2019年06月30日

なぜこんなところに

庭に植えたゴーヤのために網を張る作業をしていた妻が、アシナガバチが巣をつくっていて、ハチも複数集まっているというので、ハチに罪があるわけではないが、頻度高く庭仕事をする妻にとっては気持ちがよくないため巣の除去とハチ退治をする。その作業を終えた段階で、妻がこれは何?木?と指さす先のフェンスにはなんとナガサキアゲハの褐色蛹。
190630-pupa1.bmp
確かにお隣さんから木の枝が張り出してきているように見えても不思議ではない色調だ。我が家に柑橘系の木はまったくなく、フェンス向こうのFさん宅にも南側のFさん、近隣のHさん宅にもそれらしき植物はないと思うが、各家庭の家周りの植物事情までを詳しく知っているわけではないため、もしかしたら近所の家のどこかで幼虫時代を過ごし、蛹化のために移動してきたことが考えられる。いずれにしてもこれはミステリー。そのまま羽化させて飛んで行ってもらってもいいが、出てくるのがオスなのかメスなのかに興味があり、絹糸を外して正面、側面、
190630pupa0.jpg190630pupa1.jpg
そして尾端の拡大写真をとってみる。
190630pupa2.jpg
楕円形の筋がある上の部分に縦筋がみえることからメスだと思われるので、できれば羽化の記録をとってみたい。

posted by クジャクチョウ at 20:56| Comment(0) | 日記

ゴマダラカミキリの変異個体

ピアニストの娘が仕事で外出しようと玄関を出た時点で、ゴマダラカミキリがいるよ、と知らせてくれる。急ぎ出てみると、そこにいたのはこのあたりでは珍しいキボシカミキリ?
190630キボシ.jpg
クワノキやイチジクがあるのは200m以上は離れたところで、しかも夜間照明に飛来した翌朝ならともかく、17時を過ぎた夕刻になぜこんなところにやってきたのか。次いで、ツマグロヒョウモンのきれいなメスがフワリフワリと優雅な飛翔でやってきて、筆者のいるすぐそばでとまる。そのタイミングがあまりにいい感じで、娘には「これは間違いなく挨拶にやってきてくれたんだよ」と。
 カミキリムシは害虫でもあるので海外の甲虫愛好家に送ってやろうと採取して、その撮影記録をとってよく眺めると、どうやら娘の言っていた通りのゴマダラカミキリで、白点模様が黄色みを帯び、左右非対称という変異個体のように見える。
posted by クジャクチョウ at 20:48| Comment(0) | 日記