2020年05月17日

ジャコウアゲハ幼虫を継続観察

生息地の土手斜面で幼虫を継続観察。ウマノスズクサの食痕を頼りに探索をすると、斜面全域にわたって偏りなく幼虫を観察できるが、やはり数は少ない。
2020517larva6.jpg
2020517larva2.jpg
2020517larva1.jpg
2020517larva5.jpg
モンキチョウが飛来して逆光に透けるいい位置にとまってくれるので、せっかくのサービスを受け入れる。
2020517モンキ.jpg
ヤマトシジミの♀が開翅状態で日向ぼっこをしているが、もはや低温期型ではないので申し訳ないが撮影意欲がわかない。公園内のハコネウツギにアゲハがやってきて休憩をし始めるが、OLYMPUS TG-6 のズームアップ能には限界がある。
2020517アゲハ1.jpg
posted by クジャクチョウ at 18:09| Comment(0) | 日記

自然観察ノート