2020年05月01日

高砂市のシルビアシジミ:♂に出会えない

高砂市のシルビアシジミ生息地へと出かけること、この春四度目。今日こそは♂に出会えるかと期待したのだが、プラスティック製の専用簡易ソリを使って、生息地の土手斜面で草滑りを楽しむ家族連れがいて、斜面一帯にあったミヤコグサの群落はあとかたもなく、土がむき出しとなった帯状の肌地が数本もできている。わずかに群落が残る、子供たちが近づかない場所でシジミチョウを探す。翅表のブルーが少しは濃いかなとついて行って、アカツメクサにとまった個体は残念ながらヤマトシジミの♀。時間を空けて再度シルビアシジミを探すと、ようやくミヤコグサで夢中になって吸蜜する個体がみつかる。
200501Sylvia1451.bmp
翅表をみせてくれないのでわざと接近して飛んでもらうと、キラリとブルーが輝くが雌雄の判別が難しい。
200501Sylvia1452.bmp
裏面に白斑点がめだつことから♀である可能性が高く、次々と場所を変えて吸蜜する様子を撮影し続け、
200501Sylvia1452b.bmp
帰宅してから飛ぶ瞬間の翅表をチェックすると、やはり♀。
vs200501-007.BMP
最後に間違いなく♂だとわかる個体が止まるのを待って確認すると左前翅先端が少し欠けたヤマトシジミの♂。
vs200501-009.BMP
結局、今年はまだこの場所で♂の姿を見ることができないままなのが心配。
posted by クジャクチョウ at 17:37| Comment(0) | 日記

自然観察ノート