2019年02月24日

夕陽が水平線に

播磨灘の水平線に沈む夕陽を3年ぶりに観測撮影記録できた。2016年2月18日に記録して以来のことで、今年は意識して2月18、23日と高砂市あらい浜風公園に通ってみたが、海面近くに厚い雲がじゃまをして願いはかなわなかった。本日も15時頃まで薄雲が空を覆っていて期待薄だと観念していたのだが、夕刻になると西の空の雲が少なくなり、これは期待できるとcycling。昨日よりは西風が弱く、余裕をもって海岸べりに到着。日曜日ということもあって三脚に望遠カメラをセットした人が多く、全員が「今日は行ける」とサンセットの瞬間を待っている。筆者は三脚なしのビデオカメラで、まずは風車を前景とした夕陽を記録し、
vs190224-001.BMP
次いで停泊中の貨物船を入れて赤味を増して水平線へと近づく夕陽を撮影。
190224-01.bmp
以降は海岸遊歩道沿いの鉄柵にカメラを載せて徐々にズームアップしながらの撮影。ダルマ夕陽を形成する瞬間から少しずつの変化を記録し、
190224-2.bmp190224-3.bmp
190224-31.bmp
大きくズームアップしている途中でカワウの群れが横切る光景が映りこむラッキーが。
190224-4.bmp
太陽が半分ほど沈むころには全景が暗くなり、太陽は赤味を帯びたピンク色にみえて美しい。
190224-5.bmp
すっかり沈むとカメラマンがいっせいにカメラを片付け、満足げな顔で駐車場の車へと急ぐ。3月末までは18時に公園の門が閉じられるためで、筆者もスピードをあげて撤収。
posted by クジャクチョウ at 19:03| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: