2019年06月09日

この幼虫は?

6月2日に産卵されたゴマダラチョウが6月7日に孵化し始め、孵化したばかりの初令幼虫が最初の食事となる卵殻を食べている様子を記録していると、すでに孵化した幼虫が定住場所を決めようと移動してきて、その動きが気になって食事を中断する場面が記録できる。
190607-larva01.bmp
幼虫は再び食事に専念するが、気が散ったせいか最後まで食い尽くさずに移動を始める。この間、居並ぶ卵の左から2番目の卵内でも孵化兆候があって、黒い頭部分がぴくぴくと動いていたが、気づけばとっくに頭が出ていて、体が抜け出られるように殻内にいながら卵殻を少しずつ摂食している。
190607-larva02.bmp
その摂食は30分も要してようやく殻から脱出。
190607-larva03.bmp
これまで孵化の様子を今回ほど詳細に観察していなく、これほどまで時間を要しているとは思ってもみなかった。
 2日経過した本日は、多くの幼虫が最初の場所からずいぶん離れた葉先に定住場所を決めていて、
190609karva00.jpg
その様子を観察記録していてビックリ! 信じがたい大きさに成長した幼虫がいるではないか。
190609laeva.jpg
体長を計ってみたら突起の先まで20mmで、初令幼虫はわずか4mmだ。6月2日の産卵個体から気づかないうちに早々と孵化したとしても、しかもただの1頭だけがここまで早く成長することは考えにくい。エノキはオオムラサキの目覚めた越冬幼虫のために3月28日に室内へと取り込んで以降外に出したことはなく、ゴマダラチョウの母チョウを連れ帰って吹き流しに入れたのは6月1日の夕刻で産卵は、当日から6月2日にかけての2日間に終了している。いくら考えてもこの幼虫の存在が説明できない。
posted by クジャクチョウ at 08:33| Comment(0) | 日記