2022年05月10日

加古川のシルビアシジミ

 シルビアシジミ生息地の近くを通った際、土手周りにミヤコグサの黄色い花が一面に咲いている情景が観察でき、チョウの数もきっと多くなっているだろうと現地を訪問。ところが花は見事に多いが、飛び交っていると思ったチョウがあまりに少ない。最初に見た♂も新鮮度が低く、発生の谷間になっているようだ。
220510sylvia♂1119.bmp
混生するヤマトシジミもみるがきれいな♂だ。
220510ヤマト♂1125.bmp
ミヤコグサの黄色い花のじゅうたんを踏まないように歩いてチョウを探して、ようやく飛ぶ個体は♀で、時にはミヤコグサで吸蜜するが
220510sylvia♀1143a.bmp
220510sylvia♀1143.bmp
多くの場合草陰へともぐりこむのは産卵行動だ。
220510sylvia♀1132a.bmp
産卵したばかりのミヤコグサを調べると確かに卵を確認できるが、ギフチョウの産卵でみたようにシルビアシジミもポツンと離れた小さいミヤコグサを選択している。
220510egg1225a.bmp
220510egg1225.bmp
その後、何度かミヤコグサで吸蜜する♂に出会えても、すぐに転飛して姿を見失い、撮影できたのは路面近い草葉上でV字開翅する場面だけ。
220510sylvia♂1238.bmp
220510sylvia♂1240.bmp
ネジバナ、アザミ、ブタナ、ヒナギキョウなどよく見ればきれいな花が咲いているが、本日の吸蜜はミヤコグサでのみ。
220510ネジバナ1122.bmp
220510ノアザミ1121.bmp
220510ブタナ1136.bmp
220510ヒナギキョウ1152.bmp
posted by クジャクチョウ at 17:46| Comment(0) | 日記

自然観察ノート