2019年01月14日

リュウキュウムラサキ:最後の前蛹化と羽化第一号

終令幼虫最後の1個体が前蛹化の準備を始めるのに気づき、初めて前蛹化準備段階から下垂するまでを克明に追ってみた。尾端を固定する糸をしっかり作るのに時間をかけることは予想していたが、
190114前蛹化1.bmp
体の向きを変え尾端を固定して以降4時間半以上も下垂動作に移らないとは想定外。
vs190114-010.BMP
尾端の固定に安心できないのか下垂するまでは実に慎重で、体を支えている脚を少しずつ離していく際は最後の脚一対となる段階まで脚を縮めるように、途中に何度も休憩をはさんで時間をかけ、実にゆっくりと離していく。
vs190114-011.BMP
vs190114-012.BMP
vs190114-014.BMP
ところが、残る一対の脚を離すまでにはなんと39分もの時間を要したかと思えば、最後に脚を離すや否やいきなり宙づり状態へと移行して下垂状態となったのには驚かされた。
vs190114-015.BMP
よくみる体を丸めた前蛹下垂状態をとるまでも10分ほど時間がかかった。
vs190114-016.BMP
この一連の前蛹化の記録をとり終えて、もはや不要となったサツマイモを処分しようと飼育容器として利用してきた人形ケースをみると、この容器の天井部分に下垂していた蛹から最初の羽化個体が出ていてびっくり。
撮影記録をとるために手指に乗り移ってもらい、処分を後回しとしたサツマイモに止まってもらう。
190114-羽化♀00.bmp
190114-羽化♀1.bmp
フィリピン型のメスだが採卵時の母チョウにあった白条紋がないのが想定外で、交尾相手のオスの影響もあるだろうからリュウキュウムラサキは羽化するまで、どのようなタイプが出るのかまったく予測ができない。このままだと後翅に白条紋のある母チョウと同じタイプは期待できないかもしれない。
posted by クジャクチョウ at 17:28| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: