2021年05月29日

テニスの合間にチョウ観察、午後はヒオドシチョウ狙いで小高い山へ

コロナ禍による緊急事態宣言は延長されたがテニスコートの使用が解禁となり、久しぶりに9時20分からダブルス試合に参加。約1か月ぶりだが体の動きは鈍っていなく、第一試合4ゲーム先取を4-1で勝利。次の試合までビデオカメラをもって高砂公園内を歩いてみるがチョウの姿がない。花壇のナデシコが咲き終わり、パンジーだけがまだ咲いていて、その花にようやくモンシロチョウがやってくる。黄色の花よりはムラサキがお好みのようで、濃い紫の花で蜜を吸う個体を撮影する。
210529モンシロ946.bmp
テニスコートへと戻る途上、遠くの路面にヒオドシチョウを見る。第一化の個体で翅表の緋縅色が鮮やかだが、ちょっと近づいただけで飛ばれてしまい、さらに遠く離れた路面にとまったところを証拠記録程度に撮影できただけで、ついには姿を見失う。次のテニスの合間に見られたのはホシミスジでゆったりとした飛翔で2個体目も現れるが、絡みの飛翔には至らず、休憩に入った個体をゆっくり撮影する。
210529ホシミスジ1033.bmp
210529ホシミスジ1033a.bmp
すぐそばにはチャバネセセリもいて、ウバメガシの葉上に野鳥が落とした糞汁に長い口吻をのばす様子を記録。例のヒオドシチョウは戻ってこず、シロツメクサで吸蜜するモンシロチョウがきれいでその撮影をしておく。
210529モンシロ1103.bmp
 テニスの合間にヒオドシチョウを観察しながらきれいな翅表の記録が取れなかったことから、午後、新鮮個体との出会いが期待できる小高い山へと出かけてみる。アカツメクサが咲く草むらではこちらに向かって飛んできたツマグロヒョウモンがすぐ目の前のアカツメクサにとまって休憩し始める。
210529ツマグロ1457.bmp
210529ツマグロ1458.bmp
口吻を伸ばす気配はなく、筆者を出迎えるあいさつにやってきたかと思える挙動だ。ヒメジョオンの蜜を吸い始めるベニシジミを記録し、
210529ベニ1509.bmp
次いで飛び出してきたのは翅が少し欠けたコミスジ。
210529コミスジ1512.bmp
期待した山頂部の空き地には子供たちがいてチョウはいなく、別の道をたどると期待したヒオドシチョウが前方の路面できれいに翅を広げて止まっている。離れた位置からとりあえず望遠撮影をして画像を確保し、
210529ヒオドシ010.bmp
少しずつ近づくと、当方の気配ではない自発的な転飛で、湿り気が多い地面へと移って吸汁し始める。
210529ヒオドシ011.bmp
こういう状況ではすぐに飛び立つことは少ないことから、可能な限り接近してビデオ撮影に専念する。ときどき影となった部分へと移動するため、鮮やかな緋縅色が陰ってしまうが、一連の撮影記録から静止画像として満足のいく記録を抽出でき、
210529ヒオドシ012.bmp
210529ヒオドシ013.bmp
期待通りに午前中のリベンジを果たす。
posted by クジャクチョウ at 19:02| Comment(0) | 日記

2021年05月23日

奥播磨に遠征

22日の土曜日は気温が上がらないという天気予報だったため、本日に変更していつもより少し早い9時10分発。途中の人家が切れるあたりでサカハチチョウの飛翔を見るがすぐに止まってくれるかどうかがわからないためそのまま直行。道中のタニウツギに花が残っているのを確認してほっとする。まずは、4個だけ産卵してくれたオナガアゲハのお母さんを吹き流しから出して飛ばす。飛び始めたあと筆者の体の周りまで舞い戻って挨拶をしてくれてから元気に飛び去って行く。
 タニウツギの花に来るクロアゲハとオナガアゲハの撮影をするが、青空を背景にするとチョウ自体が暗くなってしまう。
210523クロアゲハ1125.bmp
210523クロアゲハ02.bmp
210523オナガアゲハ1139.bmp
210523オナガアゲハ01.bmp
 日本チョウ類保全協会理事の永幡さんからの指摘で名前がわかったタンナサワフタギでシロシタホタルガの幼虫が花穂を食っている様子を撮影記録しておく。
210524ホタルガ幼虫1151.bmp
路面を流れ落ちる部分にできた水たまりそばではカラスアゲハが吸汁しており、何とか美しい翅表を記録しようと飛翔を追ってみるが難しい。
210523カラスアゲハ00.bmp
210523カラスアゲハ02.bmp
昼食タイムに渓流沿いのガクウツギにウスバシロチョウが止まるのに気づき、足場の悪い伐採後を走って近づくと、まちがいなくガクウツギで蜜を吸っている。
210523ウスバシロ_ガクウツギ1212.bmp
本種がネギボウズやグミなどの白い花を好むことは十分体験済みだが、ガクウツギが咲く頃にウスバシロチョウを見ること自体が珍しく、ガクウルギの花芯ど真ん中へと口吻を差し込む場面の記録も取れる。
210523ウスバシロ_ガクウツギa.bmp
次いで、悠然と現れたモンキアゲハの飛翔を追うと、咲き残る藤の花で少しだけ吸蜜したあと、
210523モンキアゲハ_藤1220.bmp
タニウツギへと移って、その後は長い時間をかけてこの花の蜜を楽しむ光景をビデオ撮影。
210523モンキアゲハ_タニウツギ00.bmp
この個体は、左前翅が羽化不全化かなにかで破損していて、その部分に白い鱗粉に見える模様が入っている。手元にとって見ていないので何とも言えないが、もしも鱗粉だったならずいぶん珍しい斑紋異常個体だったことになる。このあたりの山斜面にはシライトソウの花が群生して咲いているのでその撮影記録も取っておく。
210523シライトソウ.jpg
 しばらくしてタニウツギの花にやってきたミヤマカラスアゲハの♀を撮ったビデオ記録は、日当たりのいい部分で吸蜜してくれていないためあまりに鮮明度が低すぎる。
210523ミヤマカラス_タニウツギ03.bmp
タニウツギを訪れるアゲハ類があまりに少なく、道路上へと戻ると第一化の美麗アカタテハが遊んでおり、この個体としばらく鬼ごっこ。撮影記録をとろうと近づくとすぐに飛び逃げるという繰り返しで、アカタテハがシダ類の茂る草むらにとまりそうだが、結局また飛び逃げるだろうと撮影をあきらめて歩き始める。50mほど前方でミヤマカラスアゲハが湿り気のある泥地となった路面で夢中になって吸汁しているのが確認でき、小走りで向かってから最後はゆっくりと接近して撮影。
210523ミヤマカラス吸汁01.bmp
210523ミヤマカラス吸汁1246.bmp
すぐに手づかみできそうだと手を伸ばすと意外に敏感。
 再び50mほど先の木の葉に何か白いチョウがとまったのに気づき急ぎ足で近づくと、木の葉から移動してニガナの花で蜜を求めるモンシロチョウで、ビデオ撮影ONで接近すると、飛び立つ姿勢から翅を広げて飛び立った瞬間までの記録が撮れている。
210523モンシロチョウ1333.bmp
210523モンシロチョウ01.bmp
再び湿り気のある路面に何か来ていないかと歩くと、いつの発生かわからないが翅の損傷が痛々しい越冬明けのテングチョウ2個体が、路傍の苔むした部分で吸汁している。
210523テングチョウ1354.bmp
さらには、いきなり飛び出してきて高い位置の葉上で休むコミスジもみる。本個体はホシミスジにみえたが撮影記録からコミスジだとわかる。
210523コミスジ1359.bmp
 帰路、アザミの花が多い場所でモンシロチョウが清楚な姿で吸蜜する場面の記録もとれる。
210523モンシロチョウ02.bmp
アザミの花は多いのに、クロ系アゲハの訪問はなく、往路に飛んだサカハチチョウもみられないまま撤収。
 
posted by クジャクチョウ at 22:00| Comment(0) | 日記

2021年05月15日

ギフチョウの幼虫調査

2021年5月15日、ギフチョウの幼虫数調査に参加できたのは加古川の里山・ギフチョウ・ネット会員3名だけで、妻にも協力してもらって雑木林6か所をめぐる。
210515ギフ幼虫00.jpg
210515ギフ幼虫02.jpg
210515ギフ幼虫03.jpg
幼虫による特徴的な食痕を目安にできるため、産卵調査に比べれば楽な作業だが、
210515ギフ幼虫04a.jpg
210515ギフ幼虫04.jpg
食痕はあるのに幼虫が見当たらない例が数か所あって、オサムシ、トカゲ、クモなどの天敵にやられた可能性がある。幼虫のいる葉っぱをアリが歩き回る場面にも出くわすが、何もせずに見守る。
210515幼虫とアリ.bmp
210515幼虫とアリa_InPixio.png
雑木林内で目の保養となるのは、咲き始めのガクウツギで、
210515ガクウツギ.jpg
道案内的な飛翔を見せてすぐに日向ぼっこを始めるヒメウラナミジャノメは、もう翅が相当傷んでいる。
210515ヒメウラナミJ1159.bmp
帰路、妻が見つけた倒木に寄生するきれいなキノコを撮影し、
210515キノコ.jpg
同じく妻が見つけて教えてくれたコミスジは
210515コミスジ1202.bmp
210515コミスジ1202a.bmp
高い位置から「幼虫調査お疲れ様」と見送りに来てくれたようにも思える。
posted by クジャクチョウ at 18:11| Comment(0) | 日記

2021年05月10日

群馬に遠征

ヒメギフチョウの保全団体「赤城姫を愛する集まり」のMさんにお願いをして、加古川の里山・ギフチョウ・ネットから4名、保全活動の実態視察と、お互いの情報交換・交流を目的として遠征。渋川駅では新横浜から先行してくれたYTさんがレンタカーを準備して待っていてくれ、京都から数本早い電車でついていたKさんと4名がそろう。Mさんとの落合場所となっている深山バス停を確認してから
210508深山バス停0.jpg
赤城キャンプ場へと走り、
210508Camp場00.jpg
210508Camp場01.jpg
フデリンドウやタンポポが咲く草原で越冬明けのキタテハやC-タテハを観察しながら朝食タイム。
210508キタテハ1205.bmp
Mさんと落ち合う約束の深山バス停へと戻るとご夫妻で予定より早い12時45分に待っていてくださる。再びキャンプ場へと向かい、
210508キャンプ場1255.bmp
キャンプ場から山肌へと入る途中の谷筋には複数のスギタニルリシジミが飛び交い、
210508スギタニルリ1319.bmp
ヒトリシズカが多い小道を登り始めると、そのすぐ上の山斜面からウスバサイシンがまさに点在していて、登山道のあちこちに、地元小学生が各自の思いをこめた絵を描いて「ヒメギフチョウとウスバサイシンを大切にしよう、とらないで」という立て看板がみられ、裏には、制作した児童の名前と年月日が記されている。
210508保護看板02.jpg
年代が古い看板は色あせて見えにくくなってしまっているが、子供たちの熱い思いはいつまでも残る。所々、白い紙がぶら下がった棒が見えるが、それには5月8日12卵、などの記述がある。本日午前中に調査された証だ。高くしてあるのは周囲の植物が生育して見えなくなるための工夫で、加古川でこのような目印をすればすぐに持っていかれてしまうが、この保全団体の考えは、持っていかれるのは悲しいが、どの卵がいつ頃どれだけ盗まれたかを知ることができるだけでもデータにはなり、それも仕方がないことだと。それにしてもウスバサイシンの生え方がまさにポツンと一軒家てきにまばらでしかみられなく、ヒメカンアオイのように群落を形成してはいない。これでは産卵調査の労は大変なものがあると実感。青緑色のネットで囲った部分には、4年をかけてふもとで生育させたウスバサイシンをいくらかまとめて移植して管理をしており、
210508ウスバサイシン養生.jpg
210508ウスバサイシン養生a.jpg
別途飼育して育てた越冬蛹を離した囲いもある。チョウの保護のためには森林環境も大切だとしってもらうために、針葉樹林から広葉樹林へと置き換えるためにドングリを植えて苗から育てるという試みもされている。
210508どんぐりa.jpg
 これらの場所へと案内をしてくださる過程で、ウスバサイシンへと飛来して産卵行動を見せるヒメギフチョウも観察できるが、むやみに接近すると、足元のどこに生えているかもしれないウスバサイシンを傷めるため、撮影は離れた位置からの望遠モードのみ。
210508ヒメギフ1356b.bmp
210508ヒメギフ1356a_InPixio.jpg
というわけでこの日のビデオ撮影記録もフォーカスが甘いのは仕方がない。YTさんによる一眼レフカメラによる撮影画像を拝借して並べると、その差が顕著。
210508ヒメギフbyTateiwa.jpg
最後に、ウスバサイシンの移植には4年間をかけて育てた苗でないと現地山斜面には根付かないため、ふもとにある赤城歴史資料館の一部で市の女性職員の力を借りて種から育てているという場所にも案内をしていただく。人為的に4年をかけて育てたウスバサイシンは葉っぱが大きく、
210508ウスバサイシン養生02.jpg
210508ウスバサイシン養生03.jpg
これらで幼虫を飼育して蛹にまで育ててから山に戻しているわけで、ヒメギフチョウの保全活動の並大抵ではない苦労を見せつけられた。
 2日目の5月9日は朝早くの方が山頂部でヒメギフチョウが観察しやすいとのMさんからのアドバイスを得て、モロコシ山の山頂部を目指す。およそ5km、標高差200mというきつい登りは、つづら折り状態で延々と続く。
210509登山818.jpg
途中には足元のスミレ以外に花はなく、ときには深い落ち葉を踏みしめる形で進み、YTさんが「山の歩き方」から学んだという歩幅をせまくして歩くと疲れない、を実践しながら約1時間、到着した8時半頃の山頂部の気温は18度で、やがて南斜面に太陽光がとどくと、ヒメギフチョウが飛び始める。ヒメギフチョウがときどき翅を広げて休むのは急峻な斜面の落ち葉上。ミズナラの木の根元で幹に背中をつけて足場をかためての撮影がやっとだという状況で、
210509ヒメギフ撮影.bmp
ヒメギフチョウがとまったからといってその撮影がかなう場所への移動は容易ではない。山頂部の山斜面一帯は、ミズナラの樹がまだ新芽をつけたばかりで林床が明るく、雲さえなければ日当たりがよくて、ヒメギフチョウ2個体による絡みの飛翔や、ときには3重連となった飛翔をみるが、肉眼で見たとおりにビデオでの記録は取れていなくて残念。2個体が絡みながらすぐ目の前を横切った場面でもフォーカスの合った記録にはなっていない。
210509ヒメギフ飛翔842.bmp
飛翔個体を連射撮影するYTさんが、撮影記録をチェックして「よっしゃー!空を背景にした絵が撮れた。これでよし!」と声を上げる。ちょうどハイキングで山頂部にやってきていたカップルが、その映像記録をみせてもらって感心しているが、
210509ヒメギフbyTateiwa.jpg
腰をかがめて斜面から滑り落ちそうになりながら連射撮影をする姿にも驚いたに違いない。
 TTさんは落ち葉が多い山頂部で地肌が目立つ場所に違和感を覚え、よくみればそこには数少ない花としてスミレが咲いており、この花で吸蜜するヒメギフチョウ狙いで複数のカメラマンが待機した痕跡だとみぬいていたのはさすがだ。
210509スミレ956.jpg
雲が多くなるとヒメギフチョウの活動はピタリととまって全く姿がみえなくなる。ここではとまってくれても落ち葉の上でしかなく、できればカタクリやフデリンドウでの吸蜜シーンをみたい。というわけで、太陽が大きな雲にかくれて出てこない時間が長かったりして、Mさんから聞いているカタクリの花が咲く場所へと移動する。ちょうどそのタイミングでMさんから下の分岐点でまっているとの連絡が入り、Mさんご夫妻、赤城姫を愛する集まりの常連さんたち、地元の高校生、群馬県の気象関係の職員、たまたま別件でパトロール中のところを同行して下さった群馬県地域創生部文化財保護課の職員という総勢7名と合流。カタクリの花は3輪ほどしか残っていなく、
210509カタクリ1033.bmp
気温も上がらないためヒメギフチョウは現れず、エンレイソウやアズマイチゲも咲いているのを撮影記録しながら、
210509エンレイソウ1030.jpg
210509アズマイチゲ1032.bmp
第二ピークへと登り、少し開けた尾根筋でお互いの情報交換の時間をとる。
210509山頂部a.jpg
210509山頂部交流1057b.jpg
登山の開始時に車において行こうかと取り出した上着を、TTさんが山頂部で必要になるかもしれないから持って行った方がいいとアドバイスしてくれたことが幸いとなるほどに、冷たい風も吹き抜け始める。高砂を出発する直前に出来上がって届いた、ギフチョウの保護20周年記念冊子の第3改訂版と、カラー簡易図鑑「加古川のチョウ」第4改訂版を7名に受け取っていただき、パワーポイント作成の資料でTTさんからギフチョウ・ネットの活動状況について紹介。Mさんからは参加くださった5名の紹介と、5月4日に開催した自然観察会にはコロナ禍で大変な時期でも約40名の参加で盛会だった話などがあり、筆者がヒメギフチョウ以外のチョウについて質問した際には、群馬県で天然記念物に指定されているオオイチモンジに関して、最新発行の機関紙「赤城姫」に写真で示すまでに、地元には全く標本が残っていなくて、いろんな関係者をたどって調査を重ねた結果、鳥取県立博物館に1頭の標本が残っている事実にたどりつけたという、関西のTV番組で人気のある「探偵ナイトスクープ」に取り上げてもらってもよさそうな、大変な苦労の経緯を聞かせていただく。この機関紙「赤城姫」には加古川の里山・ギフチョウ・ネットについての紹介記事も載せていただいたことがあるが、1988年の創刊から毎年欠かさず発行されていることはすごいことである。最後に、記念の集合写真を撮ったあと、現地の方はまだ産卵調査などがあるからと残り、この場所へのヒメギフチョウの飛来は期待薄だということでわれわれ4名は下山。
 降り立ったキャンプ場周辺では晴れてきており、昼食を済ませてスギタニルリシジミがいた沢へと向かう。期待通り、♂2個体の飛翔が確認でき、ミヤマセセリとの追飛翔もみる。小さな本種の飛翔はすばやく、うっかりしているとその姿を見失ってしまうが、幸いこの湿地帯に執着してくれていて、やがてどこからともなく舞い戻ってくる。湿り気のある部分にはホウノキの大きな葉っぱも落ちていて、偶然その湿った葉っぱ上で吸汁し始める個体もいてその撮影を楽しむ。
210509スギタニルリ1240a.bmp
静止状態では開翅してくれないため、飛び回る個体をビデオカメラで追いかけ、その撮影記録から翅表の特徴的な青色をとらえられている部分を探してみる。
210509スギタニルリ1239.bmp
210509スギタニルリ1239b.bmp
 他の3名はスギタニルリシジミよりもヒメギフチョウの方が大事とみえ、ウスバサイシンが点在する崖斜面を探索している。やや遅れて続いた筆者の目の前にヒメギフチョウが現れ、いかにもウスバサイシンに産卵をしたいような動きを見せる。予想は的中してウスバサイシンの葉裏への産卵が始まり、その間は徐々に接近していっても飛び立つことはないため、4名がそれぞれカメラを向けて迫る。
210509ヒメギフ産卵1246.bmp
カメラアングルをもっと下げて産卵中の尾端が見える撮影記録をとろうとしたそのとき、上の位置から撮影をしていたメンバーが撮影の邪魔になる枯れ枝を動かそうとしてチョウを驚かせ、あっという間に飛び去ってしまう。結局、産み付けられた卵は4個だけ。この撮影をしている間に、山で別れたSさんとI君がやってこられ、ウスバサイシンへの産卵調査を始められる。細長い棒に括り付けた白い紙に一度記入された産卵数の再確認もされていて、5/7 12卵と記された下に5/9 なし、と追記されたものは、卵のついた葉っぱが誰かに持ち去られたというデータで、
210509卵数ゼロ1200.jpg
いったいどんな輩の仕業なのかと腹立たしくなる。
 天候は徐々に悪化する傾向のため当初の計画を早めに切り上げ、JR渋川駅のみどりの窓口で列車と座席指定の変更をして帰路に就く。
posted by クジャクチョウ at 10:00| Comment(0) | 日記

2021年05月04日

宍粟市の山岳部渓谷へと遠征

 久しぶりに遠征した兵庫県波賀町ではリンゴ畑を飛び交う複数のウスバシロチョウに出会えて感激。あちこちに農作物をシカから保護する柵や網が設けられており、それらのなかでかろうじて代をつないでいるムラサキケマンで、本種も細々と代をつないでいるわけで、今年観察できる個体数はこのリンゴ畑だけで10個体はいただろうか。リンゴの花は咲き終わりに近く、まだ残っている花に蜜を求める本種を認め、ちょうど畑内の除草作業が終えた状況で、作業を終えた畑の主がいないが柵内へと入れる1か所が開いたままなのを幸い、リンゴに触れないようにしてビデオ撮影をさせてもらう。高い位置で吸蜜していた個体は、あとのビデオ記録編集時に初めて交尾嚢が付された♀であることがわかるが、
210504ウスバ1222.bmp
少ない食草とはいえ、たくさん産卵をして代をつないでほしいものだ。このリンゴ畑ではいきなり目の前で翅を全開にして休憩してくれる個体もいるが、残念ながら右前翅が少し破れている。
210504ウスバ1223.bmp
30年ほど前にもこの波賀町にリンゴ畑はあったが、本種が吸蜜をする場面に出会ったことはなく、貴重な体験となった。本種を追いかけて畑内を移動するさなか、足元のオオイヌノフグリの花にとまる羽化して間もない美麗個体に気づきその動きを追うと、まだ翅が十分に固まっていないのか、翅がゆがんでしまったりする。
210504ウスバ1229a.bmp
210504ウスバ1229.bmp
今では、やはりシカ害で激減しているサカハチチョウとの出会いを求めて別の渓谷へと転戦し、なんとか1個体との出会いを果たして
210504サカハチ1307a.bmp
210504サカハチ1308.bmp
戻ったリンゴ畑は、すでに入り口が閉ざされていて近くでの撮影がかなわない状態となっていたが、畑を見下ろせる位置から三脚なしの望遠で、今一度本種が蜜を楽しむ光景を撮影記録。
210504ウスバ1522.bmp
210504ウスバ1523.bmp
ファインダー越しにみるこの個体も、後翅鱗粉の黄色が濃くて羽化して間もない新鮮個体だとわかる。
210504ウスバ1523a.bmp
望遠撮影のために避けがたい手振れでときにはフォーカスが合わなくなったり、画面から肝心の本種の姿が消えそうになったりするが、初めての絶好のビデオ撮影機会を楽しめた。
posted by クジャクチョウ at 23:00| Comment(0) | 日記

自然観察ノート