2018年10月14日

テニスの合間のチョウタイム Ser.3

昨日スミレの葉上へと移してやった風来坊のツマグロヒョウモンの幼虫がどうしているだろうかと見に行くと、なんと、幼虫はスミレから20cmほど離れた路面で休息中。
vs181014-001.BMP
これでは野鳥などにすぐ見つかる危険度が高く葉裏にでも隠れるのが一番だと思うのに、スミレから離れている方が安全だという理由は思いつかない。
 ナデシコ花壇に今日はキタテハはやってきていなく、ツマグロヒョウモンとチャバネセセリが蜜を楽しんでいる。
vs181014-003.BMP
vs181014-005.BMP
vs181014-004.BMP
まだ日暮れ時刻でもないのに、ホウジャクもやってきており、高速羽ばたきの合間に見える美しいオレンジ色が垣間見れる画像をきりとってみる。
vs181014-006.BMP
vs181014-011_InPixio.jpg
あいかわらずアゲハとヤマトシジミも飛び交うが、ナデシコの花に止まることはない。公園事務所のキバナコスモスでは昨日同様にツマグロヒョウモンが夢中で蜜を求めている。
vs181014-012.BMP

posted by クジャクチョウ at 19:55| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: