2019年08月22日

高砂市のありがたい対応

ジャコウアゲハの生息地でウマノスズクサがすっかり刈り取られたのは8月5日。その9日後に訪れた現地では他の雑草よりもいち早くウマノスズクサの新しい葉っぱが逞しく生育しているのを観察できたが、
190814_0.jpg
幼虫の姿も産卵も認められなかった。
 そんな状況下、8月21日に高砂市上下水道部浄水課の河合さんから、2日後から浄水課担当箇所の除草をはじめるので現地を視察したいとの電話が入る。連絡の不徹底でウマノスズクサを刈り取ってしまったことを悔いておられ、筆者の立ち合いで確認をしたいとのありがたい申し出で、16時に落ち合う。ウマノスズクサはいくらかまだ目立つものの、周りにはすでに雑草が生育して緑が濃くなっている。河合さんからは年3回となる除草作業について、ジャコウアゲハの発生に影響が出ないようなタイミングでの実施が可能かどうか、できる限り対応したいといって下さる。さらには今回の遅れた除草作業でも、ウマノスズクサの周りに目印をして、刈り取らずに残す手立てを考えてくださるとも。河合さんと別れた後、土手上のウマノスズクサを見て回ったが、風で揺れ動く食草に幼虫が1頭みられただけで、
190821larva.jpg
この夏後半からのジャコウアゲハの発生がどうなるのか予測できない。
 本日、雑草も茂ってきた状況の写真記録をとっておこうと現地を訪れると、
190822-1.jpg190822-0.jpg
上下水道部の車がとまっており、さっそく約束通りの作業を進めてくれている。
190822-00.jpg
posted by クジャクチョウ at 12:30| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: