2022年05月05日

西播磨のりんご畑で

昨年とほぼ同じ時期に西播磨のりんご畑を訪れると、リンゴの花がほとんど散っているが、まだ咲き残る花の蜜を求めて多数頭のウスバシロチョウが飛び交っている。幸い畑への入り口が開いているので立ち入らせてもらい、思う存分ビデオ撮影を楽しむ。
220505ウスバ1459.bmp
220505ウスバ1500.bmp
220505ウスバ1502.bmp
交尾済みの♀にアタックをしてみごとに拒否される♂の姿を二度も観察でき、
220505ウスバ1501.bmp
220505ウスバ♀1502.bmp
さらには3個体が絡む場面にも出くわすが、
220505ウスバ1508.bmp
何が起ころうとしていたのかわからないまま。今年も、ウスバシロチョウがリンゴの花で吸蜜する光景を存分に撮影記録できて、
220505ウスバ1503.bmp
220505ウスバ1508b.bmp
220505ウスバ1513.bmp
意気揚々と帰路につく。
posted by クジャクチョウ at 22:15| Comment(0) | 日記

西播磨の渓流沿いでチョウ観察

渓流沿いに咲くミツバウツギとグミの花の近くで待っていると、ミヤマカラスアゲハ、オナガアゲハ、コミスジ、スジグロシロチョウ、アカタテハ、アオバセセリなどが次々と吸蜜しにやってくる。
220505オナガアゲハ1414.bmp
220505コミスジ1420.bmp
220505アカタテハ14111.bmp
ミヤマカラスアゲハの♂はグミの花で吸蜜する際に、太陽光を受けてきれいに輝く翅表を見せてくれたが、
220505ミヤマカラス♂1438.bmp
スジグロシロチョウは撮影記録がとれるような動きをしてくれず、アオバセセリも花から花へとすぐに移っていくので撮影が難しい。
220505アオバセセリ1430.bmp
220505アオバセセリ1442.bmp
posted by クジャクチョウ at 22:01| Comment(0) | 日記

自然観察ノート