2018年07月02日

国土交通省がメール要望に対応してくれた

ジャコウアゲハの生息地では、母チョウによる産卵が盛んな時期で幼虫も初令から終令近いものまで成育中だが、国土交通省の管轄である県道西側の土手斜面で除草作業が北から南に向かってどんどん進んでおり、ウマノスズクサが自生する部分で草刈りが実施されると、ジャコウアゲハの卵や幼虫が全滅してしまう。そこで6/28に国土交通省のHPにアクセスして、そのQ&Aコーナーにせめて土手の道路際から1mていどは草刈りをしないでほしい、との要望をしたのだが、本日の午前中に担当の方から現地で落ち合って話を聞きたいとの電話が入る。なんともありがたい対応で、約束の時間より少し早めに現地に入ると、驚いたことに土手斜面の裾部分がすでに刈り取られている。急ぎ、これから除草が進められる斜面部に入ってウマノスズクサを調べると、卵や幼虫のつく株が散見され、すべての回収を始める。やがて担当の方2名がやってこられ、国土交通省が除草する目的は、土手斜面の地肌を露出させて、陥没や強度の緩みがないかの目視確認にあり、土手際肩部まですべての露出点検が必要で、ウマノスズクサが多く茂る部分も刈り取ることが原則不可避だと。そして、すでに実施した刈り取りは、専用除草車の安全運転のために必ず行う前段階の手作業だとの説明を受ける。当方の希望は1)可能な限り肩部のウマノスズクサが残る除草としてほしい、2)それがだめなら、せめて幼虫がチョウになるまで除草作業を1か月ほど遅らせてほしいとの希望を伝える。最終判断がどうなるのか今はいえないが、部署内で再検討をするとの約束をしてくださり、その後は猛烈に熱い太陽が照りつけるなか、確実に刈り取られる部分で徹底的に卵と幼虫を回収して回る。葉裏に産みつけられた卵は総数で30個はあり、
vs180702-001.BMP
これらは持ち帰って孵化させ、その後の対応はまた考えるとし、幼虫は1か月のうちにチョウにまで育ってくれるかどうかわからないが、道路際のウマノスズクサ群へと移して撤収。
posted by クジャクチョウ at 20:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: