2019年05月13日

チョウ観察会に備えて

5月19日(日)に開催される加古川市主催の「チョウ観察会」に備えて、加古川市環境政策課の職員お二人(男性中井さん、女性神田さん)と、観察会を支援する「加古川の里山・ギフチョウ・ネット」の竹内代表と筆者の4名で、現地の予定コースを歩く下見を実施。コースへと歩き始めた時点であいさつに出てきてくれたのはまだ新鮮度が高いサトキマダラヒカゲで、この愛嬌ものはじっくりと撮影記録をとらせてくれる。
190513サトキマ.bmp
次いでみられたツマグロヒョウモンは花の終わったツツジの葉上などに陣取ってテリ張りをしており、その動きは忙しく、とまるまで待っていては先に進めないので撮影はあきらめる。小高い山中で緑の木々に囲まれた適度に空間がひろがるところではアオスジアゲハがテリ張りの旋回飛翔を繰り返し、そこにあらたなアオスジアゲハが入ってくると、ときには3頭のアオスジアゲハ同士の絡みが展開する。このテリ張り内に入り込むホバリング中のクマバチやアゲハ、キアゲハ、ツマグロヒョウモンなどとの追飛翔は、観察会当日にもみられるはず。コミスジのゆるやかな飛翔や、足元を忙しく飛び交うヒメウラナミジャノメもみられ、薄暗い林へと下っていくところで飛び出したのは羽化したばかりと思えるナガサキアゲハの美麗メス。翅が十分固まっていないためか、しばらく林内で美しい旋回飛翔をみせてはアジサイの葉上にすぐに止まるという動きだったが、
190513-ナガサキ♀.bmp
やがて力強い飛翔にかわって近くにいたことが気づかなかったクロアゲハにチョッカイを入れたりしながら、ついには姿が見えなくなる。期待する花だったツツジ類はもう咲き終わりが近く、草地に多く咲く黄色いブタクサとピンク色の花がかわいいユウゲショウ、山道沿いに白い花が咲き始めているカナメモチなどに頼ることとなる。山から下りて田畑の近くを歩くとヤマトシジミ、ベニシジミ、モンシロチョウ、モンキチョウなどが飛んでおり、結局、本日の下見で確認できたチョウは上記の13種。途中でみたコミスジが葉陰となった部分に咲き初めで下垂する種名がわからない黄色い花穂にとまった絶好の光景が撮影記録できなかったことと、さらには美麗ナガサキアゲハの静止場面にズームアップが間に合わずに飛ばれてしまったことがとても残念。本イベントは2年続けて台風や雨で中止となっており、今年こそ好天気となってほしい。
posted by クジャクチョウ at 22:31| Comment(0) | 日記