2020年05月26日

アキニレ間一髪

県道路肩部分でジャコウアゲハの幼虫を再調査中、アキニレの真横に黄色いトラックがとまり、作業要員が降りてくる。3名中一人が手にするのは電動ノコギリで、まちがいなくアキニレを根元から切り倒す魂胆だ。このままではジャコウアゲハのお気に入りの蛹化場所がなくなってしまう。土手斜面から作業員へと近づき、切るのは道路側だけにして土手側は残してほしいと訴えると、根元から切るように指示されているとの返事。その間にもアキニレがどんどん切られていく。
200526アキニレ伐採0.bmp
この場所のアキニレは土手で発生しているジャコウアゲハというチョウが蛹になる数少ない場所で、全部切られてはチョウがかわいそう。ジャコウアゲハは姫路では市のチョウに指定されて保護されており、高砂のこの場所は貴重な発生地となっている。切るのは邪魔になる道路側だけにしてほしい、と強く訴える。言わんとすることはなんとかわかってくれて、電動ノコギリを駆使する男性に切るのは県道側だけにしようと伝えてくれる。男性の枝葉を切る作業はとても荒っぽく、切り口も実に雑で、そこまで切らずともと思える枝まで余計に切ってやっと作業を終えてくれる。
200526アキニレ伐採0.jpg
 本日は、土手斜面の終齢やそれに近い幼虫をできるだけ多く回収して、自宅で飼育をするつもりで大きいビニール袋とハサミを持参。昨日同様、ウマノスズクサの茎部分をかじる幼虫がめにつき、かじっている様子を接写モードでビデオに記録してみると、かまれたら痛いのではないかと思える鋭い牙のような口でかじりついている。
200526larva1007.jpg
該当する幼虫のほとんどの回収を終え、昨日、徹底的な調査ができていない路肩部分の再調査をはじめたところに作業車がやってきたわけで、まさに間一髪。このタイミングでもしも現地にいなかったらアキニレは切り株だけが残るところだった。
 念のために緑濃い葉が増えたアキニレを調べると、なんと前蛹個体と、蛹化場所を探す終齢幼虫の姿もみる。
P5260061.JPG
200526アキニレ幼虫bmp.bmp
もしかしたら切り取られてトラックで運ばれた枝葉に前蛹がついていた可能性もあったのだがすでに後の祭り。平坦部についてもていねいに調べると、新たに12頭の幼虫が見つかる。路肩部分の昨日の見落とし幼虫数は実に24頭もいた。なお、まだ卵状態のものも3個体を確認。
200526_1057egg2.jpg
posted by クジャクチョウ at 15:11| Comment(0) | 日記

自然観察ノート