2020年04月16日

ジャコウアゲハの寝床は

正午に訪れたジャコウアゲハの生息地で♀の発生は確認できず、4月14日に引き続き桜の花で吸蜜する♂を複数個体観察。休憩しているのか吸蜜しているのかわからない個体を記録した後、
vs200416-006.BMP
青空を背景とする願ってもない態勢で吸蜜する個体を認め、すぐにカメラを向けたがそのすばらしい映像は記録できず。
vs200416-001.BMP
確実に吸蜜している個体をファインダーにとらえてからズームアップしていくのが鉄則だが、ジャコウアゲハもギフチョウと同じでなかなか長居をしてくれない。しかもほとんどが高い位置のため本日は満足がいく映像は撮れなく、
vs200416-007.BMP
同じように高い位置の桜で吸蜜するアゲハも証拠記録がとれただけ。
vs200416-004.BMP
vs200416-003.BMP
vs200416-002.BMP
昨日移植したウマノスズクサが水分不足でしおれかけていたため、夕刻、ウマノスズクサの水やりを目的に再び児童公園へ。ジャコウアゲハがまだ飛んでいるが今夜の寝床を決めるためか、クスノキの枝葉の先端部分を何かを探すかのように転飛することが多く、やがて相当高い位置に静止する。
vs200416-009.BMP
今夜はそのまま高い位置を寝床として過ごすようだ。
posted by クジャクチョウ at 21:02| Comment(0) | 日記

自然観察ノート