2020年04月07日

ツマキチョウの♂に会えた

 4月4日の11時半に山を下りた、そのあと12:30までにギフチョウが桜にやってくる回数が増え、蝶友Iさんのブログにみごとな桜とギフチョウの画像が複数アップされているのを知り、同じ情景を期待して出かけてみる。4日には1kmの山道を車で登れたが今日は登山入り口に鍵がかかっていて端から徒歩でののぼりとなる。1km登った後にはさらに階段の登り道が400m続いていて、途中でテングチョウとヒオドシチョウの撮影をしながら標高271mの山頂部についたのが12時過ぎ。時間的にはギフチョウが桜の花蜜を欲しがるはずだが、飛び回る3個体に桜の花へと向かう気配はない。
200407ギフ1207.bmp
200407ギフ1208a.bmp
路面に止まって休む個体を撮影しても変化に乏しく、ひたすら桜の花へと向かってくれることを願う。ところが日向ぼっこ中のヒオドシチョウが低い位置を飛ぶギフチョウにちょっかいを入れ、そのヒオドシチョウがやがて2個体となり、さらにはアゲハチョウまでも飛び出てきてみられるのはギフチョウとの追飛翔ばかり。ときには4日と同様のギフチョだけの3縦連飛翔が展開する。結局12:40まで粘ってただの一度だけ桜の花で蜜を吸う個体がいたのだが、早い動きで驚かさないようにゆっくり撮影角度のいい位置へと移動するその途中で飛ばれてしまう。
 下りの山道で、翅表のブルーをキラキラと輝かせて飛ぶルリシジミについて回り、静止状態から飛び立つ瞬間のビデオ撮影記録をスロー再生して、初めて♀だったことがわかる。
200407ルリ1251.bmp
200407ルリ1251a.bmp
次いでミヤマセセリの♂とトラフシジミを撮影記録して1kmの坂道を約10分で駆け降りる。
200407ミヤマ1253.bmp
200407トラフ1255.bmp
 山から降り立った周辺にはツマキチョウをよくみる草原があって、モンシロチョウとは明らかに違う水平飛翔をするツマキチョウらしきシロチョウが目に入り、追いかけてみるとアスファルト面によたりながらとまる。やはりツマキチョウだが、雌雄の判別ができないまますぐにまたよろよろと飛んだかと思うと目の前の草むらに落ちるようにして止まる。開いた翅の先端にはオレンジ紋があり、ここでようやく♂だとわかる。
200407ツマキ1314.bmp
左後翅が少し傷んでいることと、弱々しい飛び方から羽化して数日が経過した個体だと思われる。
posted by クジャクチョウ at 19:54| Comment(0) | 日記

自然観察ノート