2017年07月29日

オオムラサキが孵化

 オオムラサキ Sasakia charonda の孵化が始まった。森一彦著「オオムラサキの繁殖法」(ニューサイエンス社、1979)に、”産卵後2-3日で卵の上半部が乳白色に変色しない卵は残念ながら無精卵”という記載があって、今回は7/24の産卵から6日目となる本日、ようやく卵の変色傾向が見られる。
170729-eggs0.bmp
中央部にみられる緑濃い状態が長く続いて少々不安になったのだが、今朝起きて確認できたかわいい初令幼虫の姿に胸をなでおろす。
170729-eggs1.bmp
葉裏に卵が残る表側にたむろする複数の幼虫をアップで記録すると、移動時に利用する絹糸もみえ、
170729-初令_卵.bmp
最初の食事として卵殻をしっかり食べている幼虫もみられる。
170729-卵殻.bmp
吹き流しの布面で孵化した幼虫がエノキの葉へとしっかり移動してくれるまで注意が必要で、幼虫が越冬準備に入る12月までの飼育は何とかなるが、越冬明け以降の飼育を委ねるべく複数の友人に提供する予定。
posted by クジャクチョウ at 09:04| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: