2018年09月11日

雨上がりの公園でチョウと遊ぶ

金曜日から3日間雨が続き、ようやく晴れ間が見えた午前中にジャコウアゲハの生息地へ。8月の除草から約1か月でチガヤなどの緑が復活した土手まわりにジャコウアゲハの姿はなく、ひっそりとした児童公園内を巡回。ときおり姿を見せるアオスジアゲハ以外に飛び交うチョウはみえないが、エノキの樹肌でキマダラカメムシが成虫3、幼生2を観察したあと、エノキの葉上で日向ぼっこ中のキマダラセセリが目に入る。
vs180911-001.BMP
すぐ近くに別個体もいたが、開翅姿勢をとるキマダラセセリの撮影を終えるとどこかに飛び去っており、どこに行ったかと探す過程でトベラの葉上で休息中のイチモンジセセリとチャバネセセリがみつかる。
vs180911-002.BMPvs180911-003.BMPvs180911-004.BMP
足元で飛び始めるのはベニシジミで黒化度が極度に進んだ個体も混じる。
vs180911-005.BMPvs180911-014.BMP
エノコログサが茂る草むらでキマダラセセリを探してもみつからず、小さな花の蜜を求めるヤマトシジミのメスをみただけ。
vs180911-008.BMP
 再び土手周りへと移動すると、ニラの花蜜を吸うイチモンジセセリとベニシジミがいて、
vs180911-016.BMP
vs180911-018.BMP
キマダラセセリもここで再会。アップ映像がピンボケとなってしまいベニシジミとのツーショットがなんとか許せる鮮明度。
vs180911-021.BMP
チガヤの葉上やエノコログサの花穂にとまるベニシジミは実に美しく、
vs180911-011.BMP
vs180911-019.BMP
vs180911-023.BMP
筆者にとっては初めての記録となるベニシジミの交尾シーンも目にする。
vs180911-024.BMP
最後に出会えたのはツバメシジミで、ベニシジミとのツーショット場面を記録。
vs180911-026.BMPvs180911-027.BMP
翅がかなり傷んだメスだった。
posted by クジャクチョウ at 20:41| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: