2019年06月17日

ヒメヒカゲ調査 Ser.9

ミドリシジミの発生状況を確認する目的も含めて午後の時間帯にヒメヒカゲ調査。ダイエット期待のcycling で加古川河川敷を走る。追い風となる南風を背に快調な走りで、途中、アカツメクサで求蜜するきれいなモンキチョウを何度もみて、科学の祭典用に捕獲してもいいがと思いながら素通り。河川敷の遊歩道沿いではエンジン草刈り機を使ったいっせい除草が始まっていて、キタキチョウやモンキチョウの発生源がことごとく全滅していっている。
 ヒメヒカゲのトランセクト調査では、陽ざしを避けて木陰に落ち着いているオスや、
190617-1504.bmp
ケネザサの葉上で翅の開閉を繰り返すメスなど
190617-1505.bmp
まだ新鮮度の残る個体を観察できるが、今年はピークといえるような個体数増の気配がないまま終えてしまいそう。産卵についてはまったくみつけられないままだが、6/13日にマーキングをした個体が元気に登場してくれると嬉しくなる。
190617-1506.bmp
 トランセクト調査の最後の地点でウラギンシジミを観察記録したあとは普通の観察に戻る。
190617-ウラギン1521.bmp190617-ウラギン1523.bmp
ウツボグサの花が咲く場所は例年オオチャバネセセリが日向ぼっこをする姿を見るが、今年も裏面の白紋が薄くなった個体を観察記録。
190617-オオチャバネ1511.bmp
ハンノキのある場所でしばらく待ってみたがミドリシジミが飛び出す気配が全くなく、ヒメヒカゲのいる草地へともどる。松の木の木陰で休んでいるヒメヒカゲがなかなかきれいなメスで、
190617-1555a.bmp
190617-1555.bmp
カメラで接近しても平気な様子なので反対側からもと近づくと、機嫌を損ねたのか近くの背の高い枯れ穂へと飛んでその先端部にとまる。その光景はありがたいことに澄んだ青空を背景とするめったに撮れない記録となる。
190617-1601.jpg
オオチャバネセセリの比較的きれいな個体が真正面からみえる形で止まっているのに気づき、ゆっくり接近していったにもかかわらず敏感に察知されてケネザサが茂る草原へと飛ばれてしまう。その直後、ウラギンスジヒョウモンと思えるオレンジの濃い個体がいかにも挨拶にやってきたという形で飛んでくる。ブッシュ奥の目の高さの位置にとまったかと思うと
190617-1616.bmp
すぐに翅を広げ、翅全開の姿勢を長く保つ。
190617-1616a.jpg
ズームアップで前翅前端部の白紋がくっきりとみえてメスだと判別。
 このあと、ミドリシジミが飛ばないかと16時半までねばってみたがまったく姿をみせず、昨年、観察できたヤマトキソウやカキランがなぜかどこにもみられないのも不思議。
posted by クジャクチョウ at 22:00| Comment(0) | 日記