:15| Comment(0) | 日記