2018年10月21日

黄色い花園はチョウのパラダイス

昨日、キタテハが飛び遊んでいたセイタカアワダチソウが密度濃く咲く土手斜面を午前の気温が上がり始めた時間帯に再訪問。もうキタテハがやってきており、
vs181021-003.BMP
vs181021-001.BMP
ツマグロヒョウモンのオスも複数頭が楽し気に飛び回って、黄色一色の花園のど真ん中で蜜を吸い始める。
vs181021-004.BMP
今日は、清楚で美しいモンシロチョウの姿も記録し、
vs181021-007.BMPvs181021-008.BMP
できればこの花園で飛び遊ぶすべてのチョウの記録をとろうと努めてみる。ベニシジミやチャバネセセリはすぐにクリアーできるが、
vs181021-009.BMP
vs181021-010.BMP
vs181021-011.BMP
ヤマトシジミのオスとベニシジミのツーショットを目にしながらカメラで捉える前に飛ばれてしまう。ツマグロヒョウモンのオスの新鮮度はまだ高く、これみよがしに翅表のオレンジを輝かせるが、
vs181021-012.BMP
この日に訪れたメスはかなりくたびれた個体なのが残念。
vs181021-013.BMP
アカタテハがいてもよさそうだと思って、土手小道を挟んで反対側に群を成す黄色の花園へと移動すると、何という勘の良さだろう、そのアカタテハがいる。
vs181021-014.BMP
後翅翅表の細毛が太陽光で輝いてみえるアングルにもこだわって記録をとる。
vs181021-016.BMP
vs181021-017.BMP
vs181021-018.BMP
アカタテハの登場に気をよくして、もう引き上げてもいいと小道を下りる目に、キタテハの鮮やかな濃いオレンジ色が飛び込んでくる。青空を背景としてみる濃いオレンジがことさら深みをおびた色調で美しい。
vs181021-019.BMP
この時間帯に訪問したのは正解だと満足感を覚えながら小道を下り切ったそのとき、大型のシジミチョウが現れる。こんな草原で出会えるとは予想もしないムラサキシジミだ。
vs181021-020.BMP
逆光での記録しか取れないが、珍客飛来の証拠写真を撮って撤収。
 追記:午後にでかけたテニスの合間に高砂公園で、めったに見られない光景を目撃。クロアゲハがキョウチクトウの赤い花で吸蜜したのだ。公園のナデシコ花壇まわりに飛来した時点からその飛翔をビデオONで追ってみたがチョウの映像は撮れていなく、キョウチクトウでの求蜜シーンもかなり距離がある位置で、ビデオ撮影記録をとる間もなく飛び立ってしまい、そのきわめて珍しい情景は脳裏に鮮やかに刻み込んだだけ。花壇周りにアカタテハも訪れたが、
vs181021-002.BMP
朝に出会えた個体に比べると新鮮度が低く、翅表にはスレが目立つ。ヤマトシジミもウバメガシの葉上で開翅してくれるが、
vs181021-004.BMP
日当たりが良すぎて白抜けの映像しか記録できず。
posted by クジャクチョウ at 17:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: