2019年03月29日

ジャコウアゲハを放す

 昨秋に回収したジャコウアゲハの越冬蛹が、少しずつ羽化してくる。オスが3個体そろったところで、越冬蛹を回収した元の発生地へと連れていき、菜の花やカンサイタンポポなど吸蜜植物が開花していることを確認して、まずは菜の花の上にそっと放してやる。
190329-ジャコウ00.bmp190329-ジャコウ01.bmp
やがて1個体だけが元気よく飛びたつが、しばらくすると草むらへと落ちて静止する。この個体をタンポポの花へと移してみても、口吻を伸ばすことはなくじっとしたまま。
190329-ジャコウ0.bmp
薄曇りで冷たく感じる西風が吹いていて、飛び遊ぶには気温が十分あがっていないせいだろう。土手斜面には可憐なオオイヌノフグリが転々と咲き、
190329イヌフグリ.jpg
190329Unknown.jpg
名前がわからない白い花もみる。ツクシもすでに花を開いた状態のものからつぼみのものまでばらつきがある。早く芽を出してほしいウマノスズクサだが、いぜんとして全くその気配がない。
190329ツクシ1.jpg
自宅近くまでもどった草地で、まだ旅立ちをしていない冬鳥のツグミが、しきりと何かをついばんでいる。
190329-ツグミ.bmp
posted by クジャクチョウ at 13:54| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: