2022年06月20日

ジャコウアゲハ保全

高砂市のジャコウアゲハ生息地で調査(2022年6月20日):兵庫県による路肩部分の除草作業が終わっており、まもなく始まる国土交通省による土手斜面一帯の除草前に卵、幼虫、蛹を回収するべく調査。斜面の草むらへと踏み込むと、草陰で休んでいたジャコウアゲハが驚いて飛び立つこと二度三度。
220621ジャコウ00.bmp
220621ジャコウ02.bmp
ついでに産卵しそうな飛翔を見せる個体もやがては葉陰へともぐりこんで休息し始める。それほどに陽ざしがきつい時間帯に、短い棒で繁茂するトクサなどを押し分けて蛹を探し、
220620Pupa1009.jpg
ウマノスズクサの小生えがあれば葉裏に卵がないかを確認する。
220621回収00.bmp
何カ所かで見つかった卵はすべて根元近くで茎を切り取ってビニール袋へと回収し、孵化してから現地に戻すことにして持ち帰るのだが、
220620卵1025.jpg
これまでみたことがないブドウのように表面が変に光り輝く卵塊もあって、
220620卵1043.jpg
本来、母蝶が産卵後、卵表面に毒成分を含むクリームを塗りつけて保護しているはずで、何者かがなめとるようにはがしている。また、卵の内容物がダニ類に吸い取られたと思える卵も観察でき、
220620卵被害1011.jpg
ウマノスズクサ由来の強い毒成分:アリストロキア酸に対して抵抗力を持つ生物が何種かいることを知らされる。路肩部分にあるアキニレは今年も根元で切られたが、そこには羽化できなかった越冬蛹が多く観察できて悲しくなる。
220620越冬蛹.jpg
幼虫は若齢から中令まで複数の個体を回収し、
220620幼虫1029.jpg
平坦部のウマノスズクサが茂る部分へと移す。

posted by クジャクチョウ at 22:00| Comment(0) | 日記

自然観察ノート