2020年07月18日

ジャコウアゲハ:想定外の幼虫移動および夕刻の交尾

移植したウマノスズクサへの水やりついでに平坦部のウマノスズクサを調べると、想像以上に枯れた葉が多く、8月上旬に予定されている土手斜面部分の除草実施後には、路肩部分に残るウマノスズクサだけが頼りとなるわけで、まもなく羽化する蛹が50頭以上はある状況が悩ましい。
200718pupa5.jpg
越冬時に蛹化場所として利用されているアキニレの木を確認すると、前蛹が4、蛹化場所を決めたと思える終齢幼虫が1で、
200718prepupa1806.jpg
200718prepupa1808.jpg
第2化の幼虫も利用していることがわかる。用水路まわりはどうかと調べると、唯一公園側へと渡ることができる鉄管の下面に蛹と前蛹が見つかり、反対側からの撮影記録をとろうとすると、こちら側からみて初めてわかる枯草につく前蛹に気づく。
200718pupa1746.jpg
200718pupa1748.jpg
さらには、道路面から用水路の壁側へと垂れ下がるムラサキツユクサに前蛹が1、小さなノキシノブで蛹化した個体が2。
200718prepupa1747.jpg
200718pupa1749.jpg
公園側へと移動すると、フェンスに前蛹2と蛹が2(1個は脱皮したばかり)、
200718pupa1823.jpg
200718prepupa1822.jpg
そして土手側からの移動距離では観察を始めてから最長となる、鉄管までに約10m+約40m離れた場所の倉庫の外壁で前蛹となっている1個体もいて驚く。
200718prepupa1813.jpg
 この調査中にジャコウアゲハの雌雄の飛翔もみられ、寝床を決めた個体がいるかもしれないと探してみると、18時半近い時間帯で交尾中の個体が観察できる。
200718交尾1817.BMP
第3化につながる産卵はすでに始まっており、ウマノスズクサが足りるかどうかが気がかりだ。なお、今日もハクセキレイがすぐそばまで来てくれた。
200718ハクセキレイ1749.BMP
何か話したそうなそぶりで足元10cmほどに近づいてくれたが、網を持った子供がザリガニを探しにやってきたため、飛び去ってしまった。
posted by クジャクチョウ at 22:48| Comment(0) | 日記

2020年07月17日

スミナガシが羽化

須崎市の大アさんが送ってくださったスミナガシの蛹が昨夜に翅部分が黒ずんでみえ、本日の早朝5時半に目覚めて確認すると腹節部の広がりも観察できたため、急ぎビデオ撮影の準備をする。
200717pupa540.jpg
タテハチョウ科の羽化は、翅部分の変化が顕著でないまま羽化してしまうことをゴマダラチョウでも経験している。大アさんからは背中の鉤部分が透過光で空洞になってみえる、と教えていただいていて、確かに透けている。とにかく羽化の確実な兆候は腹節部が広がることだ。それでも翅が丈夫なタテハ類ではヒメヒカゲのように羽化直前になってことさら広がりが幅広くなることがないまま羽化に至ることが多い。
 大アさんからは午前中に羽化することが多いとのアドバイスもあり、10時までに羽化するだろうと予想しながらも6時からビデオ撮影モードをON状態にして、昨日に捕獲したトラフカミキリの足や触覚を整えていたら、蛹の下にしいていたチッシュペーパーが赤く染まっているのに気づく。時刻は6時半を過ぎているがここまで早い羽化は想定外。
200717羽化640.bmp
200717羽化641.bmp
蛹がひび割れてスミナガシが出てくる瞬間の記録は撮れているが、翅を伸ばしていく様子が画面から外れていた。
200717羽化643.bmp
200717羽化648.bmp
200717羽化up.bmp
蛍光灯を照射していても羽化個体の色調をとらえるのには光量不足で、吹き流しへと移してから翅を全開として止まる得意のポーズをTG-6で撮影すると、自動的にONとなるflash効果もあって美しい緑色を帯びたスミナガシ独特の色調が記録できている。
200717スミナガシ2.jpg
貴重な蛹を提供して下さった大アさんには感謝の気持ちでいっぱいだ。アオバセセリの蛹もいただいているが、
200717アオアバセセリ蛹.jpg
こちらの羽化については、帯蛹から出た後どこで翅を伸ばすかの想定が難しく、撮影記録がとれるかどうかは微妙。
posted by クジャクチョウ at 10:16| Comment(0) | 日記

2020年07月16日

佐用町のオオムラサキ♂

  もしかしたらオオムラサキの♀に会えるかもしれないとの淡い期待をもって四度目の遠征。到着したコナラ林の樹液食堂は開店休業に近い状態で、高い位置の樹液はもう出ていないのかカナブンとオオスズメバチが競うように吸汁するのは路面に近い部分の樹液1か所だけ。やはりオオムラサキの発生は終わったと言い聞かせ、7月9日に600歩ほど坂道をのぼったところにあるエノキの大木にタマムシがいたことに期待していってみると、タマムシはいないがキマダラモドキの♀が飛び出し、薄暗い場所で樹肌にとまっているところを撮影記録。
200716キマダラモドキ1200.bmp
200716キマダラモドキ1200a.bmp
裏面がきれいにみえる角度では頭部分が隠れてしまう。
 簡単な昼食をとっていると、あきらめていたオオムラサキが筆者が立っているすぐ目の前の樹肌にやってくる。
200716オオムラサキ0.bmp
♂である。樹液はすでに涸れているが、例のオオムラサキホイホイに日本酒を追加した液を噴霧した効果だと思われ、噴霧液で濡れる部分へと歩いてストローを伸ばしてくれる。その移動の過程で何度も見せてくれる翅表の輝きに、モルフォ型に近い美しい青紫の構造色がみられる。
200716オオムラサキ4.bmp
200716オオムラサキ6.bmp
このあと15時過ぎまでに電線にとまって降りてこない個体など3♂が飛来するが、
200716オオムラサキ1400.bmp
200716オオムラサキ1512ヒラタ.jpg
いずれも翅の損傷が大きく、最初の個体ほどの美しさもみられない。小さく見えるクワガタはヒラタクワガタで、展足標本を撮影して合成写真にしている。
posted by クジャクチョウ at 23:40| Comment(0) | 日記

2020年07月15日

今日もジャコウアゲハの生息地へ

7月12日に回収した卵から孵化してきた幼虫を現地に戻すついでに連続しての現地調査。本日は、土手斜面のウマノスズクサを4株掘り出して、平坦部のチガヤの隙間に移植してみた。路肩部分から土手斜面にかけて新たな産卵がないかと調べても見つからないが、幼虫がなんと20頭以上見つかる。そのほかには前蛹が3、蛹がトクサに1、ウマノスズクサの茎に1、
200715pupa1225.jpg
珍しくヌスビトハギの葉裏に1の3個体を回収でき、
200715pupa1255.jpg
すべてを平坦部へと移す。最近羽化したと思える蛹のぬけ殻も2個を観察。
200715羽化殻.jpg
今日もきれいな♀が平坦部のウマノスズクサ周りを飛んでいて、途中でノラニンジンの花蜜を少しだけ吸ったりするが
200715吸蜜1232.bmp
産卵する場面は見られず。
 約1時間の作業の後半には、ハクセキレイが草葉の茂みを棒で突っついて回る筆者にまとわりつくようにずっとついて回ってくれた。
200715ハクセキレイ1255.bmp
200715ハクセキレイ1258.bmp
筆者の作業で何か食べられるものが出てくることを期待したのだろうが、具体的に期待に応えられないまま帰るのが申し訳ない気持ちとなる。
 驚いたのは隣の公園で、高所作業車も入り込んでの大胆な樹木の刈込が実施されていて、アゲハ類が好んで寝床などに利用していた4,5本のキンモクセイには葉っぱがほとんど残っていないし、クスノキの大木も大きな幹だけが残るという容赦のない枝打ち伐採がなされて、
200715ぼたん公園2.jpg
アオスジアゲハの幼虫などがいたとしたら助かる見込みはない。
posted by クジャクチョウ at 18:32| Comment(0) | 日記

2020年07月14日

ジャコウアゲハ:継続調査

久しぶりの激しい雨が続いた後の晴れ間にジャコウアゲハの生息地で継続調査。7月12日に頭部を食い破られた蛹のその後はというと、固定糸の痕跡も何もなく蛹が消えている。3日間のうちにハチがすっかり食い尽くしたとしか考えられなく、近くにある他の蛹へと攻撃を広げることはなかったようだ。
 本日は約1m長の棒を使って草むらをかき分けながら土手斜面の下部分と、路肩部分をていねいに見直し、見つけた蛹が23頭(トクサ:7、セイタカアワダチソウ:6、チガヤ:5、ヨモギ:3、ノラニンジン:2)、幼虫が6頭で、いずれも平坦部のウマノスズクサがあるチガヤの茂みのなかへと移しておく。
200714pupa1423.jpg
蛹の一つはヨモギの茂みの下に幼虫の脱皮殻があるのに気づき、そのすぐ上を調べると蛹化したばかりの蛹が見つかる。
200714pupa1418.jpg
平坦部のウマノスズクサに移した幼虫が次々とチガヤの茂みの中で蛹化しているのが見え、あいかわらず茎部分を仲良く摂食する幼虫の姿も見る。
200714lara1346.jpg
200714lara1347.jpg
このような光景は頻度高くみることができ、お互いが共食いをする習性があるとは思えない。この調査のあいだに7月12日にみたのと同じ個体かどうかは分からないが、きれいな♀が産卵場所を決めかねる飛翔を見せ、
200714ジャコウ♀1324.bmp
200714ジャコウ♀1327a.bmp
実際に産卵することなく飛び去っていったが、除草が始まるまでにあちこちに産卵するのは間違いなく、ここでの作業はまだ続く。
posted by クジャクチョウ at 18:05| Comment(0) | 日記

2020年07月12日

ジャコウアゲハの天敵

テニスのあと、大汗のかきついでにジャコウアゲハの生息地へと大回りで寄り道。雨が降る気配が全くないせいか、昨日、かなりていねいに見て回ったはずの草むらで、あらたに見つかった幼虫は、若令から終令まで合わせて25頭。雨模様の日中にはどこか葉陰などに身を隠していた可能性が考えられる。路肩部分を往復すると、往きには気づかなった蛹が、復路だとはっきりオレンジ色がみえたりする。
200712pupa1216.bmp
あらためて回収できた蛹は、土手の斜面下部分のみなおしでみつけた分も合わせて6個体。回収した幼虫を平坦部のウマノスズクサに適当に分散させて移したあと、昨日の前蛹が次々と蛹化したことを確認して回る。
200712pupa1217.bmp
その途中、ハチの一種がとまっている蛹があり、近づくとフタモンアシナガバチで、すでに頭部分が食い破られ、さらにどんどん食い進められている。
200712pupa犠牲1226.bmp
200712pupa犠牲1228.bmp
蛹化してからいくらか経過した蛹で、蛹化直後の柔らかい段階で襲われたわけではなさそうだ。
一気に食い尽くすことはないだろうと、少し時間をおいて戻るとハチの姿はなく、今後どのような経過をたどるのだろうか。
200712pupa犠牲1232.bmp
このようなハチによる蛹への攻撃があるとは考えたことはなく、新たな自然の営みを見せつけられた思い。
 なお、土手斜面のウマノスズクサに新しく産み付けられた卵が観察でき、
200712eggs1225.bmp
きれいな♀が悠然と舞い飛ぶ姿も見られ、
200712ジャコウ♀1239.bmp
200712ジャコウ♀1241.bmp
国土交通省による8月の除草までに改めて卵の回収を計画する必要がある。
posted by クジャクチョウ at 14:29| Comment(0) | 日記

2020年07月11日

ジャコウアゲハの移動-3

まさに梅雨の止み間という感じの11時前、9日に観察した前蛹が蛹化していることの確認と、土手斜面にまだ幼虫の見落としがあると思われ、土手斜面の下部分で蛹化している個体にも注意して調べると、幼虫は12頭、蛹も10頭がみつかる。合点がいかないのは、路肩部分に確認して回収はしなかった背丈が低いノラニンジンの茎についていた前蛹が、消えていたこと。
200709larva1731.bmp
写真記録では確実に糸がけが終わり、体がくの字型にまがって、このあと場所を変えたとは考えにくい。
 本日、雨露にぬれる蛹化個体や、
200711pupa1056.jpg
200711pupa1057.jpg
ウマノスズクサの茎をかじる終令、
200711larva1055.jpg
および仲良く頭を並べて同じ茎を摂食する幼虫など、
200711larva1102.jpg
そして土手斜面の下で茂みをかきわけて見つけた蛹の記録をとっているので主な記録を示しておく。
200711pupa1110a.jpg
200711pupa1116.jpg
200711pupa1122.jpg
蛹の多くはチガヤ、ノラニンジン、ヨモギの葉や茎への帯蛹で、
200711pupa1113.jpg
セイタカアワダチソウの葉裏に帯蛹となった個体も見られる。この調査中にきれいな♀がやってきて、風におおられて舞い上がる様子を撮影していると、鉄橋を渡ってくる新幹線も入る映像がとれている。
200711ジャコウ♀1144.bmp
本日の調査は雨が降ってきたら途中であっても撤収するつもりだったが、逆に強い日差しがあったりして大汗をかく作業となった。
posted by クジャクチョウ at 21:15| Comment(0) | 日記

2020年07月09日

ジャコウアゲハ:幼虫移動-2

昨日に引き続き、土手斜面の幼虫を探してすべてを平坦部に残るウマノスズクサへと移すため、ビニール袋に回収する作業に約1時間。蛹化準備に入る終令幼虫もいれば、若令幼虫が複数で葉裏に固まっていたり、、
200709larva1559.bmp
200709larva1606.bmp
今が最盛期の花まで摂食する幼虫(初観察)がいるなど、
200709larva1607.bmp
成育状況の幅は広く、路肩部分までていねいにみて回るとなんと合計で105頭。この調査過程で、前蛹2、蛹5個体もみつかる。
200709prepupa1709.bmp
200709larva1731.bmp
路肩部分で自動車道路のすぐそばのチガヤの葉裏と草の茎に帯蛹となった2個体は、
200709pupa1732.bmp
200709pupa1733.bmp
国土交通省の草刈りの対象外ではあるが、車が行き交うところでの羽化にはリスクが高いと思い、植物ごと回収して土手下の茂みへと移す。幼虫は、昨日移した約60頭も合わせて160頭以上で、平坦部のウマノスズクサの量がたりるかどうか微妙にも思えるが、その7割以上が終令なので大丈夫だろう。
 あらためて平坦部の茂みで前蛹、蛹を探すと、それぞれ5、2個体がみつかる。
200709prepupa1712.bmp
200709prepupa1720.bmp
200709pupa1719.bmp
前蛹1がスイバの葉裏である以外はすべてチガヤの葉裏についており、地上からの高さは50cm前後。土手斜面から大量に移動させたせいで幼虫の生息密度が高くなってしまっているが、なかよく茎部分をかじる光景も見られる。
posted by クジャクチョウ at 23:03| Comment(0) | 日記

2020年07月08日

ジャコウアゲハ:第2化以降

久しぶりにジャコウアゲハの生息地を訪問。高砂市管轄の土手下平坦部の草刈りが終わっているが、高砂市上下水道部浄水課がウマノスズクサの自生する部分に保護の囲いを設けてくれたおかげで、
200708除草1530.bmp
ここに移しておいた幼虫は順調に成育しており、
200708larva1531.bmp
ウマノスズクサの細い茎に帯蛹となった蛹もみる。
200708pupa0.jpg
意外だったのは第2化の♀による産卵も観察できたことで、
200708eggs1551.bmp
平坦部全体の状況を調べている最中に、翅にほとんど損傷のない♀がやってきて目の前で産卵する光景まで目にできる。さらには翅が傷んだ♂も飛来する。
200708メス1600.bmp
土手の斜面部分の除草は国土交通省の管轄で、6月にも第1回の作業が入るものと早合点して、6月9日にハサミ利用で、産卵対象が土手斜面にはないようにと、ウマノスズクサを根元近くからすべて切り取り、その作業で指の皮がむけるという目にもあったのだが、梅雨入りでたっぷりと水分が補給されたせいか、斜面一帯のウマノスズクサが一気に復活している。まさかと思いながら斜面に踏み込んで調べると、幼虫が次々とみつかり複数の産卵も見られる。
200708larva1545.bmp
この想定外の状況に、幼虫すべてを平坦部のウマノスズクサへと移し、卵は持ち帰って孵化してから現地に戻すことを考える。国土交通省による除草作業がいつだったかと2019年を振り返ると、第1回の除草は8月上旬に実施されていて、6月にあるものと思い違いをしていたことが判明する。本日移した幼虫は合計で約60個体。8月上旬までにすべてが蛹にまで育つことはなく、本日、幼虫を移したことは十分意味があったはず。移した終齢幼虫の中には、チガヤの葉裏へと移動して蛹化準備に入りそうな個体も見られ、
200708幼虫1639.bmp
最後に公園内に移植したウマノスズクサが3株ともしっかり根付いていることを確認して調査を終了。
200708ウマスズ.jpg
posted by クジャクチョウ at 23:00| Comment(0) | 日記

2020年07月05日

2020年オオムラサキの飼育は断念

6月29日に連れ帰ったオオムラサキが♂であったため、7月2日に現地に戻したものの2日には♀の姿を見ることなく引き上げた。妻が、7月2日は♀の発生には早すぎたのでは、と西播磨への再遠征を促してくれるのを二つ返事で受け入れて、本日三度目の西播磨。
 結論からいえば、今日も♀の出現はなく、唯一樹液にやってきた♂も後翅が大きく野鳥に食いちぎられたような破損個体。それでも翅を開いたときに見られる紫の輝きはいぜん見事で、その記録がとれただけで慰めとなる。
200705オオムラサキ1311.bmp
200705オオムラサキ1318b.bmp
不思議なのは、4日前には樹液周りに次々とやってきたキマダラモドキが全く姿を見せなかったこと。前回と同じく、スポーツドリンクに梅酒を混ぜたオオムラサキ・ホイホイを噴霧した効果は、少なくともキマダラモドキには発揮できなかったようだ。新鮮度が高いヒメウラナミジャノメの第2化個体は、普通種とはいえその美しさは見逃せない。
200705ヒメウラナミJ1227.bmp
200705ヒメウラナミJ1229.bmp
200705ヒメウラナミJ1229a.bmp
 前の2回の遠征時には調べなかった上方1kmほどまで調査範囲を広げて歩くと、イチモンジチョウの飛翔がみられ、エノキの高い梢部分を飛ぶタマムシも2頭観察できたが、両者ともに近くまでは来てくれず、途中でみたホタルブクロの記録をとっただけ。
200705ホタルブクロ1339a.bmp
オオムラサキ・ホイホイがすっかり気に入ってくれたのはヒカゲチョウとカナブンたちで、ヒカゲチョウは2時間半経過した時点でなお同じ場所で吸汁を楽しんでいる。
200705ヒカゲ1345.bmp
200705ヒカゲ1429.bmp
カナブンは当初、樹液食堂の好位置の取り合いで意地の悪い個体が弱い個体を追い払うような行動がみられたが、いつのまにか全員が仲良く吸汁するという、妻の言を借りれば「平和な光景」へと変わっている。
200705カナブン1429.bmp
 2時半近くとなって、妻がクロシジミの再調査に行ってもいいというので、オオアオイトトンボと背景とのコントラストがあいまいでフォーカス合わせが難しいモノサシイトトンボの撮影記録をとってこの場から移動。
200705オオアオイト1426.bmp
200705モノサシイト1428.bmp
posted by クジャクチョウ at 22:44| Comment(0) | 日記

自然観察ノート