2017年11月17日

加古川河川敷の午後

 寒波襲来の午後、やや気温が上がったところで河川敷へとサイクリング。チョウは無理かもと思ったが、ヒメアカタテハがヒラリと現れて10cmほど近づいてもびくともしない。
vs171117-004.BMP
次いで、翅縁がかなり傷んだモンキチョウのオス個体がセンダングサ周りを飛ぶが、すぐに休憩し始める。
vs171117-002.BMP
川べりにはノイバラの赤い実が陽光に照り映え、ナンキンハゼと重ねてみると秋色一色となる。
171117ノイバラ.jpg
171117南京ナゼ.jpg
加古川の流れの勢いがよくわかる「古新堰堤」にはヒドリガモ、コサギなどの野鳥が小魚を狙ってやってきており、
DSC01142.JPG
vs171117-007.BMP
上流から下ってくる小魚でもいてそれを狙っているのか、時には急流に押し戻されたりしながら水中に頭を突っ込むヒドリガモが1羽、2羽、3羽と増えていく。
171117-ヒドリガモ.bmp
171117-ヒドリガモ1.bmp
171117-ヒドリガモ2.bmp
離れた位置の小岩の上で水しぶきを浴びながらエサを求める水鳥の姿もみえるが
171117-水鳥.bmp
種名は不明。

posted by クジャクチョウ at 16:46| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: