2019年12月19日

ジャコウアゲハの越冬蛹を回収

 蝶友のひとりがウマノスズクサの実物をみていないようで、ギフチョウ生息地の雑木林内でヤマイモを見つけ「これ、ウマノスズクサとちがう?」と尋ねてきたりする。その蝶友とは21日に会うことから現物をみせてあげようと、ジャコウアゲハの発生地にでかけ、枯れかけたウマノスズクサのなかからまだ緑が残る部分を切りとって持ちかえる。ここでは結局この茎だけが緑の葉を保っていた。
191219ウマノスズクサ.jpg 
 その際、今までに気づかなかった越冬蛹がまた1個体見つかる。
191219Pupa1.bmp
ウマノスズクサがある土手斜面からはかなり離れた、畑を囲う鉄柵の下に帯蛹となっていたのが、なぜか胸部の保護糸が切れて尾端だけでぶら下がり、黒い影となって目に飛び込んできた。
191219Pupa2.bmp
このままでは無事に越冬できないと思われるので、持参したハサミを使って尾端の固定糸をゆっくりはがして回収。先日みつけた越冬蛹は何事もなくそのままだが、同じコンクリート柱の近い部分に何者かに襲われた蛹の痕跡があって、ここでは安全ではないことを示しており、
191219Pupa3a.bmp
191219Pupa3b.bmp
191219Pupa3.bmp
再びハサミを使って固定糸を慎重にはがして2個体目の蛹を回収。公園のサクラの葉っぱの紅葉がきれいなので撮影記録をとって撤収。
191219サクラ.bmp
posted by クジャクチョウ at 13:36| Comment(0) | 日記

2019年12月16日

ジャコウアゲハの越冬蛹

 15時前に高砂公園でヤマトシジミなどを探したが飛ぶチョウはいなく、ゴマダラチョウの幼虫も14日に静止していた葉っぱごと姿がなく、エノキから降りたのものと思う。ついでにジャコウアゲハの越冬蛹の様子をみに行ってみる。幸い県道沿いのアキニレに剪定の痕跡はなく、3個体ほどが黒ずんで死んでいる以外は問題なさそう。
191216-01.BMP
191216-03.BMP191216Pupa2.jpg
用水路の壁面で蛹化した個体は3頭が無事で、
191216-04.BMP
水面に近い低い位置で蛹化していた個体はその後増水したときに水没したとみられ、その姿が見えない。コンクリート土台に帯蛹となった個体はいずれもチガヤなどの草陰で変化なし。
191216Pupa4.jpg
最後にみなおしたコンクリート柱の低い位置に見落としていた蛹が1個みつかり、
191216-10.BMP
その記録をとって撤収。
posted by クジャクチョウ at 17:13| Comment(0) | 日記

2019年12月14日

晩秋のチョウ

 テニスのあとでゴマダラチョウの幼虫が見つかったことから、カメラを取りに戻り、ついでにムラサキシジを探したが見つからず、ヤマトシジミの♂が1頭だけカタバミの花を訪れたり、
vs191214-001.BMP
路面で日向ぼっこをする様子を撮影記録。
vs191214-002.BMPvs191214-004.BMP
この時期でも翅表のブルーは美しい。
posted by クジャクチョウ at 13:18| Comment(0) | 日記

テニスのあとで

 4週間ぶりのテニスを楽しんだ後の高砂公園で、ゴマダラチョウの幼虫1頭を発見。11月に確認していた幼虫が公園清掃の刈り込みで犠牲となっただけにうれしい。テニスコートそばにキョウチクトウと混生するこのエノキは、毎年のようにゴマダラチョウが発生するのだが、今年このエノキで見ることができた幼虫はこの個体が初めて。SONY HDR-CX150だとフォーカス合わせが楽だが
191214larva00.jpg191214larva01.jpg
Olympus TG-6 では接写モードにしてようやくフォーカスが合う。
191214larva02.jpg191214larva03.jpg
このエノキも夏には剪定の対象となるが、来年の芽吹きまでこの幼虫の越冬は問題ないと思う。
191214larva04.jpg
posted by クジャクチョウ at 13:04| Comment(0) | 日記

自然観察ノート