2020年04月04日

ギフチョウ観察会(Apr. 4, 2020)

 加古川の里山・ギフチョウ・ネットの2020年最初のイベントである「ギフチョウ観察会」に参加。気温も上がり、風も強くはない天候で、桜の花もほぼ満開状態の広い草地をときには3個体が縦一列に連なる追飛翔をみせるなど、申し分のない光景が展開。カメラを構える小学生3名と、大人は10名。
200404観察会01.jpg
9時半時点ではギフチョウが止まるのは路面だけで、デジタルカメラでその記録を撮っておく。ビデオでは路面から飛び立つ瞬間の飛翔記録が抽出できるが満足度は低い。
200404ギフ00.jpg
200404ギフ飛翔0.bmp
やがてギフチョウが桜で吸蜜するシーンの撮影経験豊かなIさんご夫妻もみえ、11時を過ぎて高い位置を飛び始めると桜での吸蜜が期待できると話してくれる。
 いつもギフチョウにちょっかいを入れて邪魔となるキアゲハが少なく、邪魔をするのはアゲハ。アゲハが桜で蜜を吸う光景は見たことがない、と話していたのだが、いきなりアゲハが桜の花にやってきてじっくりと吸蜜するシーンが撮影記録できる。
200404アゲハ00.bmp
200404アゲハ01.bmp
ギフチョウが桜で吸蜜する場面も二度、目の前でみられるがビデオカメラのファインダーにとらえきれないうちに飛ばれてしまい、飛び立つ瞬間の記録だけがかろうじて甘いフォーカスだが撮れている。
200404ギフ桜.bmp
 そのあとは桜の樹の近くに陣取って、ギフチョウが飛び回る状況を撮れたら幸いというような態勢でビデオONとして粘ってみる。帰宅してその記録を細かく調べると、フォーカスがしっかり合ってはいないことをやむなしとして、アゲハとギフチョウとの追飛翔場面など数カットの記録を抽出できる。
200404ギフ飛翔2.bmp
200404ギフ飛翔3.bmp
200404ギフ飛翔4.bmp
200404ギフ飛翔5.bmp
posted by クジャクチョウ at 20:31| Comment(0) | 日記

自然観察ノート