2019年02月02日

2月初旬の夕陽

雲一つない夕空が、浜風公園の夕景を見に行こうと気持ちをかきたてる。海へと沈む夕陽は期待できないが、真っ赤な夕陽はみられるはず、と公園内であと700mという標識をみて歩を早める。大きな風力発電タワーにまぶしい太陽を隠したシルエット風景をとり、
190202-1705.BMP
次いで播磨灘に広がる光の道を、木々の間からと消波ブロック越しに記録し、
190202-1705a.BMP
190202-1706.bmp
すっかり種だけとなったツワブキが光り輝くアングルも探してみる。
190202-1716.BMP
播磨灘を照らしていた光の道が消えたあと、浜風公園の今一つのシンボルである海水引きこみポンプを作動させる風車の風景も撮り込み終え、
190202-1717.BMP
さらに待つこと10分でいよいよ真っ赤な夕陽タイムとなる。すぐ手前を横切って飛ぶ海鳥は残念ながらカメラがとらえる視野外で、ゆっくりと進む貨物船がなんとかいいアクセントとなってくれる。
190202-1729.bmp
190202-1730.bmp
太陽が家島の山陰に触れたあたりまで撮影を続け、
190202-1730a.bmp
太陽が沈み切ったあとの美しい残照の広がりがこの日にはなく、まっすぐに飛び行くジェット機と飛行雲が残光で光り輝く様子を記録して撤収。
190202-1735.bmp
posted by クジャクチョウ at 19:17| Comment(2) | 日記
この記事へのコメント
夕陽いいですね。
昨日、晴れて暖かい日だったのでコナラなどがある雑木林へルリタテハの越冬探しに出かけていました。2月でこんなに暖かい日はなかったように思います。越冬飼育しているルリタテハが触角を出して起きていたという暖かい日でした。
Posted by ルリモンルリタテハ at 2019年02月03日 11:57
2016年に海へと沈む夕陽を撮影していますが、2月18日の17:41で、浜風公園が閉まる18時直前でした。赤穂方面に水平線が望める範囲は極めて狭く、海へと沈む夕陽は、天気が良くて海面近くに雲がないことなど、めったにそのようなチャンスはありません。ルリタテハの越冬飼育とはすごいことをされていますね。今日は、山電利用で「網干牡蛎祭り」を1時間ほど楽しみました。どの料理もすごい行列で、人が少ないうどんとチゲ鍋もどきを賞味しましたが、値段はボッタクリです。
Posted by shimazaki at 2019年02月03日 18:24
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: