2019年04月29日

ボタンの花を観賞

Apr. 29, 2019 須磨離宮公園、そして姫路の医王寺へ
 午前中は雨が降らないことを確認して須磨離宮公園に出かけてみた。噴水が勢いよく水しぶきをあげる中央広場は、バラの開花がまだまだという感じで、藤棚に少しばかり紫と白の藤の花が開花し始めているのを眺めて、本日、唯一の見どころとなっているボタン園へと歩く。すでに台湾か中国の人と思われる複数の男女がカメラ撮影をしており、絵手紙にボタンの花を大きく描いて持参した絵の具で彩色をしているご婦人を二人も見かける。ここでは昨年にほとんどのボタンンの花を撮影記録していて、今年も同じような花が同じ場所に咲いているという感じで、積極的に撮影しようという気にならないが、背景をうまく選べば記録してもいいかなという花がいくつかはある。といって撮り始めるとあれもこれもと結構な数を記録している。
DSC03505.JPGDSC03504.JPGDSC03503.JPG190429明石潟.JPG190429明石潟0.JPG
DSC03519.JPG
190429RomanGold.JPG
ピンクの花には明石潟という名札が立っていて、いかにもこのあたりに咲いているのがふさわしいように思わせる。なかには珍しい斑入りの花もあって妻が教えてくれる。
DSC03520.JPG
ボタンばかりかと思えば池がある場所には白花を交えたシランがいい感じで咲いていたり、
DSC03514.JPG
この離宮公園で発見されたという突然変異の桜:須磨浦普賢象というユニークな桜が咲いていたりするので、いずれも撮影記録をとっておく。
DSC03517.JPGDSC03518.JPG
白花がまじる部分もあるが、説明板によれば咲き初めには黄緑色だそうで、以降白からピンクへと変化していくものと思える。
DSC03515.JPG
バラの花の鑑賞には5月に入ってまた来ようと帰る途上、モッコウバラに似た花や、中国原産種だというコウシンバラ:R. chinensisなど少ないながらも開花し始めたバラの花がいくつか見られる。
190429RbanksiaeLutescens.jpg
190429Rchinensis.jpg
黄色いバラは R. foetida ‘Persiana’ でペルシャン・イエロー、薄い杏色からオレンジへと変化するバラはモダンローズだとある。
DSC03527.JPG190429ModernRose.jpg
電車利用での離宮公園詣でから帰宅する頃には雨がいつ降り始めてもおかしくない天候となっていて、昼食後は車で姫路の医王寺へと出かけて再びボタンの鑑賞タイム。
190429医王寺.jpg
珍しい品種は島根県の大根島から入ってくるという話は昨年の訪問時に住職が詳しく説明してくれたのだが、本日案内してくれたおばちゃんからも「大根島から移入したアメリカの品種」だという説明を受けたりする。この医王寺のボタンは最盛期を過ぎた品種が多く、チューリップと同じように茎ごと切り落とされた大輪の花々があちこちに散見される。ここは離宮公園のような地植えではなく、すべてが鉢植えで、室内を含めてほとんどが背景に人工物が入ってしまうが、そういうことを気にするのはやめてきれいだと思える花々を次々と撮影記録させてもらう。
DSC03531.JPGDSC03534.JPGDSC03538.JPGDSC03539.JPGDSC03543.JPGDSC03540.JPGDSC03541.JPG
寺院を出たところにも鉢植えボタンがずらりと並んでいて、撮影し始めるとついつい背景に人工物がないようなサングルを探してしまう。下からのアングルだとだいじょうぶかというと電線が入ったりして、撮りたい方向が限られてしまう。
DSC03549.JPGDSC03550.JPGDSC03551.JPGDSC03552.JPGDSC03554.JPG
やがて雨が降り始め、昨年に観察できたサトキマダラヒカゲの姿を見ることはなく、環境的にはツマキチョウが飛び交ってもよさそうだなと感じつつ退散。
posted by クジャクチョウ at 23:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: