2022年10月20日

加古川河川敷で秋型キタテハを観察

加古川河川敷でようやく秋型のキタテハと出会えた。裏面が濃淡の少ない褐色の♀で、この日はセイタカアワダチソウで吸蜜することはなくひたすらセンダングサの花蜜を求め、
vs221020-009.BMP
休憩に入ると5分以上同じ場所でゆっくりと翅の開閉を繰り返す。
vs221020-006.BMP
青空を背景とする吸蜜場面も見せてくれたがキタテハはこの♀以外には登場せず。
vs221020-014.BMP
キタテハは細毛が太陽光線に美しく輝いてみえ、ベニシジミも同様の輝きを見せてくれる。
vs221020-007.BMP
ヒメアカタテハは今日も元気に花から花へとセイタカアワダチソウの蜜を楽しんでいる。
221019ヒメアカ2.jpg
二日目の訪問ではムラサキツユクサで吸蜜するウラナミシジミを観察。
221020ウラナミ01.jpg
本種はアレチハナガサでも吸蜜し、センダングサとセイタカアワダチソウにはキタキチョウ、キタテハ、ヒメアカタテハが集う。
221020ヒメアカタテハ0.jpg
221020キタキ.jpg
キタテハは昨日と同じ♀個体だと思われる。他にはモンシロチョウ、モンキチョウ、ベニシジミ、ヤマトシジミ(多)、ウラギンシジミ、チャバネセセリ、イチモンジセセリをみる。
posted by クジャクチョウ at 23:00| Comment(0) | 日記

自然観察ノート