2017年06月17日

ヒメヒカゲ:2016年比較で1週間遅れか

 2016年6月18日のヒメヒカゲ生息フィールド調査の記録をみると、最終章としていて、写真記録の多くが破損個体だが、今年(2017年)は少なくとも翅部分がまだ無傷状態のメス個体に出会える。
170617-himeF.bmp
開翅姿勢でみせてくれる翅表鱗粉もまだそれほど擦れてはいなく、2016年より1週間ほど発生時期が遅れているようだ。昨年乱入した心無い採集者が今年はどうだったのか、また、この生息地の山腹上部では、ヒメヒカゲの食草となるスゲ類の生育を妨げるコシダ類の繁茂が進んでいるのも懸念材料で、ヒメヒカゲやウラナミジャノメの生息地として好適な自然状態がこのままずっと継続維持できるよう、注視していかねばならない。
170617-himeF1101.bmp
一方、オス個体はおしなべて破損度が大きく、翅表も傷だらけで、
170617-himeM1125a.bmp
170617-himeM1125.bmp
ウラナミジャノメも破損個体ばかり。
170617-urajF1114.bmpvs170617-007.BMPvs170617-008.BMP
ケネザサの茂る場所でルリシジミのメスが飛び出し、
170617-ruriF1121.bmp
転飛した草葉にとまってスリスリと翅を動かす動作を真上からのぞくと、わずかに翅表のブルーが垣間見れる。
170617-ruriF1122.bmp
5月31日に蛹を発見して6月3日に羽化シーンを撮影記録したヒメヒカゲの蛹抜け殻は、まだそのまま残っている。
170617-pupa1131.bmp
6月13日に見つけたヒメヒカゲの卵をもとの場所で探しても見つけられず、孵化したと思われる幼虫の姿も見られない。あきらめて新たな卵を探すと、おそらく同じ母蝶がまとめて産み付けたと思える3卵を確認。
170617-egg1130a.bmp170617-egg1133.bmp170617-egg1134.bmp
雨の降らない日が続くため、チョウは水分をどのように摂取しているのか気になるが、ノイバラを転々と渡り飛ぶメス個体に注意してみても、
170617-himeF1142a.bmp
170617-himeF1142.bmp
170617-himeF1143a.bmp
170617-himeF1143b.bmp
170617-himeF1143.bmp
ストローを伸ばす気配はなし。
posted by クジャクチョウ at 15:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: