2022年06月30日

ジャコウアゲハ生息地の除草回避

高砂市のジャコウアゲハ生息地で、兵庫県の路肩1m領域の除草が終わった後に続く国土交通省の除草が始まる前に、ウマノスズクサの保護区域を現地で打合せ。
220630-1057.jpg
担当者が異動に際してきちんと次の担当者へと引き継いで下さり、新任担当の方から事前に連絡して下さるというご対応に感謝。打ち合わせの最中に、7月5日に打合せ予定の高砂市の職員が、ちょうど通りかかったからとあいさつに見えるありがたいハプニングも。筆者は打合せ終了後、保護区域外となる土手斜面に生えるウマノスズクサにつく卵と幼虫を探して、数頭を回収。
220630-1105.jpg
夕刻の涼しい時間帯に再度、ていねいに調査して回収する。17時半に現地を再訪問すると、国土交通省の関連業者がロープを張ってウマノスズクサが多いぶぶんを除草の対象外保護区域としてくれている。
220630保護ロープ.jpg
刈取りがされる土手斜面に入って卵と幼虫を探すと、ジャコウアゲハの母蝶がやってきて新たな産卵場所を探して飛ぶ。
220630ジャコウ飛翔01.jpg
220630ジャコウ飛翔05jpg.jpg
卵と幼虫は想定以上にその数が多く、
220630卵_幼虫.jpg
まだ残る蒸し暑さのために約30分の作業でも大汗をかき、あとは後日として撤収。
posted by クジャクチョウ at 23:45| Comment(8) | 日記

自然観察ノート