2018年07月08日

豪雨あとの加古川土手斜面で

7月2日に国土交通省の担当者と現地で落ち合って話をさせていただいた際、いずれ除草がされる部分のウマノスズクサに産卵された卵を、みつけられた分だけ持ち帰って幼虫にまで育てていたが、集中豪雨が過ぎ去ってやや明るさがもどった午前中に、現地へともどしに行く。刈り取らずに残してほしいとお願いした路肩部分のウマノスズクサの群落へと、2日に卵ごと採取したウマノスズクサに幼虫がついたまま差し込む。
180708larva3.jpg
2日にみた幼虫はことごとく大きく育ち、雨露が残るウマノスズクサまわりに多くの個体をみる。
180708larva1.jpg
180708larva0.jpg
前蛹となっている個体もいて、その色調があまりみないタイプなので撮影記録をとると、そのときには気づかなかった普通色の前蛹が2個体も写り込んでいる。
180708prepupa.jpg
ウマノスズクサはまだじゅうぶん豊富なのに、チガヤの葉上をさまよっているような幼虫がいるかと思えば、
180708larva4.jpg
太い茎部分をかじっているEco志向の幼虫もみる。いや、あるいはよく知られたウマノスズクサの根元部分を噛み切って枯らしてしまう、自分だけが生き残ろうというとんでもない作戦の実行にかかっているのかもしれない。
180708larva2.jpg
やがてジャコウアゲハの♂が飛び始め、その飛翔記録をとろうと追っていると、みごとに美しい夏型のキアゲハがノラニンジンの花上で休息しているのが目に入る。
vs180708-001.BMPvs180708-002.BMP
眠り続けていたのではなく、撮影のために接近したわけでもないのにいきなり飛び上がったりするが、いくらか飛んだあとまた休息し始める。時間的に活発に飛び遊ぶにはまだ気温が十分にあがっていないせいだろう。土手斜面に咲くヒメジョオンでは黒化度が高いベニシジミが吸蜜中で、
vs180708-004.BMP
後翅にわずかに青点模様もみられる美麗個体だ。河川敷が完全に冠水するほどに増水していた加古川は、大幅に減水して土手斜面に残るゴミの帯がどの部分にまで水がきていたのかを知らしめている。
180708加古川1.jpg
残骸より少し上の部分には、野球などの練習時に利用していたベンチ類が並んでいて、増水を予見した関係者が事前に土手斜面の高い位置まで移動していたことがわかるが、あとわずかというレベルで流出を免れている。
posted by クジャクチョウ at 10:52| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: