2019年06月11日

イシガケチョウの幼虫と卵を回収

本日のCyclingは加古川河川敷経由ではなく平荘湖を経由するルートに変更し、帰路、イヌビワでイシガケチョウがやってきた痕跡を調べることを目的としている。6月6日に見たイシガケチョウは目の前で産卵してくれなかったが、あの場所なら産む可能性があると推定したイヌビワの自生地へと向かう。最近、長い坂道は無理をしないで自転車を押して歩くことにしているのだが、ギアチェンジを活用してイヌビワのあるポイントまで一気に登り切る。ウラギンシジミのメスがフジへの産卵目的で飛来しているが、やがて姿が消える。イヌビワはすべてといってもいいほどに新芽部分に蛾の幼虫が糸を張って占有しており、これではここでもイシガケチョウの産卵は期待薄だとテンションが下がってしまう。それでもめげずにチェックしていくと糞塔を形成した部分にとどまるイシガケチョウの幼虫がみつかる。
190611-イシガケ1316.bmp
その周辺に新たな糞塔が複数あってそこにも幼虫が確認できる。
190611-イシガケ1318.bmp
190611-イシガケ1329.bmp
果たして種名がわからない蛾の幼虫と共存できるのかどうか、また、以前に同じように初令幼虫や中令幼虫を観察できたのに、最終的にはクモやハチなどの天敵に攻撃されてしまったことも考え、本日観察できた幼虫はすべて持ち帰って飼育をすることにする。このあと、この道沿いに自生するイヌビワを丁寧に見ていくと、葉っぱの表に鎮座する中令幼虫がいて、その葉裏にはさらに上の令数となる幼虫もみつかる。
190611-イシガケ1324.bmp190611-イシガケ1325.bmp
新芽や新葉がきれいなイヌビワでは複数の黄色い卵もみられ、
190611-イシガケ1332.bmp190611-イシガケ1334.bmp190611-イシガケ1336.bmp
いい加減な飼育ではすまされないことを覚悟する。
posted by クジャクチョウ at 21:15| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: