2018年10月18日

シルビアシジミの新生息地でメスも確認

今年の4月20日に59年ぶりに発見した高砂市内のシルビアシジミの新生息地で、秋にもオスが発生していることを10月16日に確認できたが、メスの姿を見られなかったことから、姫路市へとでかけた帰路、立ち寄ってあらためてメスを探してみた。ミヤコグサが点在する草むらで、その飛翔時のブルー色からシルビアシジミだとわかるオスが複数飛び交っており、ミヤコグサの花で蜜を吸う個体を撮影。
vs181018-002.BMP
メスもいるはずだと飛翔個体の中から黒っぽい色に注意するがなかなか見つからず、遠くのヒナギキョウで吸蜜中の個体が見えるので、証拠記録をとる。
vs181018-003.BMP
近づく前に飛ばれてしまったが、裏面後翅の黒点模様からシルビアシジミで、花を離れる瞬間の映像からオスだと判別できる。
vs181018-005.BMPvs181018-006.BMP
やがて、飛翔時にチラチラと見て取れる前翅鱗粉が黒ずんでいることから間違いなくメスだとわかった個体がミヤコグサで吸蜜し始めるが、なかなか開翅してはくれない。
vs181018-012.BMP
vs181018-007_1.jpg
しばらく吸蜜した後、休息場所を探すような飛翔についていくと、ようやく翅を開いてくれ、低温期型の特徴であるブルーが少し出たメスの記録がとれる。
vs181018-009.BMPvs181018-008.BMP
これで、この新生息地で年間を通して安定した発生が継続できていることの確証を得たことになる。その後も16日にはみられなかった複数のオスを観察できたことを記録しておく。
vs181018-010.BMPvs181018-011.BMP
順序が16日とは逆となったが、ウラナミシジミのメスが日光浴し始めるところを記録し、
vs181018-013.BMP
あいかわらずヤマトシジミも多く飛び交う草地を離れ、右手に林が形成される小道を歩き始めた時点で、16日に出会った個体と同じかどうかわからないが、アサギマダラがフワリフワリと優雅な飛翔をみせ、やがて近くの木の葉上で翅を全開状態で休息し始める。
vs181018-014_InPixio.jpg
さらに違う角度からの撮影記録をとろうかと近づいていく途中でアカタテハが飛び出してきて、アサギマダラの近くを飛ぶと、一瞬だけ両者が絡み合うような状況となる。アカタテハはすばしっこい飛翔ですぐに姿を見失うが、アサギマダラはあいかわらずのどかな飛び方で頭上を旋回し、
vs181018-015.BMP
再び元の葉上へと落ち着く。距離があって今回はきれいな浅葱色を撮りこむことはできず。
posted by クジャクチョウ at 19:45| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: