2019年04月30日

舞子海上プロムナード

自然観察ノートの番外編として、兵庫県立舞子公園の舞子海上プロムナードを歩いてきたので記録しておく。出発時に家を出るのが遅くなって山陽電車の特急1本をやり過ごしたあと、近くにあるツツジの道を散策し、最新型の須磨行き普通電車を見送ってから
vs190430-001.BMP
次の特急で舞子公園まで行く。舞子海上プロムナードというのは明石大橋の下に設けられた海上約47m、全長約317mの回遊式遊歩道のことで、この全ルートを散策できるサービスでは陸側から水平距離で約150mまで進むことができる。
DSC03563.JPGvs190430-002.BMP
DSC03559.JPG
途中、眼下に海面をのぞくことができるガラス張りのコーナーがあり、中央部に設けられた丸木橋か強化ガラス上を渡ることになる。眼下に海面がみえるガラスの上は、強化ガラスだとわかっていてもいい気分はしなく、丸木橋は幅が広いけれども上部明石大橋を走り抜ける自動車の振動で常時揺れている。
DSC03560.JPG
回遊式遊歩道は途中のどこからも周りの景色を眺めることができ、見降ろした「移情閣(孫文記念館)」を撮影記録してみると、さすがに47mの高さだと芝生の上にいる人たちが実に小さく見えてしまう。
DSC03561.JPG
この明石大橋ではさらにレベルの高いブリッジワールドという、つり橋を支える主塔の高さ約300mとなる先端部まで登ることができる参加料3000円のサービスもある。一度に48名までで専用のブリッジウエアと青ヘルメットの装着を義務付けられ、参加条件には中学生以上、高所恐怖症または閉所恐怖症ではないこととの記載がある。本日は、その48名がちょうどツアーを終えて戻ってくる場面に出くわし、案内のおじさんは参加申し込み用紙を手渡してくれ、参加した女性に声をかけて「なかなか良かったですよ」との感想を聞くこともできた。中には外国人もいて満足げな笑顔を見せていたが、いただいた参加申し込み用紙を使うことは多分ない。
posted by クジャクチョウ at 18:44| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: