2019年10月01日

シルビアシジミの訪花シーン

 秋晴の好天気にじっとしていられない。9月17日にシルビアシジミがヌスビトハギで吸蜜していたシーンをピンボケの映像でしか残せていなかったことが悔しくて、そのリベンジを目的としてサイクリング。
 野焼き後に緑が回復した土手の上に出ると、新鮮度は落ちているが複数のシルビアシジミが低い位置を飛び交っている。まずはミヤコグサに産卵して回るメスの動きについていくと、草陰となった部分ばかりを飛んで産卵するため、撮影記録がとりづらくフォーカスも甘くなってしまう。
191001産卵1023.bmp
花を探すような飛翔をみせるオスの飛翔についていくと、期待通りにヌスビトハギの花へと向かい、すぐに吸蜜し始める。
191001ヌスビトハギ00.bmp
後翅裏面の鱗粉が白く、もしかしたらヤマトシジミか、と不安がよぎるが、珍しく長い時間同じ花で蜜を吸い続けてくれるので、青空を背景とする映像もしっかりと記録する。
191001ヌスビトハギ1.bmp
撮影を終えて映像をチェックし、シルビアシジミに間違いないことがわかって、本日の目的が達成できたことにほっとする。「きべりはむし」には2度の投稿で10種の吸蜜植物を報告しているが、第3報としてイヌコモチナデシコ、ヌスビトハギ、ブタナの3種を追加し、合計で13種の吸蜜植物を報告したことになる。
 足元にいきなりきれいなツマグロヒョウモンのメスがやってくるが、すぐに草陰へと潜り込む。産卵なのかとよくみるとスミレはなく、休息目的のようだ。やがてきれいな翅表を見せながら滑空状態で土手下へと飛び去る。次いでほとんど同じところに新たなメスが現れ、この個体は草の隙間からなんとかきれいな姿を撮影記録できる。
191001ツマグロH1037.bmp
 再びシルビアシジミの動きを追うと、ミヤコグサで吸蜜中の個体がいて、その撮影記録をとり終えるとすぐに飛ぶ。
191001ミヤコグサ1044.bmp
その近くにヒナギキョウが一輪あって、嬉しいことにその花にもシルビアシジミが止まっている。これは撮影しなくてはとカメラを向けると他の個体がチョッカイを入れるが、幸い元の個体はそのまま吸蜜を続ける気配。撮影後によくみれば、花の裏側に止まって口吻を伸ばしていたことがわかる。
図7.bmp
 シルビアシジミ以外にモンシロチョウがヌスビトハギやミヤコグサで吸蜜する様子も観察したが撮影は間に合わず、モンキチョウの雌雄が絡み合う光景や、キアゲハが飛ぶのも目に入る。土手下に止めた自転車へともどる際、黄色が濃いキタキチョウがヌスビトハギの周りを飛ぶ。その飛翔をみやりながら帰路につく。
posted by クジャクチョウ at 17:49| Comment(0) | 日記