2019年07月16日

ジャコウアゲハの故郷へ

 生息地から回収していた卵がほとんど孵化したため、現地へと戻しに行く。チガヤなどを片っ端から根こそぎ引き抜いて目立つようになった土手下平坦部のウマノスズクサへと大半をもどし、残りは土手上の県道沿い1m幅の領域に生えるウマノスズクサまわりに戻す。
 ついでに土手斜面に幼虫と蛹の見落とし分を探すと、終令幼虫と蛹化して間もない個体も含めて蛹が複数みつかる。
190716-pupa1023.bmp190716-larva1025.bmp190716-pupa1026.bmp
越冬時に蛹が多くみられるアキニレまわりを調べると、ここでも蛹や前蛹が次々とみつかる。樹高2mほどの位置に蛹化した個体もいて、ここは越冬時だけの利用ではないことがわかる。
190716-pupa1036.bmp
190716-pupa1036a.bmp190716-pupa1043.bmp
今年の調査で分かったことは、終令幼虫は蛹化に際して、薄暗い環境を求めて移動する習性があるということ。緑濃い葉っぱが多いアキニレは最も好ましく、次いで茎の太いヨモギが群生しているところ。というわけで、今回回収できた前蛹と蛹はすべてアキニレの根元の影が多い部分に、羽化時の空間がとれるように静置した。なお、このアキニレのすぐそばの県道沿いに、とても目立つ形で前蛹化した個体もいて、
190716-prepupa1041.bmp
尾端の固定糸が外れて車が通るたびに風圧を受けて揺れているが、そのままにしておく。筆者がこの土手周りで調査をしている際、成虫がいる時期であれば必ずどこからかジャコウアゲハがやってくるのだが、今日も後翅が相当に傷んだメスが産卵場所を探しながら近づいてくる。
190716-ジャコウ1047.bmp
その習性として、目立ちにくい隠れた場所にあるウマノスズクサへの産卵にこだわっているようで、わざわざ草陰の中へと潜り込んでいく。8月上旬の国土交通省の除草作業で犠牲になるような場所を今一度再調査する必要があるな、と産卵行動をみやりながら撤収。
posted by クジャクチョウ at 23:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: