2017年06月03日

ヒメヒカゲ:野外での羽化の瞬間を記録

 昨日羽化の兆候を認めたヒメヒカゲの蛹の経過観察目的で、昨日とは逆に加古川河川敷ルートで北上サイクリング。到着した現地の草原にはカメラマン3名の姿がみえるが、蛹のことを話すと撮影に集中できないおそれがあるので、声かけをせずに単独行動をとる。10時過ぎの観察蛹は腹節部がいくらか伸びていて、午前中に羽化するのが間違いないと思われ、すぐにビデオ撮影ONとして様子をみる。蛹の微妙な色調変化を知りたいのだが、いくらか陰のある部分の下垂蛹の変化を太陽光のハレーションが避けらないビデオの小さなファインダー越に識別するのは容易ではなく、羽化の瞬間をしっかり記録するためにフォーカス合わせを再確認してビデオ撮影ONを継続。その間、飛び出してくるヒメヒカゲやウラギンシジミの♂の飛翔を別のカメラで撮影して過ごす。ハラビロトンボのオスの瑠璃色頭部の撮影にもチャレンジするがフォーカス合わせに失敗。撮影中の蛹の近くで似たような環境を調べてみると、なんとヒメヒカゲの羽化脱皮殻がわずか1mも離れていない場所に見つかったりする。ウグイスの谷渡りやカラスの鳴き声も撮り込まれる自然のもと、やがてヒメヒカゲの羽化が始まる。以下にその映像記録を時間の経過をさかのぼる形で示す。
170603-羽化105430.bmp
170603-羽化105130.bmp
170603-羽化105102.bmp
170603-羽化105118.bmp
現地到着時の蛹の記録を確認すると、その場では知ることができなかった、翅部分がすでにじゅうぶん褐色を帯びていたことがわかる。
170603-pupa1014.bmp170603-pupa1041.bmp
ちなみにビデオ撮影をセットした様子も別カメラで記録しておいた。
170603-Video撮影.bmp
近くでみつけた蛹の羽化脱皮殻は、もろい枯草茎への下垂蛹で、撮影しやすいように周りをいじるのは禁物だ。
170603-脱皮殻.bmp
自然羽化の撮影記録を終えようとするタイミングで、ヒメヒカゲの撮影目的で草原にいた三木市からというO氏とF氏がやってくる。ヒメヒカゲが今羽化したところだと教えてあげると、自然状態での羽化シーンの撮影にいろいろ工夫される。羽化後の翅の開閉動作がみられる段階で、筆者も再度の撮影記録をとり、
170603-羽化1102.bmp
しばし談笑をかわして別れる。ヒメヒカゲの羽化撮影の最中に別のカメラで記録した映像は以下のとおり。
170603-ヒメM1055.bmp170603-ヒメM1059.bmp170603-ヒメM飛翔.bmp
ウラギンシジミは静止状態をねらったのだが、すぐに飛び立ち、飛翔時のオス翅表が記録できた瞬間を切り取ってみた。
170603-ウラギンM1057.bmp
このあとイヌツゲの高い位置の葉上でV字開翅姿勢をとってくれたが、撮影記録はピンボケばかり。なお、今回のヒメヒカゲの自然蛹発見と野外での羽化の記録をまとめて「月刊むし」に短報投稿をした。
posted by クジャクチョウ at 18:24| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
こんばんは Oです。

今日はヒメヒカゲの貴重なシーンを厚かましくも横撮りさせていただいて
ありがとうございました。

これからもよろしくお願いいたします。
Posted by atomzizi at 2017年06月03日 21:36
Oさん、花蝶風犬を閲覧し、5/27の前翅横並び2紋個体の記録を見させていただきました。これから注意してみます。
Posted by shimazaki at 2017年06月03日 22:50
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: